FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

金色の場所

都心に赴き、素敵な方々と紡ぐ時間を楽しみにしていたのだけれど -- 


kinmokusei2018a


sanctuary アプローチに佇む大きな金木犀の樹が、本当に素早く蕾をつけて良い香りを漂わせ始めたので --

長い、暑い夏を持ち堪えて、沢山の蕾をつけ --

例えようもなく新鮮な、神秘的な香(開いた後は甘いですが、蕾のころの香りはちょっと別次元なのです)を大気中に放ってくれているこのとき 

今、ここを去るのはあまりに申し訳なくて --


木の下で、長いこと迷いました。

そして、後ろ髪をひかれながら出発しました。


六日後、明け方、戻ってきて、


kinmokusei2018b


朝の光が差し始めた、アプローチを通ると、
可愛い小花のオレンジの絨毯になっていました。

惜しみなく咲いた花は、まだ枝々に微笑んで、
満開の、黄金色の花々と、透き通る甘い香りが、
ここの空気全体を満たしていました。

-- 待っていてくれて、ありがとう。

数日間、この場所はきんいろの空間。

陽が注ぐと、金色の光が泡立ちます。


ちょっと天国に近づいて、

いえ、たぶん、こんな瞬間は天国そのもので、

みんなここで幸せを感じてほしい、

そんな金色の場所です。




このページのトップへ

山雀さん

家の北側に植樹したエゴノキが大きくなり、昨年から五月に美しい白い花をつけ、夏にかけて実を結びます。

その実の熟すのを待って、八月の半ばから、山雀さんたちがやって来るようになりました。

昨年は、熟した実を一つ一つ大切に食べた後、庭の餌台に気づいたのか、ヒマワリの種を食べに冬の間訪れてくれていました。

今年も、今か今かと待って、待ち切れずに(ヒマワリの種を啄み)、そしてようやく --


yamagara1

yamagara2

yamagara3


ーー 良かったね。美味しくなったんだね。

サクランボのようにぶら下がっている可愛い実を、時間をかけて一つずつ、はずしては殻をむき、叩いては殻をむき、食べていきます。足指も上手に使って器用にむいていますが、何分堅いのか、とても時間がかかります。


egonoki


やはり、ヒマワリの種より、自然に実ったエゴの実の方が、嬉しいようです。エゴの実を時間をかけて食べながら、時々、おやつを食べるようにヒマワリも食べています。

この土地の上の神社の大樹の林に、山雀たちは前から暮らしていたのですが、神社の樹の方は随分切られてしまったため、こちらに移動してくる子たちが増えたようです。


エゴノキさん、ありがとう。
あなたのおかげで、山雀さんたちが随分助けられています。




このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

08月 « 2018年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links