FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

「水浴びしたいの !! 」

小露鈴は、暑くなってから、水浴びを日にニ~三回はする。

水浴びがしたくなると、矢も楯もたまらなくなるらしい。「籠から出して!(チャチャチャチャ!)」と、普段より激しく鳴いて訴える。出ると一目散に水道に向かって飛び、まっすぐに人間の目を見据えつつ、Uターンして戻ってくる。これが「水浴びしたいの!」のメッセージ。

このメッセージ、一昨日から、お勝手の蛇口に向かって飛んでUターンするのではなく、廊下の先の方向へと飛んで戻ってくるのに変わった。

こんなことは、これまで初めて。

廊下の先の方向にあるのはお風呂場で、小露鈴は「シャワー浴びたい!」と言っているのだ。

毎夏、夏限定で、小露鈴とお風呂場で水シャワーを浴びる習慣がある(2006年、7月2日のブログ参照)。もともとは、人間(わたし)は小鳥がシャワーを浴びるなんて思ってもおらず、夏に汗をかく毎に、《極端に暑い & 夕方18時以降でないと給湯はない》宿舎で、水シャワーを浴びて汗を落とし、涼をとっていた。わたしのシャワー中に、廊下から器用に「のれん」をくぐり90度の角を曲がって(そんなところまで、飛べると思っていなかったよ~)、小露鈴が飛んで来て自らもシャワーを浴び始め、最初は「?!?」 ・・・  小鳥がシャワーを浴びるなんて ・・・ と驚いたものの、気をつけて、気をつけて、一緒に浴びるような形になった。

水を見たら、反射的に水浴びしたくなるのが文鳥さん、と思っていたけれど、水音を聴いただけで水浴びしたくなるんだな。(一般には、シャワーは水量が多く、小さな小鳥には水流が強すぎ、お風呂場でシャワー浴びつつ足元に小鳥がいるのは危険なので、絶対にオススメしない)。

今年は、小露鈴も9歳となるし、強い勢いでシャワーを浴びるのは控えた方が ・・・ 危ないし ・・・ と思って、こちらからお風呂場についてきてもらうことはしなかった。それが一昨日のこと、とうとうお風呂場まで来て、「やっぱり浴びる!」と始まった。台所で水浴び用の器に水を張って、その器に人間が片手を入れ、水道から水を流しながら、誘導する穏やかな水浴びは、夏には事足りなかったらしい。

一回シャワーを浴びると、Uターンする方向をきちんと変えて、「シャワーがいいの!」ときっぱりと言い渡された感じがする。

小露鈴、しっかりしているね~。
このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2008年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links