FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

白ちゃんと黒ちゃん

4月29日のブログ『茶色のお客様』では、2頭のイノシシの若者の来訪を紹介させていただきましたが、今回は bird sanctuary のお客様ではなく、ずっと古くから暮らしている先住民のご一家の物語です。


北側の庭(小鳥たちと交流する場所)の後ろにある、暗い竹林の奥(多分西側の山斜面のどこかにねぐらがあります)に暮らす、タヌキのご一家です。わたしがこの土地とのご縁を頂くよりもずっと以前から暮らしており、わたしがこの土地に越してすぐの春、一緒に暮らし始めました(暮らしてすぐさま、夕方に生ごみを堆肥に出すわたしの生活に順応? -- 詳しくは2012年ブログ『遭遇!』。)

五月末からやってきているのは二匹のタヌキの子ども -- 冬には彼らのお父さんとお母さん、そして春からはお母さんとこの子達がやってきていました。春頃からお父さんはやってきたとしても別のところから現れ別行動、最初は下に降りてきていてもこの子達を庇ってわたしと出くわすとすぐに子供を逃がしていたお母さんも今はもう、見かけなくなりました。

白ちゃんとわたし

夕方日差しが柔らかくなる頃、山仕事や草木のお世話をしにわたしが外に出ると、周辺をウロチョロ(笑)しています。お母さんからは、‘人間は怖いよ~’と厳しく教えられていたようだし、子供らしい好奇心いっぱいに寄っては来るのだけれど、決して一定の距離までしか近づかない、しかもこちらが他の作業に忙しくしていたり柔らかくぼうっと視野に入れるだけならいいのですが(強い‘気’を発しないで)、‘見ようとして見ると’ザザザザ~と奥の藪まですっ飛んで逃げていきます。

しかし、しかしですね、物置小屋に入って作業していると入り口のドアのところからのぞき込んでいたり、お花の苗や苗木の植え替えをしていると後ろからのぞき込んでいたり、かがんで何かを植えているとすぐ目の前の草の茂みに二つの瞳を光らせていたり ・・・ (笑)。彼ら二匹の祖先にあたるであろうタヌキ君が、わたしが住み始めてすぐ生ごみ堆肥をあてにしたように、この子達もまた夕方出す野菜・果物クズや鳥さんのごはんの残り、加えて少しのおやつが待ち遠しいようですが、それだけではなく好奇心やら遊びごころいっぱいに北側の庭を歩き回ります。(当てが外れることなく、しかも依存しないよう、出すゴミやおやつ(!)に気を使います。)

知らない方(人間)や地元の方(人間)がいらっしゃる時は、すっかり声を潜めています。でも、sanctuary にいらした見るからに優しい方だとすぐに、そして荒仕事を手伝ってくださる怖い(??)お兄様やおじ様でも幾たびか遭遇して慣れてくると、実は優しいのだと安心するのか(笑)、姿を見せるようになります。

タヌキは、「雑食性で野ネズミや鳥類、果実などを食べるが、主な食べ物はミミズ類や昆虫類の幼虫など土壌動物。お供え物のあがるお稲荷さんや田んぼなど、さまざまな場所でフィールドサインが見つか」りますが、「積極的に人間の生活を取り入れる」里山の動物です(熊谷さとし著 『哺乳類のフィールドサイン観察ガイド』 p.30-35.)。この子達一家のトイレは、ねぐらがあるであろう辺りとはまた離れた場所にありますが、地続きの公園で捨てられる残飯をあさっているのか(?)、毒々しい色合いの発泡スチロールだとかビニール片だとかが混ざっていて、気にかかります。また、5月頃がタヌキの異動シーズンなのでしょうか? 2012年以降、この地を訪れてくださる方々から、ここ(茨城中央)だけでなく、他の市やもっと北の地方でも、「道路でタヌキが車にひかれていた」という話を耳にします。確かに、この子達を観察していると、おやつのビスケットを投げても、ビスケットがぶつかってから(←投げる側も下手 済みません!!)ポカンとしていてしかも探せなくて -- 予想よりもずっと目も鼻も利かず、反射神経も鈍いです。

彼らのお父さん、お母さんが、道路やら開発やら人間やら農薬やらゴミやらで物騒になっている今どきの里山で、それでもどこか別天地で無事に暮らしてくれていることを祈らずにいられません。




