FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

蓮の生命: 成長

14-aug1.gif


透ける緑の蕾に、ほんのりと薄紅の色味がさして、


15-aug1.gif


凛とした姿

16-aug1.gif


ああ、夢をみている




このページのトップへ

蓮の生命: 誕生

crystal-beauty 10 aug 2019


蕾の白い炎が灯って、


13-aug1.gif


その翌日から少しずつ膨らんでゆき、


13-aug2.gif


何と続くもう一つの小さな蕾が立ち登ってきた。


13-aug3.gif





このページのトップへ

蓮花: 今朝開きました。

25年ほど、蓮をテーマにyogaを修練し、2015年には大切な方々と『Blooming a Lotus Flower:蓮の生命のyoga』というワークショップを開かせていただきました。「bird sanctuary でも蓮を育ててみようかしら?」という思い付きに、その大切な方々のお一人が「ぜひ! 先生の所で蓮が花開くなんて素敵」と背中を押して下さり、皆様が賛同してくださって、もう何年になるでしょうか。

蓮に関わる資料は色々と取り寄せて。

「唐招提寺の白蓮」だの「大賀蓮」だの、夢の様な蓮物語に惹かれて根を取り寄せて。

手持ちの甕や火鉢以外にも、親切な方の手助けまで借りてお小遣いの許す範囲で良さそうな水鉢を手に入れて。

蓮は‘肥料食い’と知って、なるべく自然な、有機の範囲で栄養分を工夫して。


… 何年も、失敗だったのです。

水生植物に関する園芸知識も工夫も足りないことを自覚するわたし。
それ以上に、蓮の修行の足りなさを痛感するわたし。

泥の中より出でて清浄なるあの花を咲かせる、蓮は … 開かないのか。

諦めるのも自信欠如の引き金になりそうです。が、蓮を育てるということは、「水替え」「肥料」などの膨大な世話と心配り、そして≪水の中にボーフラが湧く ⇔ 食べてくれるメダカ飼育 ⇔ メダカを食べにくるヘビをどうするか≫など矛盾を抱え込むこと、するべきことの労力の足りなさ過ぎる sanctuary 維持にとって、大変なことはやっぱり大変なので、既に今年は、諦めるつもりでいました。(皆様もう、何も仰らないで下さっている、という段階でしたし。)いえ、諦めました。

蓮の苗を取り寄せるのは、だいたい3月初旬なのですが、今年は注文しないでいました。
蓮という大切なテーマを続けたくはあるけれども、でも、うまく行かないままあまりにもエネルギーをとられてしまうなら、そのエネルギーを今の sanctuary の命に注ぎこむだけで精一杯と感じて。

いったん諦めた後、新たに挑戦する機会に恵まれました。

泥の中から出でて開くというけれども、現実には、自己や社会やこの環境の泥の中で今も‘もがく’ことから抜け出てはいません。

でも、ひたすら陽光に向かって、天を目指して、今ここで花開いているのも真実なのです。


lotus17Aug2019.gif


lotus2-13aug2019.gif







このページのトップへ

PRAYER

皆様に大変なご支援、ご協力(特にモニター様)を賜り、しかも長らくのご無沙汰を重ねてしまうこととなりましたが、先々週ようやくyoga療法の資格認定の最終段階、広島の学会に行って参りました。

研究発表(ポスター発表)準備のため、前日夜から宿泊し、朝に国際会議場へ ――。広島を訪れるのは初めてです。

広島電鉄かバスで行けば良いと教わり、時間通りに着くなら電車かな、と駅へ向かったら、乗り込もうと駆け出す人々がいて一緒に駆け出して間に合いました ―― と安堵もつかの間、乗り込んだのは ―― 広島電鉄って市電だったのですね?! しかも、市内の道路にあちこちの路線で走っている ―― ?? (いきなり駆け込むのはかなりのアホでした。) 市内の、目的地と全然違う方向に向かう市電に乗り込んでいました。しかもしばらくの間、それをどう気づいて、次にどうするかも見えてない状態でした。あ~あ。

