FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

アンタレス

ようやく少し涼しくなったと感じたら、また暑さがぶり返してきました。そんな暑さの在りように、お疲れが出てはいませんか? 

今年は、皐月ごろから真夏日があったため、猛暑が果てしなく続くように感じられているかもしれません。また、最高気温34度くらいの予報でも、実際には40度近い暑さを感じることも多くあったと思います。皆様から頂く暑中見舞いや残暑見舞いの言の葉にも「もうどうしようかと思う暑さ」「身の危険を感じる暑さ」「いつになく外出を控え」等々、厳しく感じられていることが案じられます。少し前にお邪魔した水戸の先輩のお宅でも、堪えかねたように「暑い!」の声が聴こえ、「しばらく休みます」との言葉を発されていました。

気象異常が続くことも、今後何年かで更に気温が上昇するという予報も、少し不安になりますね。

告白すると(*注)、先日涼しくなった数日の前夜、「もう暑いの終わりにしてください」とわたしも天に向かって言ってしまいました。

 注)学期中(先月まで)、授業でyogaをする大きな道場は、扇風機2台と外からの風だけなので、その場のわたしは「無理はしないで。でも暑さと戦うよりは、暑さと調和しながらからだに必要なことをしましょう」とエラソーニ涼しげな顔で言っておりました。(健康を高めることを目指しているので、無論、熱中症予防をはじめ、からだに害となることはしないようにしています。)yogaを始める前のわたしは、実を言うととても暑がりでした。頭でっかちでカチカチで、考え事や心配でいっぱいだったので、頭の熱が取れなかったのかもしれません。尊敬する師に「暑さと馴染む」心地よさを教えていただき、他の師に汗のかき方(「暑い時は汗をかくもの」「汗には効用がある」)を教わり、修練で汗だくになった後の心地よさも知ったので、授業でもそれを伝えられれば(過度にではないけれど)と思っていたのですが … (それでも7月の最後の2~3週は、生徒さんの具合を考え、冷房の効いた部屋に教室変更して講義にしようか、試験前なので緊張や肩こりや頭の凝りなどを軽くほぐして早めに終えるか、迷いました。)
 でもとにかく、暑さに文句は言えない立場なのです。・・・ すみません ・・・

天にお願いしてしまった途端、涼しくなったので、嬉しいような、これで良かったのか迷うような ――

季節が歩みを進めて、大好きな秋に近づくのは、とっても嬉しいですが、ようやくどんな季節でも馴染めるように、そして好きになれていたのに、季節の自然な進み方をそのまま信じて、不平なんて言わなけりゃよかったかしら、という気もしました。木を植えたり、エコなことでできることは最大限した上で、気象の変化が止められないのなら、今どのようなバランスが無理なく、心地よく、命の根源のレベルで良いのかしら …

なので、また暑くなって、これはこれで、どう馴染んでいくかな ―― と今日は慎重に季節と、そしてからだと、対話するようにしました。

朝夕は動いて、昼間はできるだけ安静にして ―― そんな生活のペースも季節に寄り添うようにできるようになったし、だけど日足はぐんぐん短くなっていくので、夕方たっぷりできた作業は前より急ぎ足です。


朝は、1週間ほど前から山雀たちが囀りながらやってくるようになりました。昨年から、家の北側の地で大きくなったエゴノキの実を、早くも確かめにやって来ています。エゴの実が食べられるようになるのは(彼らが食べ始めたのは)、葉月末、本格的な旬は長月なのですが、待ちかねているように、しっかり様子を見ています。きっと、少し高い山に避暑に行っていた子たちが、早くも降りてきて、これを頼りにしているのではないでしょうか。

コジュケイの雛たちも、少し大きくなって、「ピーッ」とか「キューッ」という叫び声の様な声に加え、「ピッポッポエー」(日本では「ちょっと来い」と聞きなします)という鳴き声で鳴けるようになったらしく、時に玄関前でこの声の大合唱が始まります。コジュケイの声は結構けたたましいので、この合唱が始まると、祭りばやしが始まったように賑やかです。

夕刻は今日の暑さでぐったりとしてしまっていた植物たちの水遣りに追われます。この夏は、ツルムラサキ、オクラ、モロヘイヤ(←うちでも必ず育ってくれる定番の3夏野菜)、賀茂ナス、キュウリ、ミニトマト、金時草、ワイルドロケット、バジル、(雑草化している)紫蘇、ゴ―ヤ、ディル、イタリアンパセリ、タイム、オレガノ、ディル、コリアンダー、ナスタチウム、等々が元気でいてくれます。おかげで、sanctuary 滞在中、食べる野菜を買わないで暮らせました。

