FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

鳥の魂

今朝は、平塚の気功のお稽古に伺うつもりでしたが、
早朝、駅の近くの歩道にぽつり落ちていた鳥を
見かけました。

巣立ちしたばかりの野鳥の雛かと想いましたが、
大人のムクドリでした。

すぐ近くをランニングの方が通り過ぎても、
逃げも動きもしないので、そっと近づくと
歩道脇の茂みに入り、じっとしています。

。。。

-- 衰弱しているようです。

外傷もなく、病気らしい病気にかかっている様子も
なく、ただ、翼をはばたかせる力を失って
その運命に身を委ねているようでした。

オートバイで駅まで送ってくれていた家族と
顔を見合わせ、少し迷った挙句、
このまま歩道に居ても、カラスか猫に襲われるか、
あるいは急ぎ歩く人に蹴飛ばされるには忍びなく、
これまで応急処置で回復した鳥たちも多いので、
また獣医さんや役場の保護に頼って復帰するケースも
あるため、それに賭けてみることにしました。

そっと両手でつかまえハンカチでからだを包み込みんでも、
(本当は、軍手やタオルがあったらよかったのですが)
もがきたい意志はあるもののじっと身を委ねています。

そのまま胸に抱いて家に帰る途中、
そこにある命がずっと感じられていました。
みるみる薄くなっていくような、透明になって
ゆくような、頼りない感じがしました。

着いたとき、片目には生気があるものの、
その運搬の、短時間の間に、
もう片方が少し落ち窪んでしまったような気がしました。

玄関口で(家の中にも鳥さんたちがいるので、
全員の安静のため、そして、病気感染を念のため心配して)
両の掌でムクドリを抱いたまま、
家族が、こういうときの応急処置の第一弾、
ポカ○○エットとそれを口に含ませるためのスポイトを
買いに行ってくれている間、
そっと首筋を撫でながら、祈りました。

柔らかい、白い、優しい天の光が降り注ぎます。

細いながらも、鳥たちが生まれてきた命の大元とも
どこかで、繋がっていることを確かめ、切れないよう
にいなければと感じました。
(そうすると、この子が今、真に望んでいることが
少しは感じられるのではないかという気がしました。)


・・・・・


これまで自分で、あるいはどなたかが
(わたしが小鳥好きというだけで)
連れてきてくださった、傷ついたり、命の危機に
瀕した鳥たちに何羽も出逢ってきました。

(野鳥は、勝手に個人が保護できず、傷病鳥獣は
役所や獣医さんを通して保護センターなどに
届けることが市町村によって決められています。
また、巣立ち雛などが落ちている場合は、
親が近くにいる/迎えに来ることが多いため、
安易に保護はしないで、衰弱していないか観察の上、
見るからに危険な目立つ地面に居るなど、
カラスや猫や蛇に襲われそうな場合だけ、近くの安全な
木立などに少し移動してあげるのが適切かと思います。)


一時的な応急処置で仲間のもとに帰って行けたり
息を吹き返して元気に飛び去ったり、
心意義のある獣医さんの適切な指示と協力で、
一歩一歩と回復してから自然に戻って行ったり、

ということもあり、

猛スピードで突っ切った自動車に撥ねられたり、
不用意に捨てられたゴミを食べてしまい、
瀕死になった鳥が、あえぎながら、
生まれてきた源へと還ってゆくのを
看取ったこともあります。

(野鳥ではなく、家族として暮らした)
大切な小鳥たちが、幾度も、幾度も、
想いを伝えてくれ、受けとめてくれた後で、
源へと旅立ってゆき、星や木や風や花、
あるいは新たな鳥のいのち、あらゆるものの
中へと宿ってゆくのを、
悼み、また、腑に落ちたこともあります。




包み込む掌のことりの重さが、
何とはなしにほんの数グラムだけ軽くなり
何かが抜けたような、また
周囲との境界線が薄くなったような気がするとき

つぶらな瞳の輝く生気、その奥にある
疑いも媚びも知らない野生の意志が、
急に窪んで、涙のような水気を帯びるとき

あるいは、逆に、

翼をはばたかせることができない時でも、
何とか自らの足で立ちあがり、
どうにかして嘴をあげて、
自らの尊厳を、「生きようとする」意志を
はっきりと伝えてくるとき

保護されて、どんな状況になろうとも、
柔らかな羽毛に包まれた、からだ全体で呼吸をし
安らげる暗がりや温かさに近寄って、
いのちを委ね、護ろうとしているとき



鳥たちの辿る運命は様々で、
急に変化が訪れることも多く、

そのたびに迷ったり、
反省したり、嬉しかったり、
良かった良かったと喜んだり、
涙したり、と様々ですが、

そのいのち、魂との出逢いは
忘れることができません。



応急処置のドリンクを数滴、数滴とたらすと、
飲んでくれたり、嘴を振るわせたり、
安静のために入れた段ボール箱の中から
一度は飛び出したり、
保温のために入れたペットボトルに身を
摺り寄せて眠ったりと、
ムクドリさんは頑張ってくれたものの、
数滴のドリンク以外受け付けず、
目はみるみる落ち窪んでいって、


疲れて、一時的に(わたしが)眠ったのですが、
不安に駆られて目覚めたとき、
魂はからだから離れて、旅立っていったようでした。



からだや糞の様子から、
病気にかかっているようでもなかったので、
初めての子育てで頑張りすぎて力を使い果たし、
衰弱しすぎてしまったのでしょうか。
(野鳥は、ベストな環境では6~10年生きる場合も
あるそうですが、現代の日本の都市の環境下では、
1~2年が寿命だそうです。)


頑張ったね。

あなたには、その翼があるから、

天の命の水のほとりまで
瞬く間に羽ばたいてゆけるでしょう。

安らかに
穏やかに
ゆっくりと休んだら

また、瞳を輝かせながら、
ここまで飛んで帰って来てね。



「天の使い」と人が信じてきた鳥たち

何一つ蓄えず、所有せず、

それゆえの軽さで、夢を運ぶ命たち




hotokenoza
 (ホトケノザ K氏撮影)






















このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2019年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links