FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

春は賑やか

akahara
 (アカハラ K氏撮影)


大移動や人間の心機一転といった大騒ぎをよそに、春は賑やかです。

引っ越しが始まったころ、bird sanctuary では、モンキチョウがひらひらと舞い始めました。ここは水をよく含む土地なので、セリなど、彼らの好む野草が芽生え始めたに違いありません(セリや蕗、タケノコなど、人間の食卓をにぎやかにしてくれる野草・山草もあるのですが、今年はこのあたりのシイタケの出荷停止、タケノコも茨城全体が危ないと聞き -- 皆様と山菜のてんぷらを囲んで笑顔になれるのはいつのことかと思います)。

庭にはヒヤシンス、山草ガーデンにはトウキ、ショウジョウバカマ、ヒメオドリコソウが咲き、ムスカリや雪柳が咲き、ヤマルリソウやカンアオイ、そしてタンポポ。鉢植えでもクロミノウグイスカズラ(=ハスカップ)が初めて花をつけてくれました。それから水仙と山吹、ハマヒサカキの花。今日は庭に勿忘草を見つけたと思ったら、庭のあちこちに増えていてご機嫌でした。鹿の子ユリなど園芸種も、土地と相性の良かったものは生き残り、増えていってくれています。そしてサンクチュアリを手伝ってくださるIさまから頂き、(池が思うようにならないので)バケツで育てているミツマタの美しい花も初めて開きました!

kusaboke
 (クサボケ K氏撮影)

毎朝、キョロン キョロン ツリリー というアカハラの鳴き声が聴こえてきます。シジュウカラやエナガ、キジバト、ヒヨドリ、メジロ、アオジ、ウグイス ・・・ コジュケイの大きな声で目覚め、驚きましたが、野鳥たちのエサ台にと誂えておいた台の上の雑穀やヒマワリの種が下に落ちた途端、西側の暗い竹林で泣いていた小綬鶏(コジュケイ)がやってきて、食べて鳴いてみせたようです。

一月にはこわごわ置いた果物(ミカン、リンゴなど)ですが、わたしの愛車シルフが到着するたび、ヒヨドリが「ギャー (ミカンだ!) ギャー(ミカンが来た!)」と鳴きながら寄ってくるようになり、文鳥のアーパス君やミーミルちゃんの御飯の残りを出すとその途端、雀さんとキジバトが舞い降りてきて-- 今では常連のヒヨドリ君とは1mの距離、キジバトはもっと近づいても平気らしく、すっかり慣れられてしまいました。

-- 鳥さんたちや植物たちの気持ちに少しでも近づけるよう ・・・ これから身もこころももっと整えましょう。




このページのトップへ

鳥さんたち・植物たちの大移動 ~2~

・・・やはり、大移動はそんなに甘くなかったです。

引っ越し当日は、プロの業者さんが沢山いらして、並みのスピードでない、手慣れたチームプレーで梱包、荷造り、搬送、設置と進めてくだいましたが、初めての経験の上、まったく勝手がわからず、結局わたしはウロウロ、オロオロ -- 邪魔にならないように努めるのが精いっぱいで、それでも敏速な「指示」(どれが必要、どれはどの部屋に運ぶ、トラブル対応など)が必要で、最後は限界を超えて意識朦朧となっていました。しかも、家具を運び出すたび、埃や汚れで自己嫌悪・自己否定 ・・・ 後でいろいろな方に「20年こんなところに住んだのだから」と慰められましたが、自分の20年間の穢れを見るようで ・・・ つらいけれどいい経験でした。

荷物が出て行ったお部屋は、ひどく頭痛がしました。

結局、もともと換気が悪く、隣近所と壁一つの割には全く無味乾燥な関係しかなく、共有の部分も汚れてすさんだ場所でしたが、生きものたちや神棚やいろんなものにしっかりと守られていたのだな、とはっきりと見て取ることができました。

沢山の荷物と共に、bird sanctuary の地に移り、この地で祀っていた氏神様(サンクチュアリのある場所の山頂にある神様)のお札を右に、そしてつくばから同行していただいた天照皇大神宮のお札を真ん中に、そしてこのお札をいただいた大好きな大洗磯前神社のお札を左に並べました。その他、ご縁をいただいたものを整えると -- 不思議なのですけれど、何かがとてもぴたっとはまったような -- あるべきところに何もかもが落ち着いたような感じがして、これまで以上に何かが整いました。やはり、つくばからここに移り、何もかもを統合する定めだったのかしら、とふと感じました。


shizu-anzunoki
 (杏の花 K氏撮影)


業者さんがてきぱきと詰めてくれて、サンクチュアリの古家の積み上げてくださった段ボール箱は ・・・ 何と98箱!!! 特定の場所にあったものを仕分けしているため、一つ一つの中身は数が少なく軽いのですが ・・・ 何だ何だこの量は!! yogaで「知足」(=足るを知ること)をうたってきたわたしには、恥ずかしい限りです。

その片づけもままならないまま、新しい場所に文鳥さんたちや救護中の野鳥さんたちを残したまま、今度はつくばの公務員宿舎の片づけと掃除です。こちらも、20年間住んでいたため、清掃も補修も甘くはありませんでした!恥) 最後になって力強い助っ人に助けられたものの、補修も掃除もどれだけ入念に時間をかけても、なかなか思う様にはなりません。環境に配慮した洗剤なクリーニンググッズを、掃除で手のしびれがひどくなると、薬局等に探しに行くのですが、普段は小鳥たちに薬剤を吸わせないようにとぞうきん水拭き中心だったわたしには、手に負えませんでした。連日、サンクチュアリの現地から早朝、つくばへと高速で逆方向の往復です。

本日やっと、その掃除と引渡し、事務処理が終わり ・・・ 沢山の清掃道具を積んで戻ってきて、明日からはサンクチュアリの仕事に入る -- といいたいところですが、過労も度を越えているので多分、まず鳥さんたちや自分の健康回復から積み上げていく必要がありそうです。

つくばでの最後(といっても、yogaや気功の練習のため毎週通います)、宿舎の管理人さんに鍵をお渡ししたとき、「ああ、もう帰る場所はサンクチュアリの地しかないんだ」と改めて感じました。山桜の花が咲き、すべての樹木たちがむず痒いモーブ色からみずみずしい新緑に変わり始めている里山を目に、往復しながら、何とも言えない感慨が押し寄せてきました。本当に次の段階に進む -- 後ろに進もうとしても、もう、かかとの後ろから、足を置く場所は全くありません!




このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

03月 « 2012年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links