野菜だけでなく、育てている苗木や野草たちも、今日は水を求めてぐったりとしていました。苗木たちはこの冬に植樹してもらえるか、ワクワクしているように見えます。野草たちも出番を待っています。この暑さの中次々と涼しげな青紫の花を開かせてくれる桔梗、そして園芸種だけれど台所窓のグリーンカーテンとなってくれている西洋朝顔(ヘブンリ―ブルー)が、そろそろ花芽をつけてくれないかしら、こちらも涼しげな天空の蒼の色です。


外に出ると、先にご紹介した子ダヌキちゃんたちが、訪れてくれます。4~5匹いた子たちがグループに分かれ、それぞれの外形的特徴も性格もはっきりしてきたようです。暗くなりかけの頃に白くてフワフワしたおとなしめの2匹が、奥のアーチの方から出てきてそっと顔をのぞかせます。それより早めの時間に、元気な茶色っぽい子と小さめの黒っぽい子が西側の荒れ地からすっ飛んでやってきて、ちょろちょろ纏わりついたり、玄関のあたりで待っていたりしています。黒っぽい子は、ちょっと寄り目で細い小さい顔で ―― フワフワの子たちのように‘ぬいぐるみ的可愛さ’ではなくて、ファニーフェイスで ―― 昔友達だった黒ちゃんを想わせます。

成長目覚ましいものの、まだほんの子どもで、これから更に育っていくにつれ、外の世界は厳しく、季節も移ろっていき ―― この子たち全員の無事と幸せを祈らずにいられません。


moonAug2018

moonAug2018-2


既にすぐに暮れてしまう夕空 ―― 月は、次の日曜の満月に向けて毎夕少しずつ太ってゆきます。そして、空が群青となると、夏のはじめと違って、浮き出るように姿を表す月も、星々も、冴え冴えと美しく空に映えます。


この夏、仲良しになったのは、ちょっと怖い、赤い星 ―― アンタレス。

火星の赤さとは全く別の、何か恐ろしさを感じる赤い色です。


antales1


アンタレスは、1.3等星で「火星の敵」(=アンチ・アレス。 アレスはギリシャ神話の戦いの神で、火星のこと。アンチ・アレスは火星に対するもの)という意味だそうです。両星が赤さを競い合うように輝くことがその由来だそうです。わたしはさそり座なのですが(しかも星占いで火星の影響が強いとのこと)、この星はさそり座の心臓の部分です。さそり、戦いの神、赤の戦い … とちょっと怖い方に想像が行ってしまいます。が、日本では「赤星」「豊年星」「酒酔い星」と呼ばれ、中国では「火(か)」「大火(たいか)」と言われているそうです。


最初に出逢った時、アンタレスは何だか不吉な星の様な気がしてしまいました。でも、何がそう感じさせるのだろう、不吉な印象ってラッキーシンボルの裏返しだし(わたしのラッキーナンバーは「13」ですが、わたしにとって本当にラッキーナンバーなのです!)… 等と思って、眺めている内に、毎夕「あ、こんばんは!」と挨拶するのが楽しみな星になりました。


antales2


あとしばらく、暑い日中は用心しながら、季節の楽しみを見つけながら無理せず暮らしましょうね。









このページのトップへ

魚が・飛ぶ

blueberries
 (毎朝、ほんのちょっとずつ実りを頂ける、
 blueberries)

夏の間、普段よりゆっくり sanctuary に逗留できるため、色々な触れあいが繊細にできるようになってきました。

そんな中、昨日はとても不思議な事件が -- 。

この夏も懲りずに蓮の御花を育てておりまして(まだ一度も花開いてくれるところまで漕ぎ着けていません(^-^;)、アーチの手前に、蓮やヒシやジュンサイ(←!)が育っている大きな水鉢が二つあるのです。あの大きな台風13号の後、その鉢の中を掃除しようとふと覗くと --

-- 何と、ほんとに小さいメダカが自然発生していました!(@_@。! 

仔メダカらしく細身で、高速スピードで、スーイ、スーイと水面を横断しています。しかも、数えられただけでも、三匹はいる。しかもしかも、二つの鉢、どちらにも三匹はいる。


medaka1

medaka2


どこから湧いた、いえ、降ってきた、いえ、飛んできたのだろう、この子たちは!!