六月初めまで、毎夕必ず現れるわけではなく、またわたしの方が不在だったりで、逢えたり逢えなかったりでした。そして、逢えるとしても、二匹のうちのどちらか一方だけのことも多く、二匹とその個性がはっきり分かるようになったのは六月の第一週に入ってからでした。入梅となり、雨で想うように食べ物が手に入らなかったりするのでしょうか。最近はほぼ二匹でやってきます。週末には家族もいたので、沢山写真を撮ってもらいました。

白ちゃん

白ちゃん2

こちらが -- 「白ちゃん」。春までいたお母さんは、タヌキの顔ではないくらい(?)色白面長の美人でした。この子はまだ、お母さんほど白くはありませんが、それでもお父さんやもう一人の子と比べると顔が白いです(鼻先はまだ、赤っぽいかも)。とてもおっとりしていて、控え目でおとなしく、柔らかい動きをしています(でも、かなり運動神経は鈍そうです)。将来は、美人になると想います!


黒ちゃん

こちら(--手前で俯いているのは白ちゃんですが)が、黒ちゃん。一番黒ちゃんらしい表情の写真です。少し泣きそうな困ったような表情に見えることが多いのですが、‘目ヂカラ’がやたら強いです。意志というか気持ちがとても強くて(「もっとビスケットのかけら、チョーダイ!」)、白ちゃんに比べ小柄なのですが、気持ちで前に出ていくタイプです(「黒ちゃんはまだ食べたいの!」)。でも、何かあると(例えば、人間の仕草の何かがほんのちょっとでも怖いと)その分白ちゃんよりもビビッてすっ飛んで逃げていきます。

黒ちゃんの目ヂカラのおかげで、黒ちゃんは

 おせんべいより、甘いものの方が好き

 バナナより、ビスケットの方が好き

ということが、痛いほど伝わりました。
(タヌキさんの健康を考えると、困った事実です。)



白ちゃんと黒ちゃん


白ちゃんと黒ちゃんは、いつも一緒にいるわけではありませんが、とても仲が良いです。一緒にふざけてじゃれあったり、一度などは黒ちゃんが白ちゃんの毛繕いをしていました。でも、雨が数日降り続いた後、一度だけ、そっと置いたビスケットのかけらを独り占めしたくて黒ちゃんが声をあげて白ちゃんを追い払うという喧嘩も目撃しました。(この辺り、個性がはっきり違っていて、白ちゃんは、先にビスケットを見つけると、ある程度食べたら黒ちゃんに譲ろうとします。黒ちゃんの方は自分が食べたくて食べたくて前に出ていきますが、そういう時は白ちゃんは待っています。)



真夏になる頃には、毎年タヌキたちは姿を現さなくなります。別の場所に移動するのか、それとも体力もついて奥の林だけで十分な食べ物が見つかるようになるのか ーー まだ、彼らの暮らしの多くは分かっていないのですが、この土地で家族代々長いこと、人間の生活とはつき過ぎず離れ過ぎずで、ひっそりと暮らしているのに違いありません。彼らの暮らしを壊さないよう、そしてできることなら、生活圏を根こそぎ奪ったり、一瞬にして命を奪ったりしないよう、この土地を残し、里山の自然の食べ物が増えるようにし、土や水はもっと綺麗な生きた土・水に戻し、車の運転に注意を払って(前の道路、かなりのスピードでみんな突っ切ってゆくので、わたしもついつい、追い上げられてアクセル踏みますが、、、、汗、、、、)人間が及ぼすマイナス要因をぎりぎりまで帳消しにしたいです。彼らだけでなく、彼らを取り巻く他の命たちのためにも。


でも、白ちゃんと黒ちゃんは可愛いなあ。

野生の尊厳や美しさに敬意を払い、(生活圏が重なりはしても)手なずけるとかぬいぐるみ的発想で「可愛い」と想うのは嫌ですが、里山動物としての尊厳は尊厳のまま、相互にフェアな立場でこの sanctuary の空間を共有し、互いに不可侵な領域や知りえぬことも尊重したうえで相互作用や意思疎通ができるようになったら、どんなに素晴らしいかしら(理想の異種間コミュニケーションです。)







このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links