hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

梅の実

雨から真夏日へと転じた都心での三日間、沢山の方々と凝縮した時を過ごして、bird sanctuary に戻ると、自然からの贈りものが待っていました。


umenomi


今年は豊作らしく、雀たちの隠れ家、遊び場となっている梅の木は沢山の実をつけてくれていました。sanctuary の空間の静寂のなか、‘カサッ’‘ポトリ’ … 重く熟した小さな実たちは、梅雨時のこれまた思い空気の中を落ちていきます。重い空気を突っ切るその音が絶え間なく聴こえてきます。

ここと、都心との小間切れの往復生活では、せっかく縁側があっても、黴させることなくゆっくり梅を干すことが出来そうにありません。それでも大きめの笊に6~7杯、豊かな恵みを与えてくれた樹に感謝して、せっかくの恵みを生かせるよう、シロップ、梅酒、梅酵素、ジャム … 突然忙しくなりました。

このところ、人類の未来に向けて、希望を探して思索の旅に出て、「自然」と「心」と「共同体」という次元から叡智あふれる変容を促す Satish Kumar 師の著書を再読していました。そうしながら、都心の喧騒や雑踏の人々、その集合意識のありようやこのまま社会が向かうところを考えて、ちょっと疲れていたかもしれません。いえ、往復生活をこなすだけで精一杯で、社会に巻き込まれ、今日一日の疲れを低次元で宥めるにとどまり、あるべき一歩を踏み出す力を十分集められないでいる自分への疲れだったかもしれません。

どこかで、sanctuary に戻ることすら(深夜運転片道2時間半)、ちょっと負担かしらと感じそうになっていました。

いつも、必ず、そんな時です … 惜しみない、寛大なプレゼントが待っていてくれるのは! 

ぐったりして、弱気になって、続くかしらと迷いながらの到着で出迎えてくれたのは、この沢山の梅の実!! そして、カワラナデシコ、各種のアジサイ、白百合、バーべナの花々でした。苗木たちも、野菜たちも、大きく成長していました。

そして、ここでは、都心では一度も実現したことがないほど、よく眠れます。(結構、外の国道の自動車・ダンプカーの音がうるさいのですが。)



一歩の、真っ直ぐで、か細い透明なベクトルが生まれるのを待ちましょう。





このページのトップへ

the summer solstice

明日は夏至 -- いよいよ季節の転換点です。

今年は春先から夏日が続いて、気象異常を心配していましたが、今日は梅雨らしい雨降りでした。
色の彩が美しいヤマアジサイの花に続いて、紫陽花たちも花開き始めてくれています。

雨の日だからこそ、夕刻遅くまで太陽がとても身近に居てくれるのがよく感じられました。


kamakiri
 (カマキリの子ども。 Yarrow の葉っぱを
 自分の居場所と決めたようです。)


shirayuri
 (草ぼうぼうとなりましたが、今年は
 近隣の土地と隣接していない場所は
 虫たちが成虫となるまでなるべくそのままに
 しておく計画です。そんな草の中から思いきり
 背伸びをして、白百合の蕾が膨らんでいます。)


この夏至には、沢山のことが解放されそうです。

そして、新しいことが沢山誕生しそうです。

この週末にかけて、素敵な方々とご一緒に修練をする機会が続きますが、どこからやってきたのか -- 何かが始まる前の予感というか、良い緊張感を感じます。土曜日のテーマは、例年の如く「蓮の生命」ですが、泥が深かったせいか(?!)そこから出でて開く花の彩が別次元の虹を運んでいそうです。

