hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

ウツボグサ -self heal-

utsubogusa1

utsubogusa2

梅雨のうっとうしい湿気のなか、ウツボグサの花が美しいエネルギーを放っている。

整理しつつある竹材が重ねられ外来種の野草が強靭に葉を伸ばす土地の、ほんの隙間の、小さなコーナーだけれども、ここだけはウツボグサをひそやかに丁寧に優先させている。

シソ科の花が大好きなわたしに、この土地ならウツボグサだよ、と、野鳥の森をおつくりになっている大先輩のS先生が太鼓判を押してくれた。いわばこのバードサンクチュアリのシンボル野草だ。

ウツボグサの「ウツボ」は、矢を入れる靫(うつぼ)に似ていることから来ている。この草は「夏枯草」(かこそう)とも言われていて、日本古来の生薬となっている。英名もまた、「self heal」(セルフヒール)であり、ウツボグサ属は世界に数種あるが、多くの土地で直観に基づいて心身の自己治癒に用いられていたのではないかと感じる。

それほどに、優しい、静かな、包み込むようなエネルギー …


   セルフヒールは、その名が示すように、体内の治癒力を
  高めるのに用いられます。体には本来、切り傷を治し、
  炎症を消散させ、感染症を退治する治癒能力があります。
  また、私たちは感情的、精神的にも、自己を癒す能力〔が〕
  備わっています。

   セルフヒールは、自分の治癒力に対する自信を深めて
  くれます。生来の回復力を疑っていたり、自己管理の責任
  に対処できないために、自分の肉体的健康や情緒、精神、
  魂の安寧に対する責任を医師やカウンセラーや精神科医に
  委ねてしまっている人に、とくに効果的です。

   体調のすぐれない人や不幸な人、自分で健康になる能力
  への自信を失っている人、外的要因に依存して幸福感を
  得ようとする中毒患者、人生の危機に直面している人には、
  セルフヒールが必要かもしれません。セルフヒールは、
  他者への依存心を弱め、意欲をかきたて、自分の生来の
  治癒力を信頼できるよう手助けしてくれます。

   (アン・マッキンタイア 『花のもつ癒しの魅力 
   フラワーヒーリング図鑑』 セルフヒール フラワー
   エッセンスの項より引用 p.186)

鳥たちと遊ぶ庭(今は湿地帯みたいな土地に苗木がどうにか育っている状態だけれど、ううっ)から、奥の森(今は荒れた竹林だけれど、ううっ)へとあがる手前に、このウツボグサのコーナーがある。

いずれ、「セルフヒールの丘」と呼ばれることを目指して …
(今だって、この花の精たちは、ほんわか優しく癒してくれている)




このページのトップへ

幸せの準備期間

紫ツユクサの花
 (紫ツユクサの花 K氏撮影)

my bird sanctuary のあちらこちらでは、繊細だけれど息をのむほど美しい花が咲き、生命の活動が力強い創造となっている。

ツリバナ
 (ツリバナの花 K氏撮影)

昨年一生懸命植樹したツリバナも、こんなに可憐な花をひっそりと付けている。

この花が可愛い実に代わる頃、小鳥達がぶらさがるように止まって食べに来てくれるといいな。

エゴの木
 (エゴの木の花 K氏撮影)

すでに開花しているので心配だったけれど、植木鉢の穴を超えて大きく根を張っていきそうなエゴの木の苗を植えた。実は、ヤマガラなどの小鳥に大層好まれる。

移植のショックを乗り越えて、生命力を瑞々しく発揮して、大きく美しく素晴らしい木に育っていってね! 

… 朝のうちは、コジュケイの声、キジの声、ホオジロの囀り、そしてシジュウカラの子どもたちの甘く優しい声が聴こえる。





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

05月 « 2011年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links