FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

serenity -2011-

大洗磯前神社1

明けましておめでとうございます。

旧年中はありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真の卯の絵馬は、大洗磯前神社のご拝殿横にある、とても大きなものです。
少し早かったのですが、昨年の冬至の翌日、ヒーリングの学校の大切な同僚と参拝してきました。

ゆるやかな砂浜の続く海岸に面した、小高い所に奉られたこの神社は、広い海と波音と高い空と太陽のエネルギーが溢れた、こころ晴れやかになる聖地です。この日も、海と空の青、そして太陽の光がいっぱい! 

尊敬する神社として、つくばではここの神社の御札を祀っています。古いものをお返しし、この日も新しい御札をいただきました。そのときどうしても一緒にお迎えさせていただかなければならないと感じたのが、天照皇大神宮(神宮大麻)の御札 … どうしても手が伸びてしまった、いえ、手を伸ばせさせられるほど御札が(手を)強く引っぱった感じです。何だろう不思議な力です。もっとちゃんと姿勢を正さなきゃいけないってことかな?

強い水のエネルギーと太陽エネルギーで祓い清めたように、神社の中はどこまでも清々しく、昨年受け取ったものだけでなく、長年溜まっていたものまで全部洗い落とされました。

その気持ちよい境内を出て、海岸へと向かいます。

海岸には神磯の鳥居。そして、海の青、空の青が濃くなります。白い大きな波が岩にぶつかって砕け、空には白龍のように渦を巻く白い雲 -- コントラストが鮮やかです。

大洗の海

ここで冬至の太陽に向かって、同僚とyogaの「太陽礼拝」をするのが、もう一つの大きな目的でした。

… 皆様、手のひらを陽(ひ)にかざした経験ってお持ちですよね?
かざした手のひらが、赤や黄色の光に、透けるのにびっくりしますよね?

ここで太陽礼拝をしたら、全身が太陽に透けてしまったのです。

からだの中を太陽エネルギーが浸透していって、、、、 からだを突き抜けて大地に向かい、大地を照らして地中に入っていくのが観えました。大地は、太陽エネルギーをのみ込んでいきました。もう、からだも、大地も、なくて、あるのは、太陽エネルギーが象っていくものだけ。余分な、汚れや淀みが何もない、海岸と海と空がひたすら太陽を飲みほしていました。

この海から、御祭神の大己貴命と少彦名命が巨大な二石となって現れたというのが、神社の由来ですが、どうしてもわたしは、太陽(神)が、ここから日本の本土に上がり、出雲(伊勢神宮)に抜けていったのではないかという気がしてしまいます。(参考:ラビングアースの響さんのブログ ) 何だろう … これもうまく言えないけど、太陽が新鮮!!!です。


明るく澄んだ、まん丸の太陽エネルギーは、空や海や波に包まれて、日本全国へと流れてゆきました。

広く、遠くまで、すみずみまで、ああ、気持ちいい!

大洗の海

この一年が、皆様にとって、明るく、清く、調和のある佳き一年でありますように!





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2019年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links