この夏至、皆様も何か感じられているでしょうか。


天候の変化が激しい折、どうぞご自愛になって下さい。






このページのトップへ

小鳥の森増勢 project 5

先月で今期の孟宗竹片づけは、今シーズン終了となりました。陽当たりをもらえなかったイヌシデの大樹を中心に、最も密集していた部分、そして竹も樹も南へ南へと倒れ掛からんばかりに傾いていた部分は、すっかり綺麗になりました。光の入る空間のなか、助け手の天の使いの方々は、先生の一本締めで見事な仕事を締めくくってくださいました。


bassai1

bassai2


明るい昼間も、孟宗竹だけが密生した薄暗い空間だったのです。

今は、写真にとると、不思議ときれいな光が映り込みます。


naegi1


野鳥をはじめとする沢山の生きものたちが頼りにする、多様な苗木を追加注文しました。木の実、隠れ家、水・土の浄化、棲み処の提供 -- 大切に育てて、大きくしていきます。これまで育ててきて、大きくなり、根のしっかりした木から、植樹できますように。今、この地から、自然と命を再生していきます。


生きとし生けるものが、幸せでありますように。








このページのトップへ

小鳥の森増勢 project 4

先月も、竹の片づけに馳せ参じてくださった皆様、誠にありがとうございました!
お陰様で、随分と明るい森となりました。そして、元からあった、陽当たりがないままにひょろひょろと上にだけ伸びていたイヌシデの大樹が4本、救出されました。

先月末から急に夏日が訪れるようになり、GWはとても暖か -- 日差しがさんさんと降りてきて、bird sanctuary の命の勢いは一気にアフレデル緑の泉のようです。GWに泊りがけでいらしてくださった素敵な修練のお仲間が、植物のスケッチや風景の写真で見事に美しく捉えてくださっていました。(作業をする側としては、管理に追われる日々ですが ・・・ 溜息)。

竹の片付いた跡地に、陽光を待っていたかのように、美しい野草が一気に花開きました。


kinran
 (小さな明るい太陽のような、キンラン。
 この土地と縁があってすぐの二年ほど、
 奥の竹林の陽当たりのある場所に、
 ギンランが芽生えていました。そこは、筍採りの
 方々が行き来する場所で、なすすべもなく、
 ギンランは姿を消してしまいました。が、昨年からの
 天使たちの仕事のお陰で、人の行き来のない場所が
 明るくなったため、代わりにこのキンランが芽生えてくれました。
 この土地に古くから生息してきた植物たちは、土の中に
 種や根を宿したまま、長いこと、いつか日当たりを得て再び
 生き続けるまで、待っていたと推測されます。)
 

futarishizuka

 (同じく、フタリシズカ。この場所で初めて、花を
 つけてくれました。通常は花穂が二本あるため、
 ‘二人'静かなのですが、このお花は一本しか、
 穂をつけておりません。フタリシズカには、こういうことは
 よくあると、森づくりの天のお使いのお一人が教えてください
 ました。)


inushide
 (ひょろひょろと、太陽を求めて、樹冠にしか
 葉っぱをつけることのできなかったイヌシデの大樹。
 初めて幹の四方から陽光を浴びて、幹の周辺に
 小さな枝を伸ばし始めました。)


夜になると時折、フクロウの鳴き声が聴こえます。
この土地から少しのところに、「フクロウの里」と呼ばれている町があります。
昔は、沢山のフクロウが生息していたと聞きました。

理想的な森ではないですが、シデの大きな木と、少し開けた場所は、フクロウにとって今一息つける場所かもしれません。これから何年かかけて、多様な広葉樹を植樹したとき、フクロウにとって棲みやすい場所となっていることを祈っています。かつてここに生息していたという、ムササビも戻ってきてくれるでしょうか。

生きている、残りの時間に、彼らが少しでも世界に存続しやすくなるよう、世界が少しでも草木の緑、水の青、土の暖かい茶色や黒、命のきれいなエネルギーで覆われていくよう、手探りで歩き続けます。

助けてくださっている方々、響き合ってくださっている方々、心からの感謝をささげます。



このページのトップへ

小鳥にも人にも優しい yoga :もちろん地球・自然・命にも

卯月、新学期となりました。
皆様お元気でお過ごしでしょうか。

大学のyogaの授業が再び始まり、わたしはドキドキしています。良い意味で気の引き締まることですが、正直かなり覚悟のいることでもあります。春陽を浴びている bird sanctuary を後にし、あのぎゅうぎゅう詰めの満員電車に無事を祈りながら何とか入れてもらい、書類やPCの作業をサクサクやって、沢山の元気いっぱいの顔やからだたち、そうでない顔やからだたちと、yogaの神様が少しでも微笑んで下さるような時空間を創っていけるだろうか。そうできるように、スケジュールが分刻み、寸刻みになる中、毎週体調維持できるだろうか。 -- う~ん、圧倒されます。

