FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

魚が・飛ぶ

blueberries
 (毎朝、ほんのちょっとずつ実りを頂ける、
 blueberries)

夏の間、普段よりゆっくり sanctuary に逗留できるため、色々な触れあいが繊細にできるようになってきました。

そんな中、昨日はとても不思議な事件が -- 。

この夏も懲りずに蓮の御花を育てておりまして(まだ一度も花開いてくれるところまで漕ぎ着けていません(^-^;)、アーチの手前に、蓮やヒシやジュンサイ(←!)が育っている大きな水鉢が二つあるのです。あの大きな台風13号の後、その鉢の中を掃除しようとふと覗くと --

-- 何と、ほんとに小さいメダカが自然発生していました!(@_@。! 

仔メダカらしく細身で、高速スピードで、スーイ、スーイと水面を横断しています。しかも、数えられただけでも、三匹はいる。しかもしかも、二つの鉢、どちらにも三匹はいる。


medaka1

medaka2


どこから湧いた、いえ、降ってきた、いえ、飛んできたのだろう、この子たちは!!

これとは別に、玄関のところに、小さめの鉢二つ、甕一つがあり、蓮とヒシ、睡蓮(「Maria」という名前)、アサザが育っていて、それらにはホームセンターから連れてきたメダカさんたちが棲んでいます。(蓮育て、が色々うまくいかなくて<涙>、それでボーフラばかり増えてしまい<涙 涙>、メダカさんに援軍を頼み、だけどそのメダカさんを狙うヘビ<そして最近では、玄関前が気に入っているらしいカナヘビ君も疑っている>が居て、メダカさんがやられないように金網を被せると、蓮育てが更にうまく行かなくて<涙>、更にメダカさんたちも先住の子が今年の子をいじめるやらで<涙 涙 涙>、という(悪?)循環のうちに、鉢が増えてしまった 溜息)。 で、家とはちょっと離れたアーチの前に、「ここでなら、蓮に必要な陽当たりもいいし、もう、ボーフラも好きなだけ増えて頂戴!」と自分とは離して、メダカさん無しで蓮の鉢を置いたのですが --。

-- 卵から孵って3週間と推定(小宮輝之 『メダカのかいかた そだてかた』参照)のこの子たちは、どこからやってきたのでしょう? --

考えられるのは、(1)水草に付いてきた、(2)時折飛来するカワセミ、青鷺、カルガモなどの水鳥の脚に付いてきた、です。玄関前のメダカさんのためにヒシを購入したので、その時、ヒシの根のどこかに卵が付いていた、というのが最も自然な推理でしょう。以前にも、購入した蓮の根を入れてしばらくして、メダカの赤ちゃんが一匹、現れたことがありました。

ですが、片方の鉢にはヒシは植え込んでいないので、水鳥説もまだ捨てられません。実際に、里庭につくった池にメダカが自然発生したが、青鷺が運んできたらしいと推察されているケース(神保賢一郎、神保優子 『里庭ガーデニング 四季の生きものと暮らす庭つくり』)があります。水鳥がやってきたのだったら、その鳥さんが二つの鉢のどちらをも、交互に点検した、ということもあり得るでしょう。

新しくできた水たまり、ため池にメダカが自然発生するということは、不思議ですが時々耳にします。更にですね、メダカちゃんたちが水鉢を移動したのではないか、という事件(2013年「なぜっ」)が、現にこの sanctuary でもかつて勃発しました。鳥やら、アメンボやらの虫は、水があり、餌がありそうだな、とか、棲み処になりそうだな、という環境だと分かると、飛んでくることができます。

魚は ・・・・・ (飛べたとしたらどうでしょうか? いえ、誰も見ていないところで、飛ぶ術を使っていたり・していたり・していないでしょうか?)


はてさて、生きものたちとの触れ合いが繊細にできるようになって、ここ十日余り、飛び切り可愛い四匹の仔ダヌキも遊びに来ます。


tanuki1

tanuki2

どの子もまだ、黒っぽくて、ちょっと気弱そうな顔立ちをしています。でも、毎夕付き合ううちに、四匹の中ではやっぱり、前に前に出てくる仔、その子に甘えている二番目の仔、その二匹とちょっと距離を置いたおとなしくて賢そうな仔、一人だけ臆病でなかなか近寄れない仔と各々の個性が分かってきました。

この仔たち、先ほどの水鉢でお水を飲んでいるんですよね(メダカ、大丈夫か?) 

タヌキは、仲良しだった黒ちゃん、白ちゃんを始め、仲良くなるのは心温まるのですが、毎冬二月にこの地域のタヌキの多くが寒さと疥癬で亡くなっていったので、可愛らしさ、微笑ましさを感じながらも、わたしのこころはちょっとだけ複雑です。

彼らの野生の生活に介入し過ぎはしないようにして、それでも、どうすれば疥癬ダニが蔓延らないように環境を整えらえるのか、そして寒さをしのげるように環境を整えられないか、最終的には疥癬からどうすれば助けられるか、ほんの少しでもできることが分かるよう、光明を探っていきたいです(逆に、この sanctuary の環境を整えるにあたり、これらにマイナスにならないように、気を付けたいです。) まずは、ここをより健やかな自然環境にしていこう。





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2019年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links