FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

冬に立つ

睦月は、年頭から鳥たち生きものたちを見守りながら、bird sanctuary での静かな時を過ごすことができ、幸せです。寒さに慣れてきたからだも、まだまだ冷えから来る失敗がありますが、野性で暮らす生きものの目線に近いところで生きてゆけることは何物にも代えがたい贈り物です。

今月の東京行きは、yogaの勉強と練習会を駆け足で通り抜け、沢山の仲間たちとの温かい交流を胸に、とんぼ返りで sanctuary に戻る段取りとなりました。いつも楽しみにしている気功のお稽古を受けられないのも残念で、心残りですが、大荒れの天気予報への警告を耳に、「よし!」と気合いを入れて荒天と追いかけっこのように早朝戻って ――


24Jan'16雪



良かった~!


Sanctuary は夜からの雪が降り積もったところでした。

沢山の鳥たちが雪枝に止まって‘朝ごはん’を待っていました。

友達のジョウ君は、北側の庭の餌台の雪を払いに行くわたしをかすめて、オレンジ色の弾丸のように飛んできました。

待ってたよね~! (三日間留守にせざるを得ず、ゴメンネ! たけど、決して裏切らないで戻ってくるから。)

ジョウ君24Jan'16


夕刻には、わたしに気づくとすぐ、タヌキの黒ちゃんが一目散に走ってやってきました。春夏はご挨拶だけのために来てくれるのですが、今はとってもおなかを空かせています。食べモノがないのか、そのため道路に出てしまうのか、小さなタヌキが可哀想に轢かれているのを最近よく目にし心痛めるので、冬だけ限定でおやつの量を増やしました(どのみち、冬しか食べないし)。もこもこの温かそうな毛皮のタヌキさんも見かけるのですが、黒ちゃんはかなり小柄で毛皮も薄目です。


気功の先輩Aさまから御葉書が届いて、「(今年は)冬を楽しんでいないことに気づきました」とありました。ドッキリ! ―― わたしもまた、寒さ厳しさ故に余裕がありませんでした。


冬は大好きです!

外の寒さは‘寒い'を通り越して、‘痛い'ほどですが --。
命が、厳しい寒さに耐えながら、生き抜こうとギュッと凝縮しています。包む込みたくなるその愛しさと、次の季節に傾いたとたんにびゅんと躍動しそうな生命力と、遠くから降り注ぐ澄んで透明な硬質の陽ざしを大切に、日々を過ごしたいと想います。









このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2019年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links