FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

杏の花

my bird sanctuary の土地入手してすぐに植えた杏の木に、花が咲きました。

春が深くならないうちに、苗木や野草の苗を少しでも植えたいと、到着して自然の香りを吸いこんですぐ…

サンクチュアリにある古い家、玄関が震災で壊れているため台所から荷物を運びこんでいると、部屋の様子がおかしい -- 気配がおかしいのです。 

三つある部屋のうち、一番良く使っている部屋の窓が開いていました。その部屋だけ、北側(奥の竹藪に面した側)に窓があるのです。最初、戸締り忘れ…??と思い、近寄ってみると --

窓ガラスが割られていました。

-- やられた!

家の北側は、表の通りからは隠れていて、しかも裏の竹藪とつながっています。竹藪は、公園や神社、近隣の人が持ち主の竹藪と繋がっていて、どこからか人が入ってきてしまう可能性があります。購入する以前から、北側の窓のガラスには、傷があって、「これ、誰かが侵入しようとしたんだよね。気を付けないとね」と言われていました。

家の裏や陰のあたりから奥の竹藪にかけては、タケノコ採りや柿もぎのシーズンには、いつのまにか人が入って来て … ということがあり、筍や柿はことわってくださった方にはもちろんお分けするのですが、夕暮れや早朝に知らない人が薄暗い藪の中に見え隠れするのはとても怖く、その他いくつかトラブルがあったので、とりあえずふだんわたしがひとりで作業するあたりは、気功同好会の親切なメンバーの方々が中心になって竹垣をつくってくださっていました(何と感謝してよいかと思います。そして、これで随分と安心になったと思っていたのです)

しかし -- この犯人は柿泥棒どころではないようです。部屋に何かが潜んでいると怖いので、すぐ表に出て、外から割られた場所をよく見ると、窓ガラスが割られているだけでなく、障子のさんが壊され、障子が破れていました。そして、飲んでいない缶ビールが1缶、ガラスの欠片のわきに置いてありました。ああ、これでもう確実なので、家族に電話し、警察に電話しました。

結局、30分くらいで市の警察がやって来てくれたのですが、刑事さんとその下の方3名くらい、鑑識さんらしき方2名と、大勢でいらして話を聴いて現場検証して2時間くらいかかりました。中に入り物色した形跡がないため、器物破損として届けてくれました。-- 弁の立つ?鑑識さんが、「でも、割られ方がおかしい。地震の衝撃で窓ガラスが壊れたのでは?」「3.11後、1週間前にここに来た時は何ともなかったと先ほど言いました。それに缶ビールと、その他遺留品と想われる、脱ぎ捨ててあった軍手の説明がつかないのでは?」「割ったガラスの破片がなぜ外に多いのだ? それに、この割り方は合理的ではない。家の中にハクビシンやタヌキがいて、地震騒ぎで飛び出したのでは?」「部屋の中に動物がいた跡が、どこにあるっていうんです?」 … う~ん問答していて、これじゃあ『名探偵コナン』どころか、『相棒』の米沢さんの方が、30倍は…(××)。別に無理に人間による被害に仕立てようとしたいわけじゃなくて、これは明らかに人がやったことでしょ!わたしだって、缶ビールがこんな所に置いてあるからすぐに電話したのよ! … と、だんだん喧嘩口調(?)になりそうになるのを抑えて、検証につきあいました。最後には、缶ビールの指紋をとったけれど出ない(?)と言われました( … あの、言わなかったけれど≪実はね、わたしも最初に外に出た時に、缶ビール触っちゃったのよ。それなのに、わたしの指紋も出ないんだもんね。≫)それでも、この忙しい時期に一通りの調査をして下さって、感謝です。

窓は、震災後まだサッシ屋さんもガラス屋さんも大工さんも大忙しですが、家族の電話のおかげで数日後に修理できそうです。今は何とか応急処置をしてありますが -- わたしたちや仲間が、いつもいることはできないこの場所に、この犯人がまた悪戯や物色に来るのではないか … と不安で、昨日は眠れませんでした。

警察が帰られた後に、南側の庭に、煙草の吸殻も見つけました。普段手伝ってくださる親切な仲間たちも、家族もわたしも、誰も煙草をすいません。-- ということは、そうっと裏の竹藪から、あるいは、竹垣を抜けて忍びこみ、通りの人や車から見えないところで窓ガラスを割ってみただけではなく、煙草を吸いながら家の周辺をぶらぶらして行った--? それとも、一人が窓ガラスを割っている間、もう一人が見張り? そして、軍手の捨ててあるところには、もともと植木鉢が(水やりにちょうどいいので)並べてあるのですが、それらのいくつかが倒され(突風で倒れたという感じではありませんでした)、ひとつは、倒されずに苗木がひっこ抜かれていました(可哀想に、今は辛すぎますが、春の芽吹き直前に1本駄目になっていました)。これは、ただの盗難目的の物色や、酔っぱらって壊したというレベルではなくて、悪意? 悪質な嫌がらせ? 

-- よく分かりませんが(名探偵コナンがいればなあ)、とても気持ち悪い。そして、この土地に皆様が御厚意で気持ちや力を注いでくださっていること、自分で一生懸命やっていることを、土足で汚してほしくない、という、胸が焦げるような感じがします。

大地震に見舞われて、次に原発のことでショックを受け、続いての、三つめ。

-- 正直、原発や放射能のことでは、自分のハートの深い、深い部分で受け止めたことに、今はかろうじてバランスをとっているので、この一突きの人災は(たかが一突きかもしれないけれど)、痛いです。

苗木
 (それでも、苗や苗木は植えたのだ。
 シラネセンキュウ、アヤメ、クサボケ、
 フユイチゴ、クロモジ)

このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

03月 « 2011年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links