何とか大き目そうな停留所で降りて、そこから会議場に向かいそうな停留所を探して、沢山の自動車がスピード出して行き過ぎる道路の真ん中に、人ひとり分ようやく待てるくらい細いホームがあって、正しいホームまで行きつく方法が分かるのにも一苦労して ―― 余裕もって間に合う時間に出発したのに、学会開始時間に遅刻しそうな感じになってきました。

ああ市電だなんて。市内を色々、ゆっくり走る市電だなんて。頭にそこをちゃんと刻んでおく必要があった。

学会開始時間の5分前に、何とか目当ての停留所に降り … って、そこは「原爆ドーム前」駅で、降りたら目の前が原爆ドームでした!!!


そうなんです。

今回の学会行きは、文鳥のapas 君がもう10歳以上となってここ半年白内障となり、心配なのでできるだけ早く帰りたくて、観光は一切しないつもりでした。でも、原爆ドームだけは自分の記憶に刻むために訪れようと考えていました。ところが直前のわたしは、色々とかなり心が弱っていて、今訪れて大丈夫かな、とぐずぐずするような気持ちになってしまっていました。

で。今はとにかく、遅刻を少しでもしないように公園を駆けていかなければならない(←しかも方向音痴)状況で、実際速足ですっ飛んで歩いたのですが ―― 

焦って背を向けて歩きながらも「何これ?」と、途方もない時空間を感じて瞬時にぶわぁ~っと沢山の涙が溢れ出てきました。

悲しみ。

祈り。

訪れなければと考えながらも逡巡していた時にイメージした恐ろしさ、怖さ、叫び、苦しみ、ではなく、そこには(このように述べて良いのか分からないですが)幾度も、幾度も、幾度も洗われ浄化された悲しみと、そうして洗って浄化してゆく祈りのエナジーが、幾重にも幾重にも幾重にも重ねられた透明な空気がありました。それは、浄化された悲しみと祈りの場でした。

世界中の、本当に様々な民族の方々がそこにいて、様々な形で祈りを捧げて下さっていました。(それは、学会期間中ずっと見かけて、市電の中で様々な言語が飛び交い、皆様躊躇わずにここに、はるばるいらしてくださっていました。)


heiwakoen1.gif


そのまま学会会場へと急ぎ、何とか発表準備ができたのですが、お昼休みにはその辺りから、幼稚園か小学校低学年の子供たちの歌声が聴こえてきました。

公園には、太い幹を持つ大樹が枝を美しく伸ばし、鳥たちが下草の緑の間を歩いていました。楠が多く、陽が差すと、芽吹いたばかりのまだ紅い新芽と新緑が美しく輝きました。

今日の学会プログラムが終わったら、ドームの空間で祈りを捧げようと決めました。


発表は無事終わり(やれやれ何とか<先生方、同期の皆様、ありがとうございました!>)、柔らかい夕陽の差す木々の間を大切な同僚お一人と歩き、川沿いを歩き、彼女が川辺で待っていて下さる間、ドームと向き合い跪いて透明になって祈りました。


heiwakoen2.gif


祈りが終わった感覚があったとき、何かが「ありがとう」と伝えてくれました。

祈ることしかできないのに、そんなわたしに「ありがとう」、だなんて。
ここに跪くことさえ、今朝まで逡巡していたのに ―― そんなわたしに。

今も続いている、世界中の生命と自然の破壊と死、悲しみ、苦悩に、祈ることしかできていないのに。


・・・・・・・・・


でも。

祈っていきます。

朝の光に。
川面のさざ波に。
鳥たちの影に。
都会の雑踏や通勤電車の中、誰の顔を見てもそこに誰もいないような気がする瞬間に。
どんな場所でも芽吹き続ける緑に。
生きている間、祈ります。

