FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

green curtain

「グリーン・カーテン」は今でこそ、どこででも耳にする用語となってきました。日のよく当たる窓辺などの外に、多くは支柱を立ててネットを張り、つる性植物を這わせて夏の強い日差しを遮ります。

実際に、地方でも都会でも、ちょっと歩けば庭や窓辺で試みられているのを目にすることができる、当たり前の光景となっています。

もう、全く珍しさはないと言っても言い過ぎではないと思うのですが -- でも、それでも、この‘緑のカーテン’は、とても素晴らしく、幾度見ても美しくて見飽きることがありません。



「渋谷Hikarieでもらいました」とゴーヤの種を送っていただきました。いつもお世話になっている気功の大先輩です。Hikarie はちょっとばかり憧れで、いちどは行ってみたいけれどその機会はなく、そんなお洒落な場所のお洒落なゴーヤ??と気後れしながら種を蒔きました。野菜の育たぬこの土地でも、この春、スナップエンドウの栽培に成功したのに気を良くして、種からの栽培、ゆくゆくは自家採取を目指しています。

頂いたのは7月を過ぎてからで -- ちょっと遅いかなと思いながらも、 

goya1

健やかに発芽しました。7月末にはきれいな本葉が柔らかく開いています。


goya2

すぐさま、昨年、Iさまが支柱を立ててくださった西側の窓辺近くに植えます。この窓辺に台所(西南に窓)
があるのですが、台所というのに夏は朝から、暑い、暑い、朝早くでも35度を下りません。

左の可愛い苗が、種から育てたもの、右側がIさまが届けてくださったやや大きいゴーヤ苗です。


goya3

8月に入っても、成長が悪く、「種蒔き、植付けと時期が遅すぎたかしら」とがっかりしていたのですが、8月末となり、ゴーヤたちはネットを覆い尽くす感じで葉を茂らせています。蕾も花も、蔓も可愛く、葉っぱは何と瑞々しいこと! 外で水を上げながら、飽かず眺めてしまいます。(水遣りの時に、根元にたっぷり水を撒いた後、葉っぱや、窓辺に立てかけてある‘よしず’にも水をかけると、水分が蒸発して、台所の熱気が取れます。) 傍らに立つと、かすかにゴーヤ特有の香りがします(慣れると、好きになります。)


goya4

そして、これです! 見てください。

部屋側(洗濯・脱衣所)の窓からのぞいた、(内側からの)グリーン・カーテン -- この緑が、わたしは、とても、とても好きです。

もともと、木漏れ日が大好きなのですが、グリーン・カーテン越しに見る夏の日差しも、風で葉っぱがそよぐ風情も、とても、いい感じです。家の窓一面が緑に映るということが、こんなに幸せな気分になれることだと、想像はできたけれど、想像以上でした。



goya5

一昨日、昨日、今日と、可愛い実りも頂きました。

独特の香り、微かな苦みはありますが、薄く切ると生でも美味しくいただけます。



… すでに採り忘れた実が、黄色に熟れて、ぱっかりと割れて、真っ赤な種をのぞかせています。

この実は、鳥たちの好物でもあるそうです(まだ、食べに来ているのを見たことはない。家に近すぎて、警戒しているのかもしれませんが。)。幾つかの実をそのまま成熟させて、鳥たちが食べなかった分の種は、来年の green curtain を育てるために、大切にとっておきましょう。





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

08月 « 2013年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links