これとは別に、玄関のところに、小さめの鉢二つ、甕一つがあり、蓮とヒシ、睡蓮(「Maria」という名前)、アサザが育っていて、それらにはホームセンターから連れてきたメダカさんたちが棲んでいます。(蓮育て、が色々うまくいかなくて<涙>、それでボーフラばかり増えてしまい<涙 涙>、メダカさんに援軍を頼み、だけどそのメダカさんを狙うヘビ<そして最近では、玄関前が気に入っているらしいカナヘビ君も疑っている>が居て、メダカさんがやられないように金網を被せると、蓮育てが更にうまく行かなくて<涙>、更にメダカさんたちも先住の子が今年の子をいじめるやらで<涙 涙 涙>、という(悪?)循環のうちに、鉢が増えてしまった 溜息)。 で、家とはちょっと離れたアーチの前に、「ここでなら、蓮に必要な陽当たりもいいし、もう、ボーフラも好きなだけ増えて頂戴!」と自分とは離して、メダカさん無しで蓮の鉢を置いたのですが --。

-- 卵から孵って3週間と推定(小宮輝之 『メダカのかいかた そだてかた』参照)のこの子たちは、どこからやってきたのでしょう? --

考えられるのは、(1)水草に付いてきた、(2)時折飛来するカワセミ、青鷺、カルガモなどの水鳥の脚に付いてきた、です。玄関前のメダカさんのためにヒシを購入したので、その時、ヒシの根のどこかに卵が付いていた、というのが最も自然な推理でしょう。以前にも、購入した蓮の根を入れてしばらくして、メダカの赤ちゃんが一匹、現れたことがありました。

ですが、片方の鉢にはヒシは植え込んでいないので、水鳥説もまだ捨てられません。実際に、里庭につくった池にメダカが自然発生したが、青鷺が運んできたらしいと推察されているケース(神保賢一郎、神保優子 『里庭ガーデニング 四季の生きものと暮らす庭つくり』)があります。水鳥がやってきたのだったら、その鳥さんが二つの鉢のどちらをも、交互に点検した、ということもあり得るでしょう。

新しくできた水たまり、ため池にメダカが自然発生するということは、不思議ですが時々耳にします。更にですね、メダカちゃんたちが水鉢を移動したのではないか、という事件(2013年「なぜっ」)が、現にこの sanctuary でもかつて勃発しました。鳥やら、アメンボやらの虫は、水があり、餌がありそうだな、とか、棲み処になりそうだな、という環境だと分かると、飛んでくることができます。

魚は ・・・・・ (飛べたとしたらどうでしょうか? いえ、誰も見ていないところで、飛ぶ術を使っていたり・していたり・していないでしょうか?)


はてさて、生きものたちとの触れ合いが繊細にできるようになって、ここ十日余り、飛び切り可愛い四匹の仔ダヌキも遊びに来ます。


tanuki1

tanuki2

どの子もまだ、黒っぽくて、ちょっと気弱そうな顔立ちをしています。でも、毎夕付き合ううちに、四匹の中ではやっぱり、前に前に出てくる仔、その子に甘えている二番目の仔、その二匹とちょっと距離を置いたおとなしくて賢そうな仔、一人だけ臆病でなかなか近寄れない仔と各々の個性が分かってきました。

この仔たち、先ほどの水鉢でお水を飲んでいるんですよね(メダカ、大丈夫か?) 

タヌキは、仲良しだった黒ちゃん、白ちゃんを始め、仲良くなるのは心温まるのですが、毎冬二月にこの地域のタヌキの多くが寒さと疥癬で亡くなっていったので、可愛らしさ、微笑ましさを感じながらも、わたしのこころはちょっとだけ複雑です。

彼らの野生の生活に介入し過ぎはしないようにして、それでも、どうすれば疥癬ダニが蔓延らないように環境を整えらえるのか、そして寒さをしのげるように環境を整えられないか、最終的には疥癬からどうすれば助けられるか、ほんの少しでもできることが分かるよう、光明を探っていきたいです(逆に、この sanctuary の環境を整えるにあたり、これらにマイナスにならないように、気を付けたいです。) まずは、ここをより健やかな自然環境にしていこう。





このページのトップへ

立秋

risshu2018
 (夕あかりの映る西空)

長引く暑さに圧倒されながらも、立秋となりました。

先週からようやく学期終了、心待ちにしていた bird sanctuary での夏休みの初日、ついに熱中症にかかってしまいました。熱帯夜の続く都心よりは涼しいはずで、朝夕は涼風を楽しめるはずが、日中の暑さの中で色々やりすぎたのがいけなかったようです。頭が熱くなって、熱が抜けないままでした。それも2~3日で回復し、八郷の気功の修練会で助けられて、ようやくおなかに力が戻ってきました。

まだまだ暑い日、台風などの影響による気象の変化が続きそうです。でも、一歩ずつ、季節は移ろってゆきます。


velgamot white
 (ベルガモット ホワイト)

red yarrow
 (レッド ヤロ-)

winter savory
 (初めて咲いたウィンターセイボリー)

日照りが強くて、植物たちも水揚げで精一杯なようですが、野生に近いハーブのお花は強いのか、薫り高く咲いてくれています。

花蜂、花アブが喜んでやって来ています。


皆様、夏負けされないように暑い時こそ身心を細やかに養ってくださいね。

夕暮れが日増しに透き通るようになってきています。






このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

07月 « 2018年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links