祈りとして、生きていきます。


heiwakoen3.gif






このページのトップへ

海のyogaと”食べる”yoga

昨年早春、尊敬する大磯のレストラン『一鶏』さまで蓮のお料理を戴いてから、‘蓮花’にちなむyogaをご一緒に練習してくださっている仲間たちと共に訪れる機会を望んでいて、ようやくそれが叶いました。

少し遠いので一日がかりの遠足となります。よい遠足となるために何かないかしらと探っていたら、素敵な大きな海がありました。『一鶏』さま店主K様の懐の広いご協力あり、一緒に下見に行ってくださる良き仲間がいらっしゃりで、大きな流れが生まれて、昨年の冬至前、そしてつい先日の雪の予報の土曜日と、海のyogaとお食事を頂くyogaをすることができました。

昨年冬至前、正にこの日だけ特別な日、特別な好日 ―― というほどの温かな大変晴れやかなお天気! 蒼く澄んだ冬の空と穏やかな冬の海に出逢うことが出来ました。冬至前の正に大祓のような大浄化、宇宙、そして無限の空の世界を感じました。圧倒的な大自然の流れの中、得難い体験でした。


大磯1


一方の、節分、立春、旧暦正月を過ぎたばかりの先日は、雪が降って交通に影響が出る予報に揺らぎ(わたしがです 汗)、前日9時のニュース時には正直、「もう駄目かしら、中止にした方が良いかしら」とまで気持ちが揺れましたが(焦) …。 参加してくださる方々に支えられ、これもまた学びだと気づかされで、「いざとなったら(雪で交通機関に影響が出て帰れなくなりそうになったら)敏速に予定変更もありで、だけど”すべて応諾””今、ここ”に集中して楽しもう」と思い直すことが出来ました。そして、東海道線の川崎、横浜、茅ケ崎 … と雪でありながら、何と大磯駅を下りたら雪は降らずで、海岸まで出たら、寒さ厳しいものの、不思議な、氷の色のような、白い光が雲間から射してきました。… 神秘的な海岸は、異次元の世界でした。


大磯2


大磯3


海辺では、二回とも、大自然を全身で感じて、包まれ、繋がり、溶け行くような、広がるような素敵なyogaができました。太陽礼拝や、自然の五大元素を感じながらの感謝や祈りとなりました。


続いて、季節を感じる『一鶏』さまでの‘お食事を頂くyoga’の時間です。「何を頂くか」に関しては勿論、こだわりの素材の味をもっとも美味しく引き出され、からだの元気を引き出して下さるお食事を、yogaとして、「いかに頂くか」にも注意を払いながら、頂きます。五感で感じながら、命の繋がりを感じながら ―― 丁寧にお料理された一品ごとにしばらくは沈黙して、お食事と向き合いました。(勿論、‘懇談のyoga’もあり、今、ここを大切に心の交流もできましたよ^^) お食事前には、故前田行基先生に「ウポワズ(お断食)の会」で薫陶を受けた「五観文」を、お食後にはティク・ナット・ハン師のガーターを唱えます。


蓮蒸し物
 (蓮の蒸し物: 昨年春以来、惚れ込んで
 います。蓮にキクラゲや百合根、銀杏が
 蒸され、とろみのあるアンがかかっています。)


大根のサラダ
 (大根のサラダ)


大磯4
 (大ぶりな地野菜のグリル、
 車麩と豆腐のフライ)


マイタケご飯
 (マイタケご飯)


大磯5
 (白玉小豆、薫り高いキーマン)


心身が深く喜び、生きる糧となる一日に感謝!!!

御参加くださった皆様、御一人御一人がからだ、こころ、魂のどこかに何か輝きや響き、沁みること、嬉しさ、変化等を感じて下さったように想います。皆様、『一鶏』様、大いなる大磯の海と空、大自然、本当にありがとうございました。





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

08月 « 2019年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links