hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

2017 春分・種

皆様、今朝の春陽を浴びられましたか。

equinox1


旧暦新年あたりから、天からの陽射しがすっと届くようになり、今日は昼と夜、光と闇が等分となって、均衡をとっています。

春休みの bird sanctuary には、時折素敵な方が訪れて下さって、これから未来に向けて、とか、今世の集大成となるお仕事に向けて、とか、根本にかかわる大切なお話のご相伴をさせていただくことが多くなっています。本年の念頭に、今年は「生命のおおもと(根源)」や「(多様なものが各々自由に素のままに輝くような)調和」をテーマに過ごしたいなあ、と願ったからかもしれません。野鳥をはじめとする命あるものたちが、これからもわたしたちと共に健やかに生きてゆける未来を想うと、現社会情勢やわたしたちを取り囲む集合意識の現状は、とても切迫して厳しいです。でも、この地で感じ取る祈りのベクトルは、静かに揺るがず希望に向かっています。

光と闇の精妙な均衡をとりながら、それを昇華させ透き通っていくところにある何か ――

この春分の鍵は、わたしにとって、「種(たね)」!

現実的にも、比喩的にも、種です。

今朝一番の仕事は、

seed1


マリアアザミ(ミルクシスル、オオアザミ)の種を蒔くことと決めていました。マリアアザミ(キク科)は、西洋の薬草で、肝臓の特効薬です。わたしは肝臓がちょっと弱いので、いつか自分の居場所で自然の力に必要なだけ助けてもらうことができるよう、探して種を求めました。若い葉や蕾は食用にもなります。

この地で5年、少しでも自給自足をと野菜を色々育ててみましたが、地植えはほぼ、南瓜さん以外は収穫なし(涙)、ポットに植えた苗たちも青々茂ったりはするのですが、食べられるまでの収穫には届きません。育てるのは楽しいですが、野菜の栽培技術の幾つか ―― 例えばトマトなど摘芯して芽を誘導して、葉を茂らせずに水もあげずにして実をつけさせる、など ―― は苦手で、葉っぱが茂るだけなのです。水菜や春菊に花が咲いたり、大根が引きぬけないまま花が咲いたり、すくすく育ってくれても(育ってくれたがために)、ちゃんと収穫するぞという根性がなくて、真面目に農業をするには自分がお話にならぬほど甘いことをおもい知ります。それでも、健気に命を繋いでくれたキュウリや唐辛子やエンドウ豆の、種とりは好きです。

野菜が育つ土地にはなっていませんが、そのような場所に育ってくれたのが薬草・ハーブで、昨年くらいから色んな種類の薬草たちと暮らしています。こちらは、ほとんどが原種に近くて適応力があるのか、生き残ってくれるものがあります。野菜よりも無農薬無肥料で元気だし、その恵みは少しずつ頂けて奥が深いし、何より素晴らしいエネルギーの植物たちです。

ミシェル・ファントン、ジュード・ファントン『自家採取ハンドブック』(現代書館)や自然農法国際研究開発センター『自家採取コツのコツ』(農文協)で種の発芽させ方を勉強して、野菜やお花の種を蒔いてみるけれど、F1種のものは次に繋ぐのが難しく、在来種の種を頑張って探しても、種蒔きして命を繋げるかというと、依然力不足です。でも薬草やハーブは、こぼれ種でも、折れた小枝を差し芽するだけでも、どんどん増えて、命を繋いでいってくれます。こうして薬草たちを相手に、‘植物の声を聴く’ことをもう少し学んで、聞き耳頭巾ができたら、少しずつ野菜たちとも響き合っていきたいです。(最近新たに、岡本よりたか『野菜は小さい方を選びなさい』(フォレスト出版)、高橋一也『古来種野菜を食べてください』(晶文社)を読みました。もし、ここで、少しずつでも、santuary に適応してくれた在来種の野菜の種が、毎年毎年、自分で命を育むようになってくれて、協力して共に生きていけたら、どんなに嬉しいでしょう。)


種、は象徴としても、想います。

そこから育ってゆく何か、育ってほしい何か ――

循環の中で命が次に残してゆく命の核のようなもの、わたしたちが生きていることの実り、世界の起源、大本から差し伸べられる一つ一つの仏性、はじまりを包むおわりとおわりの中のはじまり、等 ――

