hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

空の豆

春先に水戸のA様の弟さまより空豆の苗を7本も頂きました。

スナップエンドウは育てた経験がありますが、「え~ あんな大きなお豆が、この痩せ地で(わたしの世話のしかたで)育つの?」と不安でした。可愛い苗たちをグリーンカーテンの緑を育てる場所や、大きく育った栴檀の木の下など、あちこちに分散して気を付けて様子を見ることにしました。

思ったよりも成長はしなかったけれど、可愛い薄い青紫のお花をつけてくれてそれからしばらく ―― 普通にあの空豆の鞘ができて、大方は虫さんたちに齧られてしまったけれど、今朝これだけの収穫ができました。


soramame


量から言ったら野菜作りのうまい方には笑われてしまいそうですが、鞘の中にはとても立派な綺麗な緑色の豆が育っていて、奇跡の宝石のようです。(写真にはスナップエンドウも二鞘、入っています。)何という恵み!

お豆としては、大きいので育てるのは難しいと思っていましたが、空豆(マメ科ソラマメ属)は、先史時代から栽培され、エジプトの墓の中でも発見されており、スイスでは青銅器時代の遺跡と一緒に見つかっているそうです。歴史がとても古く、世界のあちらこちらに多様性が見られ、サハラ砂漠南東部では、やせた農地で原始的な在来種が育てられているそうです。また、無肥料でも育ち、自家受粉してくれる、つくりやすい作物だとのことです。

それなら!! ここから自家採取して子孫を繋ぎ、少しずつ上手に育てられれば嬉しいな。
マメ科の植物は土を豊かにしてくれると言います。ソラマメは、自然食品店で見かけると、そこそこお値段が張るので頻繁には頂けませんが、からだにとても良いので、毎年この時期、是非いただきたいですね。

今宵は、春キャベツと一緒にお塩とオリーブオイルを振りかけてシンプルに蒸して、独特の甘いお豆の味をゆっくりいただきました。ありがとう -- 最高のお味です。



緑のものは、血をきれいにし、からだもこころもすっきり清く流れるようになれる気がします。
ぜひ召し上がってくださいね。





スポンサーサイト
このページのトップへ

光の花

mullein


とても長い間、念願だったマレイン(ビロウドモウズイカ)の花が咲いてくれました。

マレインは背丈1.5m以上となる二年草で(ゴマノハグサ科)、とても大きな、柔らかくてふかふかの葉っぱを持つ薬草です。古来、呼吸器系、熱さまし、利尿剤、関節炎、耳の不調、神経系など、多くの症状に用いられてきました。特に、精神的な原因による不調には有効でした。茎の中には白い髄があって葉も茎も燃えやすいので、オイルに浸して蝋燭としても用いられてきました。

更には、古代から、災厄や病気から身を守ってくれる、暗黒の力から身を守ってくれると信じられていたようです。また、魔女が儀式のときにマレインを使うと言われたことから、「魔女の蝋燭」と呼ばれていたという説もあります(アン・マッキンタイア『花のもつ癒しの魅力』産調出版 1977)。

マレインは、その凛と伸びる姿勢からも、薄い金色の花弁からも、内にある強い光を留めて芯から発する花であり、まるで進んでいく道を照らし示してくれているようです。

長年この花に憧れて、sanctuary の荒れ地のあちこちに、いろんな方法で植え育ててみましたが、二年目に光の花をつけてくれたのは、今年が初めてです。しかもこれだけ大きく、悠然と、光を発しながらこの地を守護してくれています。




このページのトップへ

皐月 calender -3-

sendan

センダンの樹の花が咲いて、

suikazura

ベランダのスイカズラが甘い香りを放っています。



暑い日が続きましたが、明日は雨のようです。

緑を眺めながら、一呼吸する今この時を大切にしましょう。




このページのトップへ

皐月 calender -2-

ようやく空いた二日間、草木が生い茂ってジャングルのようになった sanctuary の手入れをしています。

夏日のような日々、まずは植えたばかりの草木や出番を待っている沢山の鉢植えたちにお水を上げて、水切れを起こさないように手配しました。次に、先週末に水戸の A さまよりいただいた数々の野菜苗(レタス二種、トマト二種、ルッコラ、紐唐辛子、等)をプランターに移し替え、草の生い茂っている野菜コーナーを少しすっきりさせました。続いて、門やアプローチあたりを中心に、生い茂っている草木を少し整理して(訪れて下さる車が通れないほどとなっていました)、最後に敷地内の草刈りです -- 敷地内に関して言えば、 どの草木も愛おしく、命はそのままにしたいのですが、人の通り路と、苗木に日当たり・風通しを作り、弱い植物たちは保護します。


egonoki2017


今年はエゴノキが、白い可愛いお花を無数につけてくれました。

土の条件が悪いのが気がかりですが、小鳥との対話コーナーの中心となる場所に、このエゴノキは堂々と成長してくれています。エゴの実は、山雀の大好物と言います。この秋冬は、あの可愛い小鳥たちが実を食べに来てくれるでしょうか。





このページのトップへ

皐月calender -1-

緑が眩しい毎日です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年度に入ってから、鳥たちはじめ自然の命との対話、sanctuary や修練や大学でのお仕事に加え、yoga 療法や体育実技指導の勉強に学会のお仕事とフルに充実した毎日になっています。そんな流れで GW もあっと言う間でした。

それでも、皐月のはじめ、yoga を共に続けてくださっている素敵な方々が来訪してくださいました。

昭和の田舎の不自由なおうちに泊りがけ … 

要領が悪くスローなわたしは十分におもてなしもできず、それでも大人な二人は、その瞬間ごとの状況をゆったりと愉しまれ、わたしの手の空かない時は、sanctuary のその時その場のありようを自立してゆったりと過ごして下さいました。そのお二人のゆったりとしたありように、わたしもとても居心地がよかったのです。多くのことを教わりました。


yukizasa
 (ユキザサの開花 -- 背景は、真っ青な
 ロベリアに金魚草です。)


その瞬間をゆったりまるごと受けとめること。その瞬間のありように柔軟に身を委ねること。

そこから喜びや温かさを汲み上げること。


しなやかで芯がないとできないかもしれませんが、そういうあり方で、季節の変化やここの生きものたちの移り変わりを受けとめていけたらなと想います。

天候が不安定ですが、工夫して心地よく過ごしてゆきましょう。





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。