FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

木を植えよう ~17~

移植シーズン!! 到来と共に、今ここの一瞬一瞬を大切にする slow な山仕事もちょっと気持ちが逸(はや)ります。

この冬の間、荒れ地にどれだけ命が息づく方向へ -- 真心と力が注げ、どれだけ対話ができて、地形や土を良くできて苗木が植えられ自然に沿った多様性を再生させられるかな?! 

ご縁があってから植樹した樹々のうち数本は3m以上にも成長してくれていて -- 元からあった僅かの鎮守の木々の、遥か高いこずえにしか訪れなかったシジュウカラ、エナガ、ヤマガラ、コゲラたちも、植樹後成長した木々の枝先まで訪れてくれるようになりました。

冬にも生い茂り野鳥たちに食事の場所だけでなく逃げ隠れする場を与えてくれる常緑の松(アカマツ、クロマツ)を、今年は中心的に植えたいです。地球規模の環境変化で、日本においては、松は‘松枯れ’が進み、コナラやクヌギなどの木々も減少して常緑樹でもシラカシなどカシの類が替わりに増えつつあるそうです。松は元々は伐採された土地などに伸びてくるパイオニア・ツリーでもありますが、乾燥したところを好む陽樹 -- sanctuary の土地は竹を中心に鬱蒼として暗くジメジメしているので、日当りを創り守ってあげなければなりません。

今日はまず、これまで植樹した苗木の日照を守るため、(野鳥たちの逃げ隠れする茂みは残して -- アオジさん、カシラダカさん、ジョウビタキ君、スズメさんの好む2mほどの灌木や、キジ君、コジュケイさん、ウグイス君たちの好む笹藪、など)育っている楠、オトコヨウゾメ、アキグミ、イボタノキ、カマツカなどに陽が当たるように藪払いをしました。


kuromatsu1


次いで今年初 -- クロマツの苗木を植樹しました。
孟宗竹とシラカシ等で鬱蒼としている、奥の竹林入り口付近です。

奥の竹林は、孟宗竹がはびこって荒涼としている上に過去歴史的にいろいろとあった場所で、訪れてくださる方のうちでもごく一部の方しかご案内できていません。ここを何とか明るく、そしてできるならばもっとたくさんの命を育める豊かな森・生態系へ! というのがずっと念願ですが -- 残念ながら今だ試行錯誤です。

ご縁があってすぐ、ブナの樹を植樹し、続いてハクウンボクやらアブラチャンやら … ほんの少し木々が育っていますが、まだまだ祈りはかないません。


その入り口に、松を植えました。
実は、以前にも植えたことがあるのですが、鬱蒼と茂る竹、白樫、ヒサカキの勢いに太陽を奪われて可哀想なことになってしまいました。そんな場所で -- リスクはありますが、今回は日当たりを大きく作って再挑戦です。

kuromatsu2


大好きな植物たち、鳥たち、野生動物たち -- 自然再生に向けて人間がいかに切望しても、どうすればよいかで知りえることには限界があり、一人一人ができることはさらにごく限られたことですが -- 慎重に繊細に謙虚に自然と対話しつつやり取りを重ねつつ、きっといつか、‘それでも(少しでも)良かった’と感じられ、本当にいつか、深く美しい森となり精妙な命が紡がれていく未来に、届きますように!





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2019年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links