FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

ジョウちゃんが帰ってきた?!

深夜に都心を出て3時間弱かけて bird sanctuary に戻ってきました。5時半過ぎに到着することになるのですが、この時期、辺りはまだ漆黒の闇です。気温は0℃ -- 凍てついた暗闇ですが、深い闇もまた群青の奥の色合いで美しいです。

西側に立てかけたよしずをくぐって勝手口にまわると、入り口付近から夜闇の中へ何かが飛び出ていきました。「あらら」――何だか覚えのある、飛び方です。スズメより少し大き目の鳥だったのでしょうか。もしかすると ――

朝になって勝手口のそのあたりを確認すると、昨年と同じく、出入り口脇の窓の下のフックに鳥が止まっていたらしく、その下にフンが落ちていました。よしずの内側で暖をとっていた明け方の眠りを邪魔してしまったのでしょうか(悪かったな …)。そして、ここで寝ていたのは ―― 昨年と同じく、ジョウちゃん(ジョウビタキの雌)でしょうか? 

この秋も、何羽かのジョウビタキがここを訪れ、実った紫式部や、ガマズミや、ハニーサックルの実を啄んで、常駐してくれるのかと思えば、また南を目指し数日で去っていきました。そうしてここは、何羽ものジョウビタキたちの渡りの中継地点となっていました。

ジョウ君と友達になったのは三年前 ―― ジョウ君(ジョウビタキ雄)は翌年も奇跡のように訪れてくれたけれど、三年目はやってこなくて、代わりにジョウちゃん(雌)が留まって、親しくなってくれました。そしてまた … そうだとしたら … とても嬉しいけれど …

昼になって、北側でジョウビタキの声がするので慌てて外に出ると、ジョウビタキ雌の姿が見えました。「ジョウちゃん!」と声をかけて、鳥たちのレストラン(餌台)にご飯を置くと、すぐにやってきた!! ジョウちゃんです!

ですが、不思議なことに、今日はレストランにジョウビタキ雄がやってきました。ジョウ君?と思うのですが、ツヤッとした羽根と見事な体格は立派な成鳥になりたてのそれで、ちょっとジョウ君とは違いました。 … ジョウちゃんは、どこにいったのかしら? この時期、鳥たちはテリトリー(縄張り)を守ると言いますから、二羽のジョウビタキが共存できるかは、分からないです。この新入りさんがここに留まることになるのでしょうか … 1年前、2年前の、10月末から常駐のジョウ君がいてくれた昔と、今は違うようです。鳥たちの世界は、まだまだ分からないことが多くて、奥深いです。



Dec17-1
見えづらいですが(済みません)、真ん中の緑の中木(ストロベリー・ツリー)の下に、レストランがあります。ここに、雀、キジバト、山雀、ジョウビタキ、モズ、が立ち寄ってくれます。

Dec17-2
上は綺麗に紅葉して、その葉が落葉し、地面にふかふかの落ち葉のじゅうたんを作ってくれている最中です。


Dec17-3
澄んだ冬空は、混じりけない蒼い天空で、見上げると瞬時に無心になれます。







このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2019年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links