FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

A Happy New Year 2020 !

明るい陽ざしと共に新しい年がやってきました。

皆様にとって素晴らしい一年となりますように!!

昨年は節目の年となりました。Blog 更新も遅滞してしまったこと、表現できることも深まらなかったこと ―― 都心との往復の疲れが取れなかったことや、Wi-Fi事情、PCの不調等、情けない言い訳はあったのですが ―― 何より、書けなくなりました。

‘聞こえない声を聴く’‘自然と人が調和して生きていける bird sanctuary の創立’を掲げ、希望に向かって志を抱いて一歩ずつでも進めたら … そう感じながら表現してきた blog です。しかし、正直に書きますと、昨年前半は、急速に地球規模で進む自然環境の劣化、急アクセルがかかった生きものたちの多様性や数の減少、そしてそのアクセルをかける側のわたしたちの(集合)意識のありように、「ここからどのようにしたら何かの希望の糸が紡げるのか」、何より自分自身の無力さに、わたしは絶望、失望した半年でした。Blog に何を綴ったらいいのか、申し訳ないと感じながら、そうした気持ちを綴ることはできませんでした。

自然の破壊に関して絶望したのは、今に始まったことではありません。ちょうどミレニアムに、学位取得と同時に、‘ここから残りの人生を何に捧げるか’を求め、‘聞こえない声を聴く’‘小鳥を初めとする自然の命との対話の研究’と出逢った時、そこで直面したのは、対話する相手の生きものたちが生き続ける上で崖っぷちに立たされている、という現実でした。気功の先生方や先輩方、数多くの良書で知った先人の方々、yogaの修練のおかげで、一年ほどかけて‘自然と人が調和して生きていける bird sanctuary の創立’への想いを形にすることができました。当初は「自分のハートの中に」だけ創ろうとした sanctuary が、沢山の方々の助けで現実の空間となり、少しずつの歩みでこの地球上に誕生しつつあります。様々な困難があっても、必要な手を差し伸べて下さる方がいらっしゃり、時に「例え山の向こうでブルドーザーが森をなぎ倒していても、今ここで苗木を植える」と決意して、進んできました。

昨年前半は、直面する現実の厳しさが増していき、そのスピードにストップがかからないような未来を見てしまった気がします。最も厳しさを感じたのは、ブルドーザー数台では無論なく、その何百倍もの規模の大型機械や爆薬や化学物質ですらなく、温暖化や絶滅や殺戮のニュースと共に浮き沈みする、(正直に書きますね)世界規模での人々の心のありようでした。同時に、自身の心の闇のありようもまた、嫌でも見つめざるを得ませんでした。静かに、じわじわと闇が心身に侵食していく気がしました。

後半となって、そこから今何を学ぶのか、ようやく手探りを始めました。最初に知ったのは、自身が希求してきたことは不変で、変え様がないこと ―― 初心貫く、ですね。すると次に、いつも足を大地につけ、頭を天に向けて、軸を正して、歩むしかないと感じました ―― 今できることをする、ですね。そして、自らの存在からこそ祈りは体現されていく ―― 調和、慈悲や智慧が顕現できるような精進を続ける、ということですね。 … とまあ結局、振り返れば何で悩んだのだか分からなくなりましたが、また歩き始めたところで新年となりました。

年明けなので明るい記事を … ができないで、それなのに読んで下さって頭が上がりません。心より、ありがとうございます。

空気読まないで続けると(笑)、2020年、闇の部分はもっと濃くなるでしょう。気象異常を始め厳しい未来予測も更に出てくるでしょう。それでもわたしは、自分の立っているところから、今この地が、sanctuary となるように祈りながら歩きます ―― 遥かに遠いところからでも、全く違う祈りや歩みでも、光を灯し、観えないところで響き合って下さっている祈りや歩みがある限り。

少なくとも、このように感じられます ―― 小さな光でも、それは足し算ではなく、掛け算だと。‘ひとの意識’に関する限り、光を灯すのに一人では無力すぎますが、二人は倍の光ではないです。明るさの質が変わるから。

もし1の明るさの光を1.5倍にすることができたら、それは1.5倍の明るさや嬉しさ、喜びになるのではなく、他に光がどこにもない、というのでない限り、それ以上の輝きになります。

様々なデータを可能な限り公平に調べることはできるし、それに精緻な解釈を加えることもできる。調べたことに自らの質的評価や価値観を加え合わせて、未来予測をすることもできるし、時には必要かも知れない。そうしたことは、今ここで立っている現実に対して何ができるか、どこを変える必要があるか、何から始められるか、考えるためにある。考えて、失敗もありながらできたことが今これから‘本当の未来’を創る。生において諦めるなんていうところまで堕ちない。わたしは決して光を消さない。


2020sun.gif






このページのトップへ

A Gratitude and Prayer after the Typhoon Hagibis

台風の影響いかがでしょうか? 

