FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

西にやってきました!

nishi1
 (もう神戸に近い、大阪近郊の駅の空)

sanctuaryから学会に赴くために東京に来てから、とんでも無い呪いの渦に??巻き込まれています。

発表練習中にPCは完全に壊れるわ、、、そして、今朝は東京駅の新幹線の改札口に入る直前に、久しぶりに履いたフォーマルな靴の底が抜けるわ、、、hahaha、、、

新幹線が到着して、乗り換えのために歩いていて、靴底は完全に離脱(涙)してしまいました。

その他諸々ありましたが、一方でこんなときは助けられる助けられる! 様々な人の温かな力を借りて、大阪のはずれの街で明日の発表に備えています。

かえって、何があっても怖じけずに、鳥たち、生き物たち、この地球で生命が繋がっていく本当に大切なことのためにだけ、向き合っていようと思います。



学会会場はすてきな場所、のはずですが、紅葉シーズンの最後にさしかかり、観光ラッシュが大変らしくて会場近くに宿泊場所がとれず、ホテルの候補を探してどんどん場所が遠くなり、結局、会場から電車で1時間以上もかかる、大阪の外れ ーー 神戸に近いくらいの ーー 場所に宿泊して明日に備えることになりました。

関西出身の方々には大変失礼な思い込みなのですが、その‘西の感じ’に何だかなじめそうもない感じがして、そのうえPC破損、靴底破損と重なったので、一時期もうだめかと感じました。が、代わりの靴を求め求めて、駅の近くの商店街まで何とか歩いたら、そこはきわめて活気あふれる関西の地元商店街! 「おおきに!」と笑顔が飛び交っていて、履きやすい靴と発表準備のために部屋にこもるための飲み物や食料ががっつりリーズナブルに待っていてくれました。

二度あることは三度ある、と今は見晴らしのよいところに出てきたばかりのプレーリードッグの気分?ですが、家族は「悪いことも『底をついた』」(靴底が抜けたので)と言っています。


大変な状況でも、世界はやっぱり美しいかも。

そして、大切なことを伝えるからには、それなりに伝える内容と伝える者の姿は共振していると想うので、ヨガや瞑想をして、よいエネルギーをまとって臨みたいと想います。



にし2
 (宿泊した16階の部屋からの眺めは180度以上の
 パノラマ絶景。西の街の広がりとそれを取り巻く
 山の峰が深呼吸するように見渡せます。)


よし!!

何があっても、明日はやってやる。












このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

10月 « 2014年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links