FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

小鳥たちとの遠出は大変 ・・・

うちの小鳥たち(小露鈴&gaea)が蛇に襲われないための対策を考えに考えて、ようやく稲田の家を整えたんだけど --。


小鳥たちと稲田へ出かけたときは本当にひやひやした。

昨年既に、八郷のS先生ご夫妻のお宅へ、彼ら同伴でお邪魔して一晩明かした実績があるので、移動もお泊りも大丈夫だろうと踏んでいたのだが --。

まずはgaeaちゃんにお部屋(鳥かご)に入ってもらって、かごをもって外に出るまでで、かなりのパニック(羽をバタバタさせて、暴れる)。その上、エレベーターに乗った途端、

・・・うん?? 気持ち悪い??

gaeaちゃんのまぶたが閉じ始めて ・・・ あ、これはかなりヤバイかな、と感じて、どうしようかなと思っているうち、

ぽとん

と止まり木から落下。gaeaちゃんは翼を緩めてうずくまってしまった。わたしも力が抜けてへなへな ・・・ 一緒に気絶しそうだ。

-- 以前にもこういう事があって、そのときはダイソンの掃除機(うちはアニマル・プロというかっこいいやつ)をかけて、鳥さんたちが飛ばした壁の付着物をとろうとしたら、ダイソンの掃除機のノズルがよっぽど怖かったのか(ごめんね、ごめんね、そうとは全然想像できなかったのよ~!) まぶたが閉じ始めてふらふらになった。すぐに掃除機を止めて、掌で彼を包むと、もう力が抜けた状態だ -- 彼の魂が抜け、彼を失ってしまうのかと激しいショックを受けてわたしもへなへなに座り込んでしまった。

人間が掌でくるめるくらいの鳥さんたちは、野生では最も弱い生きもので、「こんなことが怖いのか」というほどのことでも激しいショックを受けたり、怯えて逃げていく。そして、本当に繊細な生きものだから、野生で鳥を捕まえて足輪をつけるバンティングという作業の時には、ただ人間に捕まえられただけで息が止まって死んでしまう鳥さんもいる。それを本当に重く受け止めて、毎日を一緒に暮らしているのだけれど、こちらが慎重に行動して、少しずつ慣れてもらって、「大丈夫だな」「もう慣れたし」「この子賢いから」という思いが日常化していると、ふとドキッとしたり、反省させられることに出くわす。そしてやっぱり、「彼等はわたしたち人間じゃない、人間の生活に引き込んで一緒に暮らしてもらうときには、本当に繊細に、大切に大切に接しなければ」という初心を想い出さざるをえなくなる。(そしてうちでは、ピカピカのダイソンは「使われぬ家電」化)。

今回も、彼が落下した瞬間には「gaeaちゃんを失いそうになるなら、こんな思いをするくらいなら、もう、引越しも田舎暮らしもしなくていい」という思いが過ぎった。とりあえずかごを下にあった車のトランクに乗せてしばらく様子を見る。予想よりすぐに、止まり木に戻ってきょろきょろするgaeaちゃんを目にしなければ、本当にその思い通りになっていた。

次は小露鈴だが、外に出て助手席に乗せる間、「チャ、チャ、チャ(なにするのよ~ どこいくのよ~ やだ~)」とわたしを見据えて抗議の声をあげっぱなし。彼女の方はずっと気丈で、起こりつつあることがよく分かっていてそれをよく見据えており、普段いる場所以外の「世界を理解している」感じだ。ずっと幼いときから、東京の家だとか山中湖の合宿だとか -- それに鳥の病院も -- かご一つ手にしてよく出かけたからね。

