FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

Happy New Year 2013 !

ジョウビタキ

ジョウビタキ2013-2
 (ジョウビタキ K氏撮影 元旦朝2013)

明けましておめでとうございます。

晴れやかな中にも、澄んで透明な、お正月の大気のなか、濃い蒼い天空の遥か上から金色の初陽が降り注いできます。要らないことは脱ぎ捨てたので、シンプルな基本だけに還って、生まれたての気持ちで新しいことを創造していきましょう!

初めて、街中で過ごすお正月と違い、bird sanctuary で初陽を迎えました。同時に、生まれて初めて‘鳥居の内側'で迎えることにもなったので(bird sanctuary の地は、神社の麓に位置しています)、ちょっとどうなるんだろうと身構えてもいました。二日前から参道脇に出店のテントが立ち並び、大晦日の深夜あたりから、初詣の参拝客で賑わうのではと覚悟も決めていました(以前は、無理やり車を止めさせてくれと参拝の自家用車が敷地の庭まで入り込んできたとか)。が、深夜に前の道や駐車場で自家用車の出入りの音が絶え間なく続き、二、三度、‘暴走オートバイ'(?)の爆音がした他、さして混乱はありませんでした。このブログを書き始めたのが正午すこし前で、前の池をぐるりと遠くまで車が路駐し、前の道は渋滞しています。この地は昨夜、かなり冷え込んだので、近くの街の方々の多くは、日の出ではなく昼に初詣と決めたのでしょうね。

いずれにせよ、早朝の敷地内はしいんと静かで、お正月の澄んだ空気の中、沢山の鳥たちと共に初陽を浴びてお正月を迎えることができました。きりりと冷えた空気、素手がすぐに凍りつきそうになります。

この地に来てから植えて立派に育ってくれている木々、育ちつつある苗木たち、移植を待つ苗木たち、昔から立っている広葉樹の日当たりだけは確保して、あとは共生して他の生きものたちの住処を守ってゆきたい竹林、まだまだゴミを取り除き豊かにしたい土・大地、手入れしなけりゃと思ったままの草木、どうなるのだろうかと試行錯誤の畑、手入れの行き届かない場所、どうしたらいいか分からず手つかずの場所、今年こそ何とかしなければ!という課題の場所、そして常連の鳥さんたち -- その中には、怪我をしたのかからだが効かず半分人頼り(? 全く慣れてはいませんが)のキジバトさんや、野バラの樹の茂みの中が大好きな、人懐っこいジョウビタキのお嬢さん(上の写真)もいます。


2013の空

2003年あたりから、ほんのささやかなハートの sanctuary を守ろうという夢が、尊敬する師や先輩、仲間たちの励ましで3000坪を目指すこととなり(実際には、現状1400坪ですが) … これまで力を注いだ限りでは当時「理想とした」サンクチュアリからまだ遥か遠く … しかも、現時点での地球上の大規模な自然荒廃の速度からすれば、‘たかが1400坪は焼け石に水'に過ぎない … のが事実でもあり …。

しかし、‘たかが何千坪'は、同時に、‘されど何千坪'になりえる、と師が諭してくださいました。事実、今も、過去にも未来にも、遥かに先を行かれる方々の活動がありますので、‘スタートの何千坪'‘(他と繋がっての)拠点の何千坪'‘歯止めの何千坪'にもなりえます。

-- ‘たかが'となるか、‘1400坪、されど--'となるかは、人間の意識のベクトル次第です。つまり、わたしたち一人一人が今どこを向くか、です。自分自身を、自分の立つ場所を、広がりとしての時空間を、どうするかによって決まってきます。どのように感覚を開き、力を湛え、行動し、繋がり、価値観や世界観、生命観を磨いてゆくか、において、残りの人生、一歩たりとも譲ったり鈍らせたり妥協したりはしたくありません。ベクトルが豊かに美しい調和に向かっているかどうか、研ぎ澄ませてゆきましょう。

わたし自身にとっては、まずはかけがえのない繋がりを保ちながら、この地(1400坪) -- そして自分のいる場所、自分自身、から、始めましょう。


これが bird sanctuary の創立を目指した時の、最初の想いでした。2003年からでしたから、これで10年です。初心を確かめたら、新しい流れを感じて、今、新しいものを築いてゆきましょう!



お正月飾り
 (近くのホームセンター等を廻りましたが、
 自然素材だけのシンプルなお正月飾りがなく、
 どうしても気に入らなかったので、今朝即席で
 創ってみました。草刈りで手に入ったススキを
 曲げて、三つ編みにして … すぐ庭先で手に
 入った赤松の小枝・ツルコケモモの実・小さな
 お蜜柑を結わえただけ … bird sanctuary
のプレートが新年の祝いの装いになりました。)















このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links