FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

夢染め

初夢、いかがでしたか?

一昨夜わたしは、本当にどうしようもない過去の物事の継ぎ接ぎの夢を見て、あ~あ未来に凛と向いていないなと反省しました。昨夜の夢は覚えていませんが、夜中に目覚めたら胸に焦げた穴が空いていて、ずっとやろうとしているのに手が付けられないままの課題が次々と浮かび、焦りが浮かび、でしばらく暗闇の中で瞑想してようやく再びの眠りにつけました。

いずれも修行不足です(反省)。

貴方はもうちょっと素敵な夢を見る眠りにつけていらっしゃるような気がしています。


2020mice


それでも、良い夢をお迎えしたいと、今年は玄関に2匹も干支のねずみさんが待ち構えています。左は、昨年末にM先生と深大寺巡りをした時に出逢った、ススキの穂先で作られたねずみさん、右は長年大切にしている幸せそうな大酒のみのねずみさんです。スウェーデン産のジグソーパズル『優しい家族』の絵を背景に、玄関を向いています。



一昨年の霜月、愛しの小鳥(文鳥) partner 小露鈴が亡くなった後、ずっと10年と2カ月寄り添っていてくれた文鳥の apas 君が亡くなりました。荒鳥(人間に慣れていない、手乗りでない鳥)だったけど、すぐに慣れてくれて、途中までは mimir ちゃんと一緒でしたが、mimir ちゃん亡き後、最後はずっと一羽で一緒にいてくれました。

その apas 君の後、今は prana ちゃんという名の文鳥の雛と暮らしています。その後も悲しいことが続きましたが、pure pure な雛の prana ちゃんに癒されています。文鳥の寿命はよく6~7年と言われますが、大切にうまく暮らして10年以上の御長寿を迎える鳥もいます。山野に暮らす野鳥さんたちは、厳しい環境の中、もっとずっと寿命は短いです。

ちゃんと責任もって一緒に暮らせる、ということを考えると、多分 prana ちゃんはわたしにとって最後の“異種間コミュニケーションの partner” です。

山野に暮らすどんな野鳥たちとも信頼し合って自由に対話できる、というのは究極の美しい憧れですが、そこに向かう一歩のためにも、繊細に、丁寧に、一瞬一瞬を大切に、prana ちゃんから学ぼうと想います。


prana1

prana2





このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

01月 « 2020年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links