hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

小鳥の森増勢 project 4

先月も、竹の片づけに馳せ参じてくださった皆様、誠にありがとうございました!
お陰様で、随分と明るい森となりました。そして、元からあった、陽当たりがないままにひょろひょろと上にだけ伸びていたイヌシデの大樹が4本、救出されました。

先月末から急に夏日が訪れるようになり、GWはとても暖か -- 日差しがさんさんと降りてきて、bird sanctuary の命の勢いは一気にアフレデル緑の泉のようです。GWに泊りがけでいらしてくださった素敵な修練のお仲間が、植物のスケッチや風景の写真で見事に美しく捉えてくださっていました。(作業をする側としては、管理に追われる日々ですが ・・・ 溜息)。

竹の片付いた跡地に、陽光を待っていたかのように、美しい野草が一気に花開きました。


kinran
 (小さな明るい太陽のような、キンラン。
 この土地と縁があってすぐの二年ほど、
 奥の竹林の陽当たりのある場所に、
 ギンランが芽生えていました。そこは、筍採りの
 方々が行き来する場所で、なすすべもなく、
 ギンランは姿を消してしまいました。が、昨年からの
 天使たちの仕事のお陰で、人の行き来のない場所が
 明るくなったため、代わりにこのキンランが芽生えてくれました。
 この土地に古くから生息してきた植物たちは、土の中に
 種や根を宿したまま、長いこと、いつか日当たりを得て再び
 生き続けるまで、待っていたと推測されます。)
 

futarishizuka

 (同じく、フタリシズカ。この場所で初めて、花を
 つけてくれました。通常は花穂が二本あるため、
 ‘二人'静かなのですが、このお花は一本しか、
 穂をつけておりません。フタリシズカには、こういうことは
 よくあると、森づくりの天のお使いのお一人が教えてください
 ました。)


inushide
 (ひょろひょろと、太陽を求めて、樹冠にしか
 葉っぱをつけることのできなかったイヌシデの大樹。
 初めて幹の四方から陽光を浴びて、幹の周辺に
 小さな枝を伸ばし始めました。)


夜になると時折、フクロウの鳴き声が聴こえます。
この土地から少しのところに、「フクロウの里」と呼ばれている町があります。
昔は、沢山のフクロウが生息していたと聞きました。

理想的な森ではないですが、シデの大きな木と、少し開けた場所は、フクロウにとって今一息つける場所かもしれません。これから何年かかけて、多様な広葉樹を植樹したとき、フクロウにとって棲みやすい場所となっていることを祈っています。かつてここに生息していたという、ムササビも戻ってきてくれるでしょうか。

生きている、残りの時間に、彼らが少しでも世界に存続しやすくなるよう、世界が少しでも草木の緑、水の青、土の暖かい茶色や黒、命のきれいなエネルギーで覆われていくよう、手探りで歩き続けます。

助けてくださっている方々、響き合ってくださっている方々、心からの感謝をささげます。



このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2018年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links