hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

夏のお客さま ♡

今朝のことです。
資源ゴミを出そうと玄関のドアを開けたら、

kabutomushi1

白い花のベゴニアの鉢と、
夏はすぐに水切れしてしまうため my bird sanctuary から一時的に連れ帰っている水草(アサザ・コウホネ)の鉢の間に、

初めてのお客さま(カブトムシ)がいらしてました。

随分大きい上に、ほとんど動かなくて -- 真夏になると、毎年、古びた公務員宿舎郡の中の一つ、しかも最上階(7階)のここは、共用廊下にとても沢山の虫たちが訪れます。無数のアブラゼミ、ツクツクボウシ、蜂やチョウ、甲虫、とりわけ名前もわからぬけれど、どきりとするような風変わりな、時に美しくときに怖いようなガの類い。夜に空中を舞い、この宿舎の灯りをめがけて飛んできて、寿命を終えるのか事故に遭うのか、大概の虫たちは朝見つけるとすでに亡骸となっていて … わたしが出逢うのは、朝のそうした亡骸ですが、セミたちなど“つまんでも怖くない”虫は、なるべく土のある木の根元まで連れていって、「また(生まれ変わって)戻っておいでね」と声をかけて、手を合わせて悼みます -- 今回は生きてはいるが、かなり弱っていらっしゃるようです。

kabutomushi2

取り急ぎ、メロンとかスイカなら召し上がるかしら、と想ったのですが、なかったので、朝食用の(人間の)マンゴーを一切れ、お出ししました。

(甲虫類は、あまり得意ではないので、接客もおっかなびっくりです)

… それにしても、大きいね。

飛んできて、朝には命を落としている、野生の虫ではないのかもしれない。
この辺りのクヌギ林は、残念なことにほとんど伐採され、駐車場になってしまっているから。

お客さまはどこからいらしたのでしょう?

どこかのペットとして飼われていたのが、逃げ出したか、捨てられかしたのかもしれません。

でも、この宿舎は、単身者用だから、ペットを飼いそうな子供もいませんし、飼育好きの大人もいそうにありません。重たいからだで弱った羽を広げ、駐車場や、他の宿舎の建物や、公園や、道路を、遥かに超えて飛んできたのかしら?

よくぞ、遠くから、殺風景なこの建物の最上階の廊下の(12室も並ぶ無味乾燥なコンクリの廊下の)ほんの一角の(一室分の)小さな緑と水のコーナーを見つけて、お越しくださいました。

kabutomushi3

マンゴーは、気に入られたようです。

小さなアリがタカって危ないので、場所を別の植木鉢に移した後、もう一匹、ツノのないお友達(もしかすると、メス? 戦いの相手? 偶然?)も見つけました。同じように元気がありません。でも、午前中職場に行った後、昼休みに戻ってきて様子を見ると、二人で結構マンゴーを食べていました。

何が起こったのか、やっぱりよく分かりません。

それでも、静かに幸せに残りの人生(虫生?)を過ごせますよう、祈らずにはいられません。




このページのトップへ

暑い!ですね。

梅雨になっても思ったよりも雨が降らず、そのまま梅雨明けとなってしまい、今は …

 暑い!

ですね。6月末からの気温の高さ、今はようやく慣れてきましたが …

mimirJuly10

とはいえ、うちの二羽の小鳥さん達(文鳥たち)は相変わらず室内をびゅんびゅん飛び(体育会系の飛行訓練は mimir ちゃんのみですが …)、小競り合いをしながらもあちこち仲良く(?)探検し(啖呵を切り、先に飛びかかっていき、だまし討ちまで習得したのは -- mimir ちゃんのみですが …)、毎日元気に暮らしています( mimir ちゃんの方が、女の子なんですが … 涙)。

それでも、このところの暑さで、飛行訓練をした後ぜーぜー言っていたり(それでも、やめない)、春までは一日一回だった水浴びを台所で洗いものさえすれば一日三回でも水飛沫をあげてこなし、流しまわりを水浸しにしてしまいます(これは apas くんの方がとにかく長風呂で、水の中にずっと浸かっています。男の子なんですが …)。そして、たまにエアコンをつけると、その冷気が吹き溜まる台所の奥の方に行って、ちゃっかり二羽とも -- 涼んでる。

文鳥は、台湾が原産で、比較的暑さに強く、寒さに弱い、と言います。

それでも、暑いんだね~!

apasJuly10


人間でも、心身暑さ負けされている方をyogaのときなどに見かけます。


美味しいお水と適度な塩分(炎天下激しい運動した場合は微量の糖分も)、打ち水や水シャワーや半身浴など「水」を使った上手な工夫、健康な夏野菜たっぷりの食事、アクアカラーや藍・群青と白や透明など涼しげな色づかい、紺碧や瑠璃色の空にお月さまやお星様を眺める(都会なら、イメージだけでも。。。)、風鈴や鈴、チべタンベル、ハープの調べ、早朝の鳥たちの合唱など、涼しげな音も … 身近に、「清涼さ」を感じる何かがあると、ちょっと違います。

そして、たまには汗をかいても自然の近く、生きものの近くにいると、和みます。

暑い中にも風があり、日中の日照りも夕暮れには静まって、空はとても深く遠く、澄んでる。
外の鳥さん達、植物も、虫も、頑張って生きていますよ~ 

… ひと雨、こないかしら? (汚染の少ない、綺麗な雨よ。。)


暑い中、ご無理なさらないで下さいね!


