FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

季節の野菜、季節の果物

毎日の「文鳥定食」のメニューは、ご飯(=雑穀、すなわち粟、黍、稗、青米、カナリーシードなどの混合食)とお水(=浄水器のものに、栄養剤とバッチフラワーレメディ入り)が中心だ。栄養補助として、カルシウム補給のため、ボレー粉(=牡蠣殻の砕いたもの)や鶏卵の殻も召し上がる。

その他に、季節の野菜と果物もたしなむ。青菜(=小松菜、青硬菜、豆苗など)が中心だが、胡瓜(小露鈴の大好物)や南瓜・サツマイモ類など。そして、林檎、蜜柑、梨、柿、パパイアなどの果物。

小露鈴は、お皿や人間の口元から、人間の食べものもかっさらっていくよ。(← 本当はいけません)


さて、本日の野菜は何でしたでしょう? gaeaちゃんの嘴は語っています・・・

小松菜gaeaちゃん


小松菜ですね、この緑色は。嘴は、昼には黄色(南瓜)、夕方にはオレンジ(パパイア)になる可能性大です。


小鳥は敏感なのか、野菜や果物の味、そして多分、季節による彼らの体調の、ほんの微妙な違いで、反応(=食いつきの良さ・悪さ)が変わってきます。野菜や果物の季節感、産地、鮮度、そして葉っぱだったら若いところかどうか、果物だったら熟しているかどうかで、大好きだったり、そっぽを向いたりします。人間が首をかしげるくらい微妙な差で、野菜や果物が好まれたり嫌われたりします。


美味しそうな(小鳥から見て、ね)ものがやってくると、すぐに飛んでいって、「チッ」「チッ」「チッ」と喜びの声を上げながら、夢中でひたすら食べます。そして、止まり木で大げさに<嘴拭き>(8月17日「お~い、小鳥さん」参照)を何度も何度も繰り返します。

そうすると人間は、目を細めてしまいます。
このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

01月 « 2020年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links