FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

笛の音

さあ、もう10月、神無月です!

昨晩は、寝入りばなに大きな地震がありました。日立市で震度四、bird sanctuary のある市は震度二と表示されていましたが絶対嘘だ! -- 日立とは県内でもそう遠くはなく、台所や洗面所の棚から物が落ちるくらいでしたから -- ただ、普通の地震の揺れ方ではなく、ドン!と揺れて、ほぼ余震のない状態でしたから、震度計でもその大きさが出なかったのかもしれません? とにかく、地の神様が一度きり足を踏み鳴らしたみたいでした。

そして、明け方、ちょうど起きるころに今度はガラガラドーンと近くで雷が落ちました。その前からうっすらと目覚めかけの意識にしめやかな雨音が届いていましたから、夢ではありません。この雷(いかづち)も不思議で、雷雨のような雨ではなかったのに、急に激怒するように落雷して、一度きり -- 二度三度は有りませんでした。

その後の静かな雨音を耳にしながら、あまりの不思議さに起き上がらず、五感を開いていました。


地震も雷も、天災としては今、とても恐ろしく、しかもこのように日常に不定期に予測のできない巡り合い方をするようになると本当に恐ろしいのですが、何かそれ以上のことがあります。


地からの地団太、天からの怒号 -- しかも非常に強く、一度きりです。

-- 寝入りばなと、起き抜けに。


何か、ひどく叱られ始めているのでしょうか。それともこれは、天地の神様によって告げられている新しい始まりの、太鼓の音、笛の音なのでしょうか。


大洗磯前神社夜明け前
 (夜明け前 大洗磯前神社参道から)

9月に、大きな合宿で尊敬する先生方や大切な仲間たちと時を過ごしてから、天地のエネルギーが大きく転換したように感じています。台風直下を奇跡的に通り抜けて bird sanctuary に集まってくださった方々との時間、そこから移動し大洗磯前神社付近で目にした空の色、雲の姿、広大な夕陽の光景 …。 そして、翌朝の、(一生に一度でしょうと感じられる)雲一つなく無限に広がる空と、広大な海原の間から、ゆっくりと力強く上ってくる朝陽 … 自然の無限の力がこの世界を貫いてゆき、わたしは魂まで染められました。

海岸練習



自然の大いなる力に、命もこころも預けることなしに、真の意味での再生をしていくことは、わたしには難しいと悟りました。


先輩方や仲間たちの感動や熱い気持ち、先生からは今後の bird sanctuary 創立や修練に向けての気づきやヒントを頂いて、長く苦しかった灼熱のこの夏も、311から滞っていたあれやこれやも、手放しました。ようやく、≪いま、ここ≫にもっと焦点が当てられるようになっています。


・・・・・・

その後、月一度の東京行きから戻り、もう一度向き合ったからでしょうか? また、日常でぐずぐずしかけそうになっているからでしょうか? 

留まっていてはいけない -- 地が足を踏み鳴らし、天が雷を落とし -- 始まりの笛の音に、ちゃんとついてゆくよう、厳しく促されています。



花園神社

釣舟草

(合宿の後、北茨城の花園神社にお参りしました。
 福島県域に近い、ご神域です。
 途中の渓流沿いには、昔ちょっとした高原なら
 どこにでもあったけれど、今は見かけない釣舟草を
 見つけました。黄釣舟もありました。存続・繁茂して
 いけそうな場所ではなかったので、種が取れるころ、
 bird sanctuary で育てるために、二つ三つの
 こぼれ種をいただきに再訪したいと思います。)













このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2019年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links