hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

ジョウビちゃん

昨年秋、待っていたジョウ君はついに渡ってこなかったけれど、新たに女の子のジョウビタキがやってきました。このジョウビちゃんは、最初、台所の窓の下(勝手口のドアのすぐとなり)をねぐらにしていて、そのため、都心との往復で深夜や早朝に勝手口を使うわたしは、眠っていた彼女を二、三度驚かせて飛び立たせてしまって、申し訳なさでいっぱいでした(震災後、玄関は鍵が壊れてしまっているのです)。

この出入りや、台所の電気をつけたり消したりで、せっかく気に入った場所の邪魔をしてしまって、仲良くなれるかなあ、と気にしていました。ジョウビちゃんにはわたしの出入りは落ち着かなかったらしく、その後ねぐらは家の北側の庭園奥の野薔薇や枇杷の樹の茂みの辺りに変えたようです。

そして、年末年始、ようやく仲良しになれました。

joubichan1
 (おうち型の餌台の上にとまっているのが、
 ジョウビちゃん)


ジョウ君に比べて、雌は目立たないので、彼女が黙っているとすぐには見つけることができません。ですが、時折「チャチャ チャチャ」と地鳴きをします。そうすると、わたしはその「チャチャ チャチャ」の物まねと、「ジョウちゃん」という呼び声で答えます。なので、今ではわたしに「チャチャ」で話しかけるようです。

厳寒期で食べものが一番少ない頃となり、最近は、「チャチャ チャチャ」と呼びかけられることが多くなりました。この声を聴くと、わたしがいそいそと彼女のご飯を出すからです。(勿論、レストランの運営は、人が出す餌に依存しすぎて可哀想なことにならないよう、気を付けております。) 今年は、ライバルが多く、わたしがその場にいないと、シロハラ、ヒヨドリ、モズにご飯をさらわれるようです。モズだと危ないので、彼女の食事中、見守っているのですが、彼女にはそれが分かるらしく、最初はわたしが遠くから見守り、彼女もきょろきょろしながら食べていましたが、今では(わたしを盾にして?)ごく近くで平気で食事をするようになりました。

一昨日あたりからは、玄関を出たり南側で作業をしていると、そちら側でわたしを既に待っています。家の東側、ベランダの近くに立ち寄って様子を見ているようです。家にいるときは一日三回、レストランの点検に行きますが、いつご飯を出すかわたしを注意深く見ているスズメの群れと同じように、ジョウビちゃんもさっそく学んだようです。「チャチャ」と催促されてしまいます。ジョウビタキは冬の間はたった一人で生活するので、群れ行動をする鳥たちよりも危険も多く大変だとおもいますが、うちのジョウビちゃんはかなり頭が良いようです。

joubichan2





このページのトップへ

黄金色の香り

toukibi

 (3日の今日は、こんな素敵な唐黍を
 野鳥たちにプレゼント!)


(論文が煮詰まっていて他のことがままなりませんが、)初山仕事に、今朝は千両の苗木を植えました。
穴を掘ったら、沢山の瓦礫が登場しましたが、そこをふかふかの土に替えて注意深く苗木を植えます。紅い実をつけてくれる来年を楽しみに ―― とても可愛い苗で、日陰でも健気に育ってくれます(センリョウ科センリョウ属)。土の凍る時期なので、この後沢山の落ち葉を寄せておきました。

senryo


これまでお正月の花として水仙の写真を見ていただいていましたが、この冬は、寒いのか、まだ蕾が小さい状態です。その代わり、昨年25日過ぎあたりから、蠟梅の花が得も言われぬ芳しい香りを漂わせて開いています(ロウバイ科ロウバイ属)。(元旦にupしたかったのですが、接写がうまく行かず、今日になってようやくピンボケでない写真が撮れました。)

roubai

まだ1メートル少しの高さで、一つ二つの花が開いているので、かがんで花に近づかないとこの素晴らしい香りを感ずることはできません。それでも何はともあれ瞬時に至福の境地に至れるほど素晴らしい香りです! 何度も出ていっては、かがんでうっとりしています。黄金の小さな春が灯りました。

今晩あと少しで流星群が見られるそうです(23時頃)。

凍えそうな寒さですが、少しだけ外に出て一緒に宇宙を感じてみませんか。
どうぞ温かく着込んでいらして下さい。
(見逃された方、明日深夜もチャンスがあるようです。)









このページのトップへ

生命の wreath

kibino-ho

 (正月二日は、野鳥たちに
 自然に育てられた黍の穂を
 贈ります!)

毎年話題にするお正月のお飾りですが、昨年暮れに近隣のスーパーマーケットに大量に売られているお飾りを目にしました。この辺りで売られている飾りは、売られる先から、三が日が過ぎたらゴミ箱直行であろうと想像できてしまい、さらには不燃の有害ごみとなるものも多く含まれていました。やはり今年も手作りすることに ――。

昨年までは、小さな飾りの輪(藁で編んだもの)をホームセンターで手に入れて、そこに木の実や蜜柑や水晶を飾ったのでしたが、ことしは輪っかから手づくりです! 決め手は藁! ―― 何と何とこのために、水戸の先輩から頂いた納豆の入った藁苞をほどいて(勿論納豆は美味しく戴いて)、藁をよく洗い、縁側で陽に当ててよく干して準備していました。納豆の粘りを取るだけでなく、納豆菌も陽光で消毒 ―― 普段はそうして、植えたばかりの植物たちの霜よけのための敷き藁として利用します ―― 更には、新年に相応しい凛とした気合の元に、輪に編みました。大変に不器用ですが、日頃から、癖ッ毛の三つ編みや編込みで(自分の 笑)苦労しているから、感覚で編んでいけます。

okazari1


今年は、野鳥たちへのお正月のお振る舞い用の燕麦の穂、黍の穂、唐黍の穂と、紅蜜柑を飾りにしました。毎年、この飾り輪の蜜柑はすぐに食べられてしまう(誰に …?)ので、今年は全て食べられるものへ!! 

それほど手がかからずに、心からの命への祝福の飾りができました。野鳥たちの食べ残しも、藁をまとめる輪ゴムとリサイクルの針金以外は、土に還ります。幸運を呼ぶ、希望や祈りを繋ぐ、という wreath 本来の意味に沿い、sanctuary の希求に叶う、お正月のおめかしができました。


okazari2


一番凍え、一番飢える、後1~2カ月、食べものが少しでも皆に行き渡りますように!


tengu-natto
 (こちらが貫録の納豆です。)




このページのトップへ

光の華

2017


明けましておめでとうございます。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年が皆様にとって善き一年、真理の歩みの中で、沢山の美しさに出逢える年となりますように!!


enbaku
 (野鳥たちへのお祝いに、今朝は
 自然に栽培された燕麦の穂を
 プレゼント!)


優しい光が生きるもの全てにどうか降り注ぎますように!


oiwai
 (昨年暮れに、水戸のA先輩のところに
  お邪魔して、つきたての御餅一枚、そして
  笠間 稲里のにごり酒を頂いて参りました。
  
  「道業(どうぎょう)を成(じょう)ぜんが為めに
  当(まさ)に此(こ)の食(じき)を受(う)くべし」
  -- 毎食前に唱える「五観文」の一つに照らして、
  これだけのご馳走で年を迎える準備ができているかと
 問えば今は心もとないですが … 贅沢にお正月を
 迎えられ、感謝です。)





 
 
このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

12月 « 2017年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links