FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

立春の光 2

… 冬の樹の芽が、いつのまにか膨らんでいますね!

fuyunoki



bird sanctuary の前にある貯水池は、震災で堤防ごと壊れ、この冬は大規模な工事がなされていました。昨年は12月頃から3月まで白鳥が飛来し、sanctuary を訪れてくださる方々も感動していらっしゃっり、わたしも幾度か、白鳥に炭水化物系の自然派のお菓子などを差し上げたりしました。でも、今年は -- 

と溜息をついていたのですが、高速のICを下りてからかの地に向かう途中の貯水池で、7~8羽の白鳥の群れを見ました。

-- ああ、来てくれた、ようやく、です! 

赤信号で車が停止している数秒のことでしたが、その白い姿が胸の中にさっと飛び込んできた嬉しさと言ったらありません! 

-- 良かった! ここの池は無事で。

白い姿の白鳥ばかりでしたから、子どもや若鳥はいなかったようです。でも、その池は、昨年の冬から変わっておらず、(人が餌やりをする場所はありませんが、逆にフェンスがあって危険なものが忍び込むこともなさそうで)、きっと彼らは大丈夫です。


   北の空から飛来する、白い豊かな大きな鳥

   地上の水と、天空とを繋ぐ、美しい生きものよ

   わたしたちに、空の青さを、天上の光を教えておくれ

   染まらぬ白い色の意味を、長い飛翔でとらえてきたことを、

   水面(みなも)に描いて伝えておくれ



白鳥と水面を見るとき、誰しも、(少なくとも少しは)そのこころにこの鳥の白い姿と鏡のような水の深みを映し取るのではないでしょうか。


… 来年の冬も、そのまた次の冬も、この地に白鳥たちが飛来して、羽を休めてくれることを、わたしは信じています。(願う、祈る、想う、信ずる、感ずる … どの言葉で表現しようかと想いましたが、白鳥の群れを見た後では、「信ずる」が一番ぴったりなような気がしました)。





   


   

   
このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

01月 « 2012年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links