このページのトップへ

yarrow

yarrow-1

bird sanctuary の≪果樹+ハーブ園≫コーナーに(畑コーナーだったんですが…野菜はほぼ全滅で諦めました)、ヤロウの花が咲いた。花芯までピュア・ホワイトの、凛々しく涼しい花だ。

ヤロウ(yarrow)は、セイヨウノコギリソウとも言われる、ハーブだ(キク科)。日本在来のノコギリソウも植えたのだが、こちらは残念ながら消えてしまった。ヤロウの方は、日本のあちこちで野生化しており、こちらの方は逞しい。その内に秘めた力も素晴らしく、「もっとも上質で用途の多い治癒植物のひとつとして、古代ギリシャやエジプトの時代から尊ばれ」ており、その学名のアキレア(Achillea)は、ギリシャの英雄アキレスが友人の傷をいやすために用いたことに由来するという(アン・マッキンタイア 『花のもつ癒しの魅力 フラワーヒーリング図鑑』 ガイアブックス 1997 p.48-49 より引用)。

 “ヤロウ”(Yarrow)の名前は“神聖な”を意味するギリシャ語“hieros”
 に由来すると思われます。というのも、この植物は儀式的魔術と関係が
 深いからです。豊かな霊性を備えていると考えられたヤロウは、寺院で
 大切に保護され、特別な畏敬の念をもってとり扱われました。血液に
 対する治癒効果から、血液によって運ばれる自我または本質、すなわち
 “生命の本質”に影響力をもつと見なされました。また、暗闇の力を
 克服し、慈悲の力を導き伝える能力があると考えられたことから、負の
 精力(エネルギー)や災厄から身を守るための魔除けとして用いられま
 した。さらに、愛のお守りになると信じられ、金星(ヴィーナス)に
 よって支配されると考えられました。(略)(同上 p.49)

ヤロウのフラワーエッセンスも、不死身の強さを教え、負の外敵から身を
守り、精神を保護してくれるという。

この小さな可憐な花のどこにそのような霊力、強さ、、、があるのか、わたしにはまだ感じ取れないが、この花の白さ --サンクチュアリの他の白い花のように透ける感じではなく、奥深くまでピュア・ピュア・スノーホワイト-- が鍵なのかもしれない。


因みに … ヤロウは食べられます。柔らかい鳥の羽か小動物のしっぽのような葉っぱを、細かく刻んで薬味にすると美味しいです。わたしが試して一番いけると想ったのは、細かく刻んだ葉をほんの少し納豆に入れること … なんて、上記のヤロウのロマンと、ちょっとイメージ違いますか?

yarrow-2









このページのトップへ

夏到来

昨日の『夏越の祓い』には出かけられなかったけれど、今朝(7月1日)近くの八坂神社まで歩いてお参りに行った。

yasaka-7

つくばは都市化が急速に進んでいるが、この辺りにはまだ畑が残り、広い大きな地元の田舎家が続き、大樹たちも残されて夏の青々とした葉を陽光の輝く青空に広げている。空気は湯気のように熱いが、それでも一陣の風が吹くと汗が乾いて気持ち良い。

そんな暑さの中なのに、神社内はちょっとした人だかり -- しかも、黒の礼服に … 何と白無垢の花嫁! しかも、暑さなど存在しないがごとく幸せそうな人々!!-- 婚儀の後の記念撮影が賑やかに行われているところだった。

気がつくと、神社の傍らに寄せられている車数台のナンバーに目が止まった。福島の「いわき」ナンバーだった … つくばの昔ながらの小さな神社とどのような繋がりを持っていらっしゃるのか、晴れやかな新郎新婦の顔、嬉しそうな両親と思しき方々の顔、はしゃぐ親族の方々、に何となくこちらもほっとして嬉しく、こっそりと祝福の祈りを送った。

写真がなかなかとり終わらず、専属のカメラレディがこちらを詫びるように気にされているため、ゆっくりと境内裏を散歩する。鹿島神社、八幡神社などの摂社があり、大きく勢い良く伸びた数本の木が清々しい。御神木というほどの木はいなかったが、生命力ある木々のスピリットが笑いかけていた(こういうとき、写真をとると、白い光が映ることが多い)。

yasaka-9


震災のショック、放射能汚染に対する--確実に歴史的に(そして個人的にも人生に)深く刻み込まれた--痛恨と落ち込み … そして身近な人々や、社会の情勢も確実に変化した。意識のある方々は目をそらさず耳を澄ませ何らかの行動に向かっているし、一方、ますますの荒廃や閉塞感や無力感の混沌に深く巻き込まれていこうとする人々もいる。大祓するこの半年のことどころか、その半分のここ三カ月のことだ。

自分はどちらに向かうのか--

大好きな小鳥たち、木々、森、水、風、草原、太陽、青い空、遠い山々の稜線、雲や虹の描くファンタジー。


すべてを確実に連れて、ちゃんと歩いていこう。






このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2011年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links