FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

微笑み

オオイヌフグリ

オオイヌフグリの花(オオバコ科クワガタソウ属)が咲きました。

毎冬、越冬している花蜂や花アブのために(なるべく農薬を浴びていない)菫やヴィオラ、プリムラ、ストックのお花を植えています。新鮮なその香りをヒトも楽しめていたのですが、この冬は"子どもギャング"のようなヒヨドリ数羽のグループに、全てのお花を食べられてしまいました。まず、ブロッコリーの葉っぱを食べ尽し、次いでカリフラワーや芽キャベツの葉、青梗菜の葉、そして急遽買ってきた葉ボタンの葉も … それでも、よっぽど食べ物がないのか、お花が狙われました。朝になると玄関先に、このグループが現れています。どうも、常駐しているヒヨドリさんたちではなく、どこからか渡ってきた、めっぽうお腹をすかせた鳥たちです。bird sanctuary なので、まあ良しとして、それでも咲き始めたスノードロップや、球根から育てたヒヤシンスの新芽も狙われているのは、ちょっと困っています。それだけ、今年の冬の寒さは厳しいようです。

… が、野のお花オオイヌフグリが咲いてくれて、何だかほっとしました。

オオイヌフグリは、ちょっと可哀想な日本名をもらってはいますが、花言葉は「信頼」「神聖」「清らか」「忠実」。ヨーロッパが原産で、「星の瞳」「 瑠璃唐草」「天人唐草」という別名を持っています。

ありきたりの表現ですが、わたしは、この小さなお花が明るい青い空を映し出して微笑んでいるように感じます。

まだ霜の降りる寒さの中、野の花の健気さを一等愛しく感じる出逢いです。







このページのトップへ

野鳥 restaurant

タヌキちゃんのことでは、暖かなお言葉やご配慮、ありがとうございました。今年の厳しい寒さを野生の生きものがしのげるようにご助言を賜ったり、「鳥さんたちと食べてください!」と、自然に育った新鮮な林檎や健康的な柑橘類、その他食べるものの差し入れを賜り、感謝の気持ちで頭が上がりません。本当にありがとうございます。

確かに、今年の冬の寒さは厳しかったです。


restaurant1
restaurant2
restaurant3
restaurant4


毎日、3~4回のレストランタイム、敷地内を循環して、待っている野鳥たちに食事を出します。

何だか、この厳しい寒さを一緒に寄り添って生きている感じになってきます -- しもやけはできるものの、わたしには、ストーブも暖かな布団もあって、申し訳ないのですが。

朝、目覚めると外で鳴く鳥たちの声。雨戸を開けるともう待っています。食事を出す時間はほぼ決めていますが、時間通りに集まってきますし、ややずれたとしても、家の中にいるわたしの挙動(?)によって「もう出るかな?」と騒ぎ出します。

ジョウビタキ君は、外の仕事をしていると後を追いかけてきて、「食べたいよ!」と伝えてきます。このジョウビタキ君に加え、今年は、ヤマガラさん3羽が常連となり、そのヤマガラさんたちにつられて、シジュウカラやコゲラもやってきます。また、時折レストランにシロハラが顔を出すようになりました。ヒヨドリさんたちは、家の南側をテリトリーにしている個体と、北側のグループ(2羽)、東側のグループ(3羽ほど)がいます。北側の一羽が非常に人懐こいです。


kaikigesshoku

あの不思議な、神秘的な皆既月食に出逢うという体験ができて、


setsubun

節分を迎えることができ、キジバトさんたちを中心に、すべての命(「鬼」も含む)の幸せを願う豆まきをして、


risshun


立春を過ぎて、寒さの中にも陽光の明るさや優しさが感じられるようになりました。

明日は、鳥たちが初めて番う、というヴァレンタイン・デー -- 冬を必死に生き延びてきた彼らの様子にも、確かにほんの少し、日差しの輝きへの喜びが感じられるような気がします。






このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

01月 « 2018年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links