今も被害が気掛かりな中、地域や建物によって状況が異なるようです。大丈夫ですか? 加速化する気象異常による災害は、これからのわたしたちの行く手に真っ黒な幕を下ろしているようです。

Bird sanctuary への温かなメールをくださった方々、ご心配くださった方々、誠にありがとうございました。仕事を休めないので先週早目に都心に出て、台風通過の夜は古い家での雨漏りとの格闘でした。バケツやタオルや端切れを足しながら、様々な地域のニュース、そしてsanctuary の地にて生きものたちや家のために出来ることもできずに胸が痛みました。近くの場所で川の氾濫や水没のニュースもありました。月曜の仕事を終えて、昨日になってようやく戻ることができました。家は何とか無事で(除湿器やエアコンがフルパワーで活躍してくれています)、今は外を片付けています。心配だった友人・知人は皆無事のようです。地域によっては「一階が水没した」「車3台駄目になった」と伺い、祈りながら行動しています。

台風通過前から、自然や野生生物たちへの影響も案ずる声が聴こえました。季節は‘寒露’―― 長雨や台風の季節も終わり、秋深い一番心地良いはずの季節です。長時間に渡る激しい雨や風に、作物の実りや草木へのダメージ、そして、この夏生まれの野生動物たちの多数の死が、予測されていました。野鳥に関して言えば、この夏巣立った若鳥(成鳥ほど羽毛が水をはじく力を持たない)がずぶ濡れで、長時間餌をとれない場合、生きることはできないだろう、そんな状況で沢山の死が訪れるだろう、もしも弱った鳥を見つけたら軒先や玄関に置いてあげるだけでもしてほしい、と書いていらっしゃる方がいました。(助けたい場合は、簡単な保温の仕方と共に) そんな記事を読みつつ、sanctuary に居られないことが情けなかったので、戻ってまず見回りでした。

心配に反して、びっしょりとずぶ濡れの地は、野鳥こそいなかったのですが、既に蜘蛛たちが逞しく新しい巣を張っていました。その蜘蛛の巣が朝陽に輝くのを見て、一安心 ―― ヒヨドリたちがすぐに戻ってきました。ハシボソガラスも。そして今日は、キジバト、ウグイス、コジュケイ一家、山雀や四十雀たちも戻ってきてくれました。レギュラーで言えば、後はモズ、雀、ハクセキレイ、そしてタヌキさんが戻ってくれば安心です。

ここのところの大自然の脅威は、自然災害とは言え、長期的で複合的に‘人災’とも取れる側面が絡まっています。命のために自然のために ―― 植樹や生態系全体の豊かさを視野に入れた sanctuary 創立、土や水や空気をできる限り汚さない、(特に消費において、特に石油由来の)ゴミを極力出さない、(命それぞれの)聞こえない声を聴いていく、野生生物 rescue、人本来の智慧や慈悲・愛に立ち返る(瞑想を忘れるとなかなかこれが難しい)、yogaのahimsa、無理せず楽しく軽やかにへこたれない(少なくともへこたれる時間をもっと短くしよう)、祈り・行動としての祈り・存在としての祈り、etc. etc. 曲がりそうに、くすんでいきそうに、ずり落ちそうになる時もありながら、持ち堪えてもう少しできることを見つけましょう。耳を澄まし、命の根源、自然の精髄から、答えを聴いていきましょう。


typhoon hagibis










このページのトップへ

edelweiss

今年の梅雨は長引くそうですが、皆様健やかにお過ごしでしょうか。

長らくご無沙汰して大変申し訳ありませんでした。
先にお詫びしておりました中耳炎や結膜炎は完治し、順調に仕事に復帰できております。あとは点眼薬の副作用を調べる検査だけとなりました。休んでしまった分、仕事は追い付くのにままならず、特にyogaの仕事は体力を完全に戻すのに時間がかかるなあ、と実感しますが、尊敬する先生の「それが普通です」のお言葉にちょっと安堵(?)しました。

sanctuary の自然や命たちも平穏に夏を迎えています。このblogもまた、ちょっとずつ、遡ってのご報告も含め、綴っていきたいと感じております。

天候の変化が激しい折、爽やかに夏が越せるよう、皆様どうぞご自愛になって下さい。


edelweiss
 (大切にしている edelweiss のお花が咲きました。)


このページのトップへ

水無月

jasmin.gif
 (アーチのカロライナジャスミン)

水無月になりましたね。

いかがお過ごしでしょうか。梅雨がどうなるのか、気になる所です。

先週から急性ウィルス性(正確には、菌かウィルスか未定)結膜炎、急性中耳炎になってしまいました。ウィルスだと感染力が高いため、なるべく独りで静かに待機です。

眼が完治するまで、ブログお休みします。(まあ普段も、なかなか更新できていませんが … )すみません。

頂いたメール等は、ゆっくり丁寧にお返事させて戴きますので、しばらくお待ちくださいね。
本当に申し訳ありません。





このページのトップへ

A Happy New Year 2019

明けましておめでとうございます。

昨年は暖かなお言葉や支え、励ましを誠にありがとうございました。

本年の夢、希望、志をどのように描かれていらっしゃいますか。どんな年としたいと望まれているでしょうか。

魂の底から希求することがあるなら -- 自分に対しても、この世界に対しても、わたし自身はそれをなかなか叶えることができていません。今年は、ほんの少し、‘やり方を変える’ことをしたいと想います。ちょっとストイックに戻るかもしれません(これでも昔は、なかなかのストイックでした。)そして、地に足をつけて、具体的に、一歩でも進みたい、そのために智慧を発揮できたらと望んでいます。

最後の一矢が、光と繋がるために …


そして、胸の奥底が精妙に繊細に震えるような、「いま、ここ」の輝きが待っていますように …

2019年、皆様の夢や希望、志が叶い、全ての命が健やかで幸せな一年でありますように!!!


roubai2019.gif
 (早くも sanctuary の蝋梅(満月蝋梅)が沢山の蕾を
 つけてくれていて数輪花開いてくれています。
 得も言われぬ芳しい香りです。しかも黄色く紅葉した葉を
 つけたまま … 昨年は全く花開かずで枯れてしまったのか
 心配していた蠟梅でした。葉を色づかせたままの開花は
 不思議ですが … 吉兆でしょう!)





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

12月 « 2020年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links