FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

魔法のめがね ~3~

シュロ
  (シュロ)

S先生に竹林で自然観察のご指導を頂いたときに、オチャノキやシュロなんかがあるのを教えていただき、ビックリしました。どちらも鳥さんが食べて、種を蒔いていったらしいです。「お茶の実なんか食べるんですか?」と伺うと、「カラスなんかが食べたんでしょう」とのお答え。シュロは、何だか南国風のイメージなのでここにはそぐわない感じがしたが、インターネットで調べると、まさにそうした疑問からシュロの増加について、地球温暖化や林の管理が悪いせいだと教えてくれるページがありました。

何だろう2

これは何でしょう? 貧弱な竹林どころか、観察しても観察しても興味は尽きません。S先生がいらして下さってから2週間 -- 暖かくなってきて益々色んな植物が生長してきて  -- ああ、これは、もう何年かかからないと、ちゃんとした自然の案内役にはなれそうもありません。

ヤマボウシの苗木

S先生が持ってきてくださった、S先生の森で育ったヤマボウシの苗木を、植樹の仕方を教わりつつ、植えました。S先生の森からヤマボウシと共についてきた根っこの土は、ふかふかで温かい -- 落葉樹の森の土だ(葉っぱが落ちて、腐葉土となって、木の根っこを優しく包んでる)。それに比べて、植えなければならなかった場所の土は、粘土質と質の悪い山砂とゴミ(=瓦の割れたものやガラスや陶器のかけら)の出てくる土質。本当にごめんね、ごめんね、少しずつ土をよくするから、水はけも、専門家に相談して、良くしていくから、だから、我慢してね。頑張ってたくましく育ってね(←ヤマボウシに喋っている)。

ニワトコの苗木

そして、大好きな、憧れの、ニワトコの苗木。 ・・・ 妖精が棲む木なんだ(2007年4月21日ブログ)。いつかこの地の門を抜けたところから、ニワトコの小さな並木道ができればいいな(今は「ちょっと、ちょっと、な」雰囲気なんだけれど)。春先に白い小さな繊細な花が透き通る青空に向かって微笑んでいる中を抜けて、鳥たちの聖地に降り立つと、家族のように親しくなれた小鳥さん達が、鈴なりになって肩にとまる (・・・ ここから、空想が止まりません。いや、空想でなくて実現です)

S先生、ご指南ありがとうございました。可愛いエナガの雛の写真もフレームに入れて頂戴致しました。S先生のお家のギャラリーに飾ってあって、一等気に入っていた写真です。すぐ近くまでやって来たエナガで、その「雛々(ヒナヒナ)したところが何とも微笑ましい」傑作です。
このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

09月 « 2018年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links