いつも学期前はそんな気分です(笑)。

そしてそんなとき、支度しながらウットリと癒されているのが、planedo様のオーガニックコットンのyogaウェアです。一番助けてくれる魔法と言っていいかもしれません(笑)。yogaをしていると感覚も感性も開いていくので、からだに纏うものにも普段以上に敏感になります。yogaでは「執着をなくす」「足るを知る」は大切なことなので、着るものなんか拘らない、という考え方もあると想います。一方で、自分が本当に心地よい状態になっていくために何が大切かを知り、こころを尽くして整えていきたいとも想います。元々わたしは過敏と言っていいほどなのですが、特に、身心を開いた時に、大きく豊かに動いた時に、汗をかいた時に、真にからだに優しく、心地よいエネルギーを感じられるように、身心と共に、身につけるもの、まとうもの、周囲の空間を大切にしたいと感じています。

オーガニックコットン -- 一般にコットン(綿)はナチュラルなイメージがありますが、綿花栽培は、(資料によって様々ですが)農地面積の割合から言って非常に多くの農薬を使用します。(地球全土の農地のわずか1~2%が綿花栽培に当ていられているそうですが、農薬使用量は*10~25%と指摘されています。 *資料による違い) そして、農薬使用によってミツバチの数が世界規模で減少していることが言われて久しいですが、英国の『Nature』誌によると、ミツバチだけでなく、鳥の数も減少しています。(農薬会社の反論もあるそうですが …) (簡単な日本語記事はコチラ) これはもう、わたしが世界一尊敬する、野鳥たちと友達であった英国の Len Howard さんが1950年代から嘆いていらしたことですが、やっと科学記事になって、それでもまだ、規制にこぎつくのは難しい世界的な大問題です。ミツバチ、鳥たち、が被害を受けているという指摘があるといるだけでなく、勿論、深刻な健康被害も指摘されています(これも、完全に認められ、受け入れられるのは難しいようですが)。

ついでですが、日本の農薬使用量は世界第三位で、世界的にトップクラスです。赤とんぼを守ろう、ホタルを蘇らそう、等々、沢山の方たちがシンボルとなる生きものを守る形で奮闘されていらっしゃいますね。わたしたちも、環境・自然・命を大切にする活動を支える他、買い物を通して、生きとし生けるものを大切にする方のベクトルに、一票(環境・自然・命を大切にしている製品を買う)を投じることができます。安全なお野菜や穀物に目を向けていらっしゃる方は多く見かけますが、着るもの・纏うものに目を向けていらっしゃる方は日本ではまだ少ないかな、と想います。それでも、ベビー用品にオーガニックコットン製のものが多いのは、本当はわたしたちも(特にお母さんとなられる方は)、オーガニックコットンでありたいという感覚を深いところでもっているのでしょう。

でも、問題を抜きにしても、オーガニックコットンはホント、肌・からだに心地よい、気持ち良いですよ! 着てみないと分からないのですが、まずはタオルででも試してみてください! 頬ずりしてみてください。

からだにもこころにも心地よいyogaウェアは、風が吹き抜け、光が染みて、エネルギーが湧き出てきます。わたしが、大地にも、緑にも、水にも、喜びながら親和していくのを助けてくれます。


yoga pose 2

yoga pose 3

yoga pose 4


yoga pose 7

 (自分を極力出さずに?大好きなyogaウェアをカッコよく
 撮るのに、死ぬほど奮闘しました 笑)


planedo1
 (planedo様の<yogawear+>シリーズは
 可愛い kotori のマーク入り)









このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2018年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links