FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

山間(やまあい)に住む女性(ひと)

<海の日>の休日に、氣功の先輩Aさんが山の中に住むご友人のところに連れて行ってくれた。海外にご家族がいらっしゃるし、お仕事もお持ちなのだが、山を切り開いたところに女性お一人で住んでいらっしゃるという。「参考になるかもしれないし、聞いてみたいことがあるなら伺ってみれば?」とAさんとその方のご厚意で、休日のランチにお邪魔した。

常磐道水戸インターから笠間に向かって少し手前。大きな通りから少し逸れると、そこは緑豊かな森林が広がっていた。ゴルフ場が点在しているのが気になると言えば気になるが、山あり川あり湖ありの風光明媚なところで、交通量の多い道路から僅か入っただけなのに、別世界が開けていて驚いた。

車一台分しか通れない路を恐る恐る通り抜けて、出迎えていただく。「山に建ったお家とは・・・」 -- うわあ、切り立った斜面に大きな岩を組んで上手く建てたハイセンスな日本家屋だ! お洒落なアトリエか展覧会場みたい。
 都志さん宅

(入り口とわたしの愛車 通称Toraちゃん〔Opel Tigra〕)

何だか、日本じゃないみたいじゃない?! カナダ在住の旦那様が設計し、宮大工をなさったという大工さんが木の持ち味を活かし釘一本使わないで建てた家だそうで、古風でいてとてもお洒落だ。四面の窓は開け放しっぱなしで、風が吹き渡ってとても涼しい。二階リビングの窓からは -- 森に囲まれた湖が見える! -- やっぱ、いきなりとても素敵な世界に来てしまった!

と言っても、緊張するかと言えば、その女性もAさんもとってもさばさばして、自然体で、暖かく、「結構自由に、何しても大丈夫」と直観でき、安心できるので、〝森の中に居ながら快適なお家の中に自由に居る〟という余りにも贅沢な状況にすぐに浸りきってしまった。しばらくお話して、散歩に行きたいからランチにしようということになり、Aさんが焼きたてパン、わたしが果物を持ち寄り、その方が見事な南瓜のポタージュとラタトゥイユを作ってくださっていて、楽しいおしゃべりと共に、自慢したいようなランチを頂いたよ。

 都志さん湖


食後少しして、湖の周りを散歩。実は、湖と言うより、大きな池だと思うが、元は農業用の貯水池だったものに手を加えて広い広い池にしたらしい。浮島もあり、複雑な地形だ。湖面をさっと撫でて通る風が気持ちいい。

シオカラやナツアカネなどのトンボがたくさん自由に飛んでいる。歩を進めると、初めて見かける大きな蜘蛛も、蛇も、ささっと脇道に逃げた。ネムノキ、グミ、マメガキ、ヤマザクラ、シデ・・・ 対岸には大きな葦原がある。ノスリ?らしい猛禽も空を掠めた。ウグイスの妙なる声とホトトギスの声、それにカエルたちの歌。

水面には・・・ 「あッ! 何あれ」とAさん。 カイツブリの仔だ! まだ本当に小さい、か細い、三羽の雛がキッ、キッと鳴いている。わたしたちが水面を見つめると・・・キュー!!・・・と強い声。少し離れたところに一羽、親鳥が居た。その警戒音で子ども達がいっせいに水に潜った。

ごめんね。脅かすつもりじゃなかったんだ。

謝りながらそっと様子をうかがうと、水面に浮上した子ども達のところに親鳥がやや近付き、今度は子どものほうがキュ、キュと鳴きながら必死で親を追って泳いでいった。「・・・ものすごく可愛いものを見たわね」とAさんと女性。

葦原のほうに向かいながら、「あら薇(ぜんまい)だわ」と声があがったので「ううん、蕨(わらび)だよ」「食べられるじゃない!」「もう硬いよ・・・これは。こっちの(芽の方の)はまだいけるかも」などと会話が始まった。

その後、わたし以外の二人は、道すがら、食べられそうな蕨を見つけては摘んでいく。それで、二人とも -- 何故か、わたしにくれるのだ。「これも大丈夫!」 「蕨蕎麦(わらびそば)なんてどう?」! (あの・・・あのね・・・ありがたいような、何て言うか、「蕨は灰汁抜き(あくぬき)大変」って言ったんだけどな)(もちろん、頂いたものはきちんと灰汁をとって佃煮にしました)。

家の周辺は、仕事の合間にさっとスニーカー引っ掛けて散歩できそうな小路でいっぱい。うらやましくて仕方がない。わたしはこの豊かさの1/10以下でいいから、こんな風に山間(やまあい)に住めたらいいな。まだ、彼女達ほど人間的に出来ていないけれど、自然体での暮らしを見習って、生きものや周囲の環境に優しく接し、お小遣いがある限り、少しでも土地を見つけて、少しでも木の苗を植えて--。そして、鳥たちの声にいつも耳を澄まして--。
このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

11月 « 2019年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links