FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

ユウスゲ

水無月も終わりに近づいて、ユウスゲの花が一夕おきに開いています。

夕暮れとなって開くこの花は、希望の灯みたいで、その温かくほど良い陽のいろを両手に包みこみたくなります。

ユリ科のこの花の香りが大好きで、絶やさないよう鉢植えにしています。
瑞々しい、胸の底を揺らすような、清い優しい甘さです。

yusuge


夕暮れとなると、奥の竹林へと通ずるアーチの下の草の茂みから、タヌキが一匹現われます。草の中にほとんど隠れているのでよく見えないのですが、鼻筋のあたりから黒い顔をしているので、ちょっと大きくなった子ダヌキでしょう。

友達だったクロちゃんは、今年2月に現れたとき、ひどい疥癬にかかっていました。3月になってそのあまりのひどさに、野生動物に詳しい方々や尊敬するお医者様に相談しながら、どうすればいいのか悩みに悩み、決意してお薬を飲ませたりしました。

薬自体、症状によって結果としてどう出るかが難しく、試みた量は適切だっただろうと言っていただいたけれど …。 もうこれは本当に、できることなら何でもしたいけれど他にどうすればいいのか途方に暮れて(ネットで調べて、行政や動物病院の対応や、野生のタヌキを保護され助けられた方々のブログや、保護したなら連れていけるであろう病院なども探し)、クロちゃんが逃げない距離で幾たびか対話しましたが、(薬に賭ける以外に体力に追い打ちをかけずに保護して助けられる術や場所も見つからず)風に揺れる草の中で陽を浴びているクロちゃんを見かけた次の日、冷たい雨が降り続け、その日以降見かけなくなりました。

雨の中、傘を差してクロちゃんの名を呼び、夜は懐中電灯でねぐらのありそうな場所を歩いて名を呼びました。

あんなに辛そうだったのだから、できることなら陽を浴びていたあの時、もっと長いこと傍にいて、できたらギューッと抱きしめたかった。(ですが、野生動物としての野生の気ままさと尊厳を保ったまま、クロちゃんが現れなくなったことは、クロちゃんを護って下さる何かの意志かも知れない。)

その後もずっと、クロちゃんが現れるアーチの下に向かって、夕暮れ時になると「クロちゃん」と声をかけ、ほんの少しばかりのおやつをそっと置いていたのです。

―― 友だちがよくなって現れてくれることを願って。


今は、「クロちゃん」と呼ぶと、顔の黒い子タヌキさんがアーチの下から顔をのぞかせます。

タヌキは、冬になると何匹も現れる日がありますし、この地で子タヌキは何匹も見かけました。ですが、ヒトが声をかけたのを聴いてくれて、「何?」とそっと反応してくれるタヌキは、これまでに最初出逢った男の子とシロちゃんとクロちゃん、そしてこの子タヌキだけです。

子タヌキはクロちゃんではない ―― というのが現実的な人の見方だと想いますが、クロちゃんは何らかの形でわたしが独りにならないようにしてくれているのではないか … と感じてしまいます。






このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

05月 « 2016年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links