そして、鳥さんたちに移動の負担をかけないよう、高速をいつも以上に飛ばして稲田の家に着いたのだけれど--。

気丈で、しっかりしていて、賢い小露鈴は、それだからこそ、やっぱりかなり高速で「後ろへすっ飛んでく」光景を見据えて、しっかりがんばっていたせいか、着いてからこれが非常に負担だったことが分かった。八郷に泊まりに出かけたときとは違う。こちらは、早く着けばそれだけ負担が少ないと思っていたのだけれど、高速はとても負担だったんだね。ようやくついた部屋で、かごから出もしなければ、最初のうちはご飯も食べない。

「鳥は自由な生きもの」というけれど、「鳥は慣習をきちんと守りたがる。はずれるのを嫌がる」といったことを、ハイイロガンやコクマルガラスの“親代わり”となり、いわゆる「刷り込み」という概念を提唱して、ノーベル賞を受賞したコンラッド・ローレンツも言っている。これは本当で、知らない家、初めての部屋、住み慣れない環境に置かれた鳥さんたちは、やっぱりショックだったろうと思う。

でも、それだけでなく、小露鈴が片脚をかばっているのがすぐわかって、高速を走っていたときにそれに耐えようと踏ん張ってしまったのではないかという気がした。一夜明けると、gaeaちゃんのほうはいち早く立ち直って、「元氣」「甘える」というモードなのだけれど、やっぱり小露鈴の脚がとても心配。(わたしもその夜は心配で眠れず--)。強く見えるほうの子こそ、内側で耐えているのかもしれない。とにかく、反省、反省、後悔、で、一日彼らにかかりきって、ゆっくりゆっくり撫でたり、知っている限りのヒーリングやエネルギー・ワークをしたり、「明日までおかしいならお医者に連れて行く」と決意したり。

帰りはとても気を使い、少しずつ何が彼らに負担なのかが見えてきた。gaeaちゃんのかごを持つときは、彼がわたしの目線と同じ位置になるように“抱えあげて”もつこと。そして、絶え間なく話し掛けること -- そうすると、そんなにショックを受けないようだ。かごを床に下ろしたりは駄目。(= 仲間がすぐそばにいて大丈夫なことをちゃんと、よく、伝える)。小露鈴はやっぱり、高速をスピード出して走るのが一番駄目だった。まず彼女の部屋(=かご)を4方面タオルで目隠し、運転しているわたしだけがちらっと見えるようにする。そして、時速100キロは超えない、できればゆるゆる運転。やっぱり大丈夫だということを絶えず話し掛ける。(もちろん安全運転は最優先して、だよ)。

これで、帰路の方は、もちろんたどり着いたのが彼らが住み慣れているほうのつくばの家だということもあるが、殆ど問題なく帰り着いた。小露鈴の脚も戻ったよ。

鳥さんたちの気持ちをもっと感じ取り、メッセージをちゃんと聴かなきゃ。

そして、負担だったら、中止の可能性も含めて、彼らがどんな風にしてほしいか、どうするのがみんなにとって最も良いか、きちんと看てとるようにする。

大切な大切な家族だから。

このことで再認識した。小露鈴が幼い小鳥としてわたしのところに来てくれて8年目。彼女はもう9歳 -- これは文鳥界ではかなり高齢だ。特に文鳥の女の子の方は寿命の長い子は少ない。何度もひやっとすること、危なかったこともあったけれど(こころから、ゴメンナサイ)、ずっと一緒にいてくれて、支えてくれ、助けてくれた。わたしのことを、本当によく見ていて、分かってくれていると想う。彼女と一緒にいられる一瞬一瞬は、何ものにも替え難くかけがいがない。

いつもそう感ずるのだけれど、もっともっと繊細に、いま、ここでの時間を大切にしよう。
彼女の声をよく聴き分けて、一緒に過ごそう。

ガイア3月24日08-1

  (gaea 「僕も大変だったけど、元気だよ~♪」)
ガイア3月24日08-2

  (「ハンガーの上は僕の陣地だよ。歌をうたって宣言してたけど、眠くなっちゃった」)

hearing the unheared voices.




このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

02月 « 2008年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links