FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

キャンパスにヤマシギあらわる!

日曜日の大学キャンパスは、人と自転車の通りが少ないので野鳥達の楽園! たまっている仕事を片付けに、キャンパスの奥に残っている自然林の脇の道に入りかかると、

見慣れぬ鳥が草叢に頭を突っ込みごそごそやっている。

はっと立ち止まると、くるっと振り向き、バサバサッと羽ばたいて草原の方に降りた。

誰?!

丸っこいからだ。赤っぽい赤茶色の胸。特徴のある細長い嘴と顔。まんまるの大きな目・・・・・

ウソ--。

ヤマシギだ。

こんなところに、君、来たの?

思いがけないお客様にこころ躍らせて、夜になって野鳥図鑑で確認した。

ヤマシギは、他のシギと異なり、主に森や林の中で暮らしている。用心深く、夜行性でなかなか見つけにくいという。敵がいなければ、両足を交互に動かしてゆっくり歩く。土の中のミミズなどを食べるという。きっと住処である山地に食べ物がなくなって、ここに訪れたのだろう。

地域によっては希少種となっているのに、未だに「狩猟鳥」の指定からはずされていない(つまり、猟期に撃たれている)。人間にとって大切な(もとは身近だった)生きものの仲間達を失おうとするのに歯止めがないなんて時代錯誤だ。

ここに来てくれるなんて、ありがとう。いい子だね。ここでは撃たれない(と思う)けど、道中気をつけてお行き!

こんなに愛嬌のある珍しく大切な鳥を、わたしたちはもう失ってはならない。
このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

02月 « 2008年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links