hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

the summer solstice

明日は夏至 -- いよいよ季節の転換点です。

今年は春先から夏日が続いて、気象異常を心配していましたが、今日は梅雨らしい雨降りでした。
色の彩が美しいヤマアジサイの花に続いて、紫陽花たちも花開き始めてくれています。

雨の日だからこそ、夕刻遅くまで太陽がとても身近に居てくれるのがよく感じられました。


kamakiri
 (カマキリの子ども。 Yarrow の葉っぱを
 自分の居場所と決めたようです。)


shirayuri
 (草ぼうぼうとなりましたが、今年は
 近隣の土地と隣接していない場所は
 虫たちが成虫となるまでなるべくそのままに
 しておく計画です。そんな草の中から思いきり
 背伸びをして、白百合の蕾が膨らんでいます。)


この夏至には、沢山のことが解放されそうです。

そして、新しいことが沢山誕生しそうです。

この週末にかけて、素敵な方々とご一緒に修練をする機会が続きますが、どこからやってきたのか -- 何かが始まる前の予感というか、良い緊張感を感じます。土曜日のテーマは、例年の如く「蓮の生命」ですが、泥が深かったせいか(?!)そこから出でて開く花の彩が別次元の虹を運んでいそうです。

この夏至、皆様も何か感じられているでしょうか。


天候の変化が激しい折、どうぞご自愛になって下さい。






このページのトップへ

微笑み

オオイヌフグリ

オオイヌフグリの花(オオバコ科クワガタソウ属)が咲きました。

毎冬、越冬している花蜂や花アブのために(なるべく農薬を浴びていない)菫やヴィオラ、プリムラ、ストックのお花を植えています。新鮮なその香りをヒトも楽しめていたのですが、この冬は"子どもギャング"のようなヒヨドリ数羽のグループに、全てのお花を食べられてしまいました。まず、ブロッコリーの葉っぱを食べ尽し、次いでカリフラワーや芽キャベツの葉、青梗菜の葉、そして急遽買ってきた葉ボタンの葉も … それでも、よっぽど食べ物がないのか、お花が狙われました。朝になると玄関先に、このグループが現れています。どうも、常駐しているヒヨドリさんたちではなく、どこからか渡ってきた、めっぽうお腹をすかせた鳥たちです。bird sanctuary なので、まあ良しとして、それでも咲き始めたスノードロップや、球根から育てたヒヤシンスの新芽も狙われているのは、ちょっと困っています。それだけ、今年の冬の寒さは厳しいようです。

… が、野のお花オオイヌフグリが咲いてくれて、何だかほっとしました。

オオイヌフグリは、ちょっと可哀想な日本名をもらってはいますが、花言葉は「信頼」「神聖」「清らか」「忠実」。ヨーロッパが原産で、「星の瞳」「 瑠璃唐草」「天人唐草」という別名を持っています。

ありきたりの表現ですが、わたしは、この小さなお花が明るい青い空を映し出して微笑んでいるように感じます。

まだ霜の降りる寒さの中、野の花の健気さを一等愛しく感じる出逢いです。







このページのトップへ

十三夜月

昨夜の十三夜月は、息をのむほど神秘的で深い何かを湛えていました。
この世の美しさとは異なる、別次元のうつくしさなのかもしれないと感じました。

東京在住の、とても素敵な方からたまたま届いたメールにも「今日は月が綺麗でした」とあったので、都会の皆さまもご覧になっているかしら、と想っていました。ですが、深夜に都心へと移動して、sanctuary を出たときに広がっていた世界が、到着して見上げた空にはありませんでした。なので、写真ではお伝えしきれませんが、UPしてみます。


十三夜1

日が傾いてからすぐ、差してきた月の光 -- これは6時少しすぎの空です。夕暮れに山仕事用の物置小屋を片付けて(昨日は青梗菜・レタスの苗を植えて、霜にやられ始めた大文字草やランタナの花鉢等を植え替えてベランダ・玄関にいれ、メダカたちの世話をして、竹を2本片付けました)、タヌキたちにおやつをあげて、見上げた空です。はっと息をのみました。夕闇が降りても、辺りは明るいのですが、その明るさは冷たく白く、見慣れた景色がこの世のものではない発光体となっているようでした。


