FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

胡瓜ちゃん

先週の暑い暑い土曜日、稲田の家に夕刻到着した。
自然に囲まれていても、笠間は盆地なので30℃を超えていて、暑い。
それでも、家中に風を通すと、夕風の涼しさが心地良い。
空気も良くて、静かで、昔味わった(?)夏みたい。
夜も窓を開けて風を通し、夜半になってようやく涼しくなった。
都会と違って、寒暖の差、激しいよ~。

翌日の日曜日も暑かった。終日、田畑の様子を見ても、人っ子一人いない。
片方のお隣さんの家からは、クーラーをガンガンかけている音。
もう片方のお隣さんは、芝生の脇のテラスでビールを飲みながら笑い声を立てている。
うわ~、田舎は自然に近い暮らし、お百姓さんは来る日も来る日も働いて、休み知らずって言うけど、誰も働いていないよ~と思いつつ、週末だけの居住者のわたしは夕方になってやっぱり庭が心配で外に出た。ぽつりぽつりと雨が降り出したけれど、それでも外は蒸し風呂のよう。庭作業のためには、長靴・軍手・長袖のシャツ・長ズボンで首にタオルを巻くのが鉄則だから、重装備で汗だくだ。
終わった後、しっかりばてた。

やっぱり暑いときは、休めってことなんだな。

でもね、畑(と呼んでいますが、ほんのささやかなコーナーです)で、とっても素敵なプレゼントを頂いたよ。

胡瓜ちゃん1


気が付かなかったの! ひょろっと育っている胡瓜の苗と、勢いを増してきたミニトマトの苗と、今では庭中に広がっている南瓜の葉と蔓とをほぐそうとして、胡瓜の苗をそっと起こしたら、地面近くにこんなに見事な胡瓜がなっていた!!

気が付かなかったので、"取り頃”をちょっとだけ過ぎちゃったかな。でも、いたいけな細い茎なのに、つけたこの胡瓜ちゃんは、見事、立派! 嬉しいよ!!

胡瓜ちゃん2


苗を植えたのはわたしだけど、(実は三度も苗を植えて、前の二度は失敗したのもわたしだけど)わたしの”農業”は新米どころか、”恐る恐るの祈り”でしかない下手っぴいだから、これは皆稲田の自然が育ててくれたんだ。まるい柔らかいお日様、ツバメたちが遊ぶ水田を駆け抜ける風、そして何より井戸水やお米で証明されている美味しい水。(ここの土に関しては、わたしは頑張った)。

そうっとハサミで切って、笊に乗せて、まずは神棚にお供えして。
それから、半分は小露鈴&gaeaと分け合って頂き、後の半分は勿体無くなって糠漬けに。

う~ん、瑞々しい。
韮やら青シソやらは、ちょっとずつ収穫できるようになっていて、ほんの少し夕食の菜に恵みを頂いていたのだけれど、こんな実りの収穫は、生まれて初めて! 何て言っていいか、嬉しい。幸せ。








このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2008年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links