そのことは、もう少し進めてみないと、何も表現できないのですが ―― 

どんな時にも、どんな場所でも、なるべく根源のところと繋がって ―― 根源のところの「目」、根源のところの「感覚」で、観て、感じて、存在していたい。今は、できることから行動し、大切なことを表現したいから、その根源と繋がったところから、ありったけの行動をしたり、表現をしたい ―― と、いうあたりで、「種」というのは掴みきれないのですが、希望の源泉であるような気がしています。(← 何を書いているのでしょうか。済みません、自分でもわかっていません。)


昨年後半あたりから、発信するということについて焦点が定まらなくて ―― このブログも、それを引きずって、何だか書けなくて、申し訳ありません! ブログでは、色んな「種」を丁寧に蒔いていけたらと望み、力が追いついていなかったことに気づきました。まずは肩の力を抜いて、駄目なところからでも続けます(済みません)。

equinox2


春分を起点に、光は一層濃くなり、種は柔らかい根を伸ばしてゆきます。

equinox3
 (土地とご縁があってすぐ、助けるために
 遠方からいらして下さった先生方と先輩方、
 大事な仲間の方々が植樹してくださった
 スダジイの木。土地の水はけの悪さや栄養不足に負けて
 一時はどうなることかと心配しましたが、無事に
 成長してくれました。今日の光を一杯に浴びています。)




貴方にとってこの起点からの時間が豊かなものとなってゆきますように!






このページのトップへ

マヌカさん

冬の間、ひそやかな大切な、いつも気に掛けてしまう友は、マヌカさんでした。

マヌカは、薬効の高いその蜂蜜でご存じの方も多いと思いますが、ニュージーランド由来のフトモモ科の低木です。薬草好きの方は、ハーブとして、またアロマテラピーの精油として、また抗菌・抗ウイルス作用の強いオイルとしてもご存じかもしれません。近縁の薬木にティートリーがあります。マヌカは、ニュージーランドのティートリーと言われます。

ニュージーランドにはマヌカの広大な森があるそうです。マヌカの木は、高山、海際、活火山地帯など、養分の少ない土壌にも根を広げて生育します。低く耐久性のあるマヌカの木は、マオリ族の間でKahikatoaと呼ばれ、神聖な木であると考えられています。マヌカオイルの持つ精神に対する作用は、表現できないほど優れています。

こんな素敵な植物ですが、これは ―― マヌカの木のそばに来られた方、触れてくださる方にしかわからないと思いますが ―― 蜂蜜やオイルだけでなく、‘木そのもの’が本当に心地いいのです! 生き生きと育っているマヌカさん、光を浴びているマヌカさんは、瑞々しく柔らかく緑に輝いていて、周囲の空間までも綺麗な緑(今地球にとても必要な色!!)に煙らせる力があります。

ティートリーやマヌカさんは、傍に寄り添っていたいと感じる不思議な何かがあって、わたしはずっと大好きです。 ―― が、育て方が難しくて(耐寒性がなかったり、必要とするお水の供し方がわからなかったり)実は可哀想なことに、大切にしたにもかかわらず、二、三度失敗してしまいました。‘植物の声を聴く’ことができなかったのです。

マヌカさんともう一度暮らしたくて、昨年の秋、一鉢をお迎えしました。寒さに弱く、「水切れも駄目、でも根腐れも駄目」の加減も分からなく、sanctuary と都心との行き来の際、常に一緒でした。文鳥の apas 君とマヌカさんがいつも一緒だったのです。それどころか、sactuary では家の中もかなり寒いので、文鳥の apas 君もマヌカさんもわたしも、一部屋を温かくしていつも一緒に眠っていました。夜眠る枕元に、マヌカさんもいつもいたのです。

初めて、マヌカさんと健やかに暮らせています。

それどころか ……


マヌカ1

マヌカ2

マヌカ3
 (K氏撮影)

まだ小ぶり、37㎝の小木だというのに、12月末あたりの一番寒くなる頃から幾つにも分かれた小枝に無数の蕾をつけてくれてこんな可愛いお花を咲かせてくれました。


冬の、厳しい、お花の途絶えた数か月、昼間は家の中の日だまりに、夜は枕元に、マヌカさんのお花は微笑んでいてくれました。

今も、まだまだ咲いてくれています。

大切に思う気持ちの、その何倍もの気持ちを、マヌカさんは返してくれています。





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

02月 « 2017年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links