FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

夏のお客さま ♡ -2-

皆さま、うちのお客さまのことご心配くださってありがとうございます。

kabutomushi4

ふいに宿舎入り口の睡蓮鉢に現れたお客さま。
毎日スイカをお出しすると、翌朝までに結構たくさん召し上がっています。また新しいのに取り替えて… という日々を過ごしていました。

不思議なことに、オスのカブトムシ君はずっと植木鉢の上で過ごしているのですが、メスの方はそこにいたり、いなかったり、下に落ちてもがいていたり … (← 慌てて助け起こしました) そこにいたりいなかったり、ということは、どうもオスがここにいるので通っているようです(?)

スイカだけでなく、昆虫用のゼリーもお出しした方が栄養バランスが良い、と教えてくださる方がいて、思わずガーデニング&ペット用品店に注文してしまいました。

昆虫用ゼリーを注文をするとき、ふと予感がしました。

-- ゼリーは、早く体力を回復して、豊かなクヌギ林のある森へとお帰りになれる日のためにお出しするつもりだけれど --。もしかすると、ゼリーをひとつ、ふたつお出ししたあたりで、旅立っていかれるかもしれない。
 だから、袋入りのゼリーを注文する必要はないのではないか(一、二個だけのミニサイズの注文でいいのではないか)?

でも、hostess(女主人)として、「お客さまにはもう、これしかないわよ(お帰りになって)」はないだろう、と考え直し、フルーツ味の栄養たっぷりのゼリーを袋入りで注文しました。

ゼリーはあまりお気に召さず -- スイカの表面にスプーンで穴をあけて、そこに注ぎ込んでお出しするなど、苦労しました。

kabutomushi5

そして--

予感は的中。 

再び、メスはいなくなり、翌朝、食べかけのスイカを下に落とし、植木鉢の土をかなり乱して …

オスのカブト君もいなくなっていました。


*******


何らかの理由で体力を落としたオスのカブト君と、そのパートナーの女性が、カブト君が体力を回復するまでうちに滞在して下さり、回復を待って大空へと羽ばたいていったのでしょうか。

お客さまが訪れてくれた理由や、羽ばたいていった先のことなど、知る由もありませんが、どうかスイカ(ゼリーはほとんど召し上がらなかったかも)をお出しできた数日間が、こころ安らかに過ごせる時間でありましたように。そして、ここからの旅路を、こころより祈ります。


(… 残った昆虫ゼリーは … きっと虫たちにとって厳しいこの自然環境の中、これを必要とする子たちがいるかもしれないから、賞味期限までとっておこうと想います)






このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

11月 « 2019年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links