FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

小鳥の森増勢 project 3

先月弥生の終わり、小鳥の森創りのために再び、天の使いの方々が訪れて下さいました。

早くも、4回目!

そして、荒れて手付かずだった孟宗竹の林は、ハッと見違えるほどすっきりしました。彼らが助けて下さるまで、孟宗竹に圧倒されそうだった sanctuary の家から、今は、ずっと先までが、そして蒼く澄んだ天空が、すっきりと見渡せます。


bassai1

bassai2

bassai3


この地とご縁があった当初は、野鳥たちが休み、生きる糧を得、頼りにして渡って来られ、身を守りいずれは巣をかけられるような、多様な命が続いてゆけるような、在来種の樹種からなる美しい混交林(時に針葉樹が点在する、広葉樹を中心とする森)を育んでいこうと志を熱くしておりました。が、数年のうちにその実現の厳しさを目の当たりにし、ここ2年ほどは蔓延る孟宗竹に圧倒されるばかりでした。ほんの数か月前まで、志や夢を抱きながらも、その一条の光をこれから、どう紡いでゆけばよいのか問うても、明るい光が返ってくることはありませんでした。

… もう、奇跡と言っていいと想います!

(作業して下さった方には、「奇跡じゃなくて、大変な労働だよ!」と勿論御叱りを受けます。でも、10年近く、どうにもならなかった場所なのです。そして、歴史的に観ても、大変な土地でした。)

太く重たい孟宗竹を整理して行くのは危険を伴う作業でした。(わたしも、昨年夏には大変な怪我をしました。)でも、回を重ねるごとに、見事なチームワークで作業のスピードが上がっていきます。修練で鍛えた身のこなしの冴えた男性5~6人での作業です。(食事の準備等のない時も、わたしは作業チームにとても入れなくて、邪魔にならないところで、枝を片付けたりしています。)


ichii


(いつもproject前進に多大な貢献してくださっているH様に、立派なイチイの樹を頂戴いたしました。イチイは野鳥たち、特にヤマガラ(そしてわたしも)大好きな樹木です。Bird sanctuary でも1本育っていますが、雄雌があるので仲間がほしいなあと思っておりました。が、ガーデンセンターやネットでもなかなか手に入りません。ゆったりと貫録を感じるイチイ … 本当に嬉しいです。H様は10年以上盆栽にして大切に育てられていたとのことで、うまく移植できるか緊張しますが、少し根を大きくして、必ず適地を見つけて成功させます。)


このイチイをはじめ ・・・・・ エノキ、コブシ、ヤマザクラ、エゴノキ、ムクノキ、ヤマハンノキ、 カラスザンショウ、キハダ、ネズミモチ、ナツハゼ、アカマツ、モミ、ヤマウコギ、ズミ、カシ、ツリバナ、等々 ・・・・・ 苗木たちが今年も鉢替えされて根を大きく太くしながら、天使たちが生み出してくださったスペースへの移植を心待ちにしています。皆が無事に健やかに成長し、そこへ鳥たちや動物たちが集まり、いつか美しい森が誕生し、こうした森が地球のそこここで増勢してゆくことを、わたしたちも祈りましょう。



沢山の命が喜んでいると想います!

皆様、本当にありがとうございます。





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

08月 « 2018年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links