十三夜2

sanctuary を出発する、深夜23時すぎの月です。広い夜空一面に、無数の細かい雲がびっしりと広がっています。気温は2℃でした。月には光の輪が滲み、不思議な蒼い光や鞘えんどう色の光が時折浮いていました。空を「宇宙の海」と想いました。わたしたちは宇宙に浮かぶ船のように、この星に乗船しています。今、ここのこの場所も、間違いなく、宇宙です。


みな、ここから来て、ここへ戻ってゆく。





このページのトップへ

神無月

十六夜

今宵の十六夜は、大変に月の力が強いようです。

月のエネルギーに世界が充たされる、というより、このお月様によって上へ上へと引っ張られていくようです。
足で床を掴んでいないと駄目な感じですが、天界に登っていけないのが哀しいです。

もしかすると人はこんな気持ちになって、輝夜姫の物語を編んだのでしょうか。

チューベローズ

この春に球根から育ってくれた南国のチューベローズが花開きました。
宵に香る美しいお花です。
芳しい香が、夜闇を得も言われぬほど甘く包んでいます。








このページのトップへ

自然との対話 2017 (1)

この夏も、菅平高原に夏合宿に行って参りました。

合宿担当の(下っ端)理事として、昨年から合宿スタッフなのですが、≪頭のいい and 体育会系≫の先生方の組織なので、わたしにはハードでオーバーワーク過ぎるお仕事です。本年度は3役こなす必要があって、本番では半分寝込みそうになりながらヘタって帰ってきました。

それでも!!
今年もまた、二日目の早朝、『自然との対話』の時間を担わせていただけました。
二年目となり、担当時間も少しだけ増えて、<stage2>と名打って、今回は「対話した相手の声を聴く」に焦点を当てました。お一人お一人が、どのような自然や生きもの、生命、生態系を相手に、どのような声を聴き取ってくださるか -- 身体技法や座禅の達人や専門家の先生方もいらっしゃり、繊細で敏感な方、柔らかく優しい対し方をされる方も多いので、楽しみであり、緊張もするステージです。

スタッフのお仕事や前日のとても大切なインタビューのお仕事で、実はからだはヘロヘロ、意識は朦朧状態です。心は投げやりではありませんが、心身の準備段階としてはやけくそ?にならざるを得ません。ちゃんと、皆様にもっとも相応しい感覚で、菅平の自然の何か、草木や花や昆虫たちと出逢っていただけるのか --。皆様も、そしてそれ以上に自然や生きものたちも、きっと待ち望んでいるに違いない響き合いが生まれるのか --。

スタンバイの状態で、前日の言葉の仕事のインタビューで、感知できないもの、言葉にならないものを模索しすぎていて、ナビゲーションがうまくいきそうもありません。せっかくの日の出を待ちながらの気功も、練習で出遅れて -- 大変申し訳なかったのですが -- ここで、天から助けがやってきました。

sugadaira-sun

わたし以外、ロッジの修行僧のような支配人S様と、他お一方しか見られなかった、ラウンジからの朝陽の出です。山の峰からではなくそこに被った雲から太陽が現れたので、ゆっくりと雄大に朝の陽が空に広がる時間を感じることができました。陽の触手が薄暗いラウンジに伸びるに従い、肌に暖かな、明るい何かが染み込んできます。

光で、洗われる。

光で、温まる。

光が、からだの中に息づく。

そんな体験でした。


さあ、また一歩進むしかありません。

hotarubukuro2017

五感で感ずる。

からだで触れ合う。

ヒトとのお喋り、ヒトへの気遣いは一端置いて、ひたすら自然と対峙する。
図鑑の知識や、観念、思い込み、思い入れは一端置いて、ありのままの姿にふれる。
からだを澄ませて、静かな集中をして、相手の声を聴く。

色々大変なことや反省点もありましたが、感動する出逢いをして下さった方、素晴らしい感覚で捉えてくださった方、優しいものや豊かなこと、精妙なエネルギーを響かせて下さった方、美しい聴き手の方々が登場しました。

ちょっと大変だったので、大切な方々のためにと想わないと続かなかったのですが、何よりわたしが‘自然と対話する’ための沢山の気付きや叡智を与えていただきました。

そして、菅平という場所を越えて、地球上の自然や命の根源にある、祈りを捧げたいその存在のために、ほんの少しでもできることがあるのなら -- その何かのヒントやインスピレーションを溢れるように頂いているに違いありません。





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2018年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links