FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

お昼寝

白ちゃん昼寝

上の写真の真ん中にある薄茶色いもの -- 何だかお分かりになりますか? bird sanctuary にある中古の民家の北側の窓から見た光景を写真に撮り、そのごく一部を切り取ったものです。

緑濃い葉を広げる植木たち、草も夏の勢いでぐんぐんと伸びて、ふかふかに茂っています。その植え木の根元、草のふかふかした中で、ぐっすりと眠っている白ちゃん(タヌキ)です。


白ちゃんは家の周辺を‘my 居場所’としているらしく、窓から見える北側の庭や、グリーンカーテンの下あたりや、南側の玄関のすぐ前(!)で、良く見かけます。以前は、タヌキがこの場所にいるとしても、奥の竹林、特に人の行かない崖地の薄暗い中に昼間ひっそりと潜み、夕方になるとあちこちの茂みを通ってなわばりを徘徊する -- 夜行性の動物、と思っていました。しかし、白ちゃんは、時に朝早く、時にお昼間、時に夕方と、時間も決まっておらず(決まっているとしたら、雨が降る前によく見かける、かもしれないですが ・・・・・)、しかもこちらの固定観念を打ち破るように、身近のあちらこちらで、面白い行動をしているのを見せてくれます。まあるくなって寝そべっていたり、この写真のように、ぐっすりと眠っているのを見かけたのも、白ちゃんが初めてでした。


タヌキは夜行性なので、昼間寝るのは「お昼寝」(仮眠)ではなく、本気の眠りなのでしょうか。白ちゃんのお昼寝は、ほんとうにぐっすりの眠りです。スヤスヤの眠りが感じ取れるおなかの緩やかな動きは、気持ちよさそうです。でも、時々、見つけると「生きているよね? ね??」と心配になるほど、深く寝ているような動きです。

そして、真昼間、こんなところで、こんなに無防備に、こんなに深く眠っていて、タヌキ的にどうなんでしょうか?





ある日、こんなお昼寝シーンを窓から目撃した後、家族が撮影してくれた写真をご紹介しますね。

白ちゃんがとっても良く眠っていたのですが、鳥たちの餌台に食べ物を補給する時間になりました。しばらく起きるのを待っていたのですが、ずっと眠っているので、「ごめんね、起こしちゃうけれど」とこころで謝りながら、玄関の戸を開けて北側の庭に行きました。

白1


あれれれ ・・・・・

餌台の近くに行っても、起きません。


「ごめんね」と謝りながら、それでも近づくと --


白2


-- ようやく、起きて --

白4


-- 眠そうです。


ごめんね。寝ていたところから、どかしてしまって --


白5


でも、寝起きが悪いタヌキではなさそうです。怒っては、いません。




家族が「白ちゃんは、狸寝入りではなかった」とブログに書けというので、おやじギャグで今日はおしまいです。







このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links