FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

小鳥の森増勢 project ~11~

そして昨日! 今年初の森創り project の作業です。今回も伐採のチーム組みには人数不足だったので、(1)積んである竹を片付けつつ、炭化していく作業、(2)フクロウの巣箱の掃除、を中心に作業しました。
 森の入り口を上り、炭化作業場近くの竹から片付けていきます。ここが片付くと、今年植樹をしたいと考えている西側境界線近くに明るい陽が入ることになります。
 前回は、作業場を作り、竹の炭化の試みでしたが、枯れ竹が燃えるのに時間がかかるので、まずはそこから取り組みます。もしこの方法で少しずつスペースができていくとしたら、方法・要領を掴んでいく必要があります。今回は竹の選び方、加工や保存方法、炭化の仕方に工夫をしました。あれこれの太さの竹、枝付きのものと枝を払ったもの、色々な形で倒されたままでしたが、燃やす器具に入れるために程良い大きさに分断します。太く長いものは、先生が有能なチェンソーで切って下さり、積み上げます。湿気を帯びたものは燃えにくいため、スペースを置いて積み上げていきます。燃やし始めてすぐ、古くなったものでも一気に燃やすと爆発音のような大きな音を立ててひびが入るため、一節ごとに穴を開ける必要があることが分かってきました。これも、流れ作業でチェンソーで穴を開けます。


炭つくりFeb2020


 コツが掴めてきたら、どんどん炭ができていきました。幾本もの竹を炎にくべて、安全に燃えていくMH様の絶妙な見守りは、炭焼きの仙人かと想うほどです。増えてゆく炭はスコップで掬ってバケツの水で冷却し、完全に冷えて燃焼が止まったのを確認して、袋に詰めます。一日で砂袋の大きさの袋で6~7袋分炭ができました。これらは皆様必要なだけ持ち帰って下さり、畑や土壌改良で利用します(勿論sanctuary でも。)


炭つくりbFeb2020


 西の境界線手前の植樹のために、どこから片付ければよいかの相談もしました。
 いつもお昼は、定番の(そして料理下手なわたしの十八番の)ベジタリアン・インドカレーなのですが、今回は炎の番をしながら野外で戴きました(これも良いものですね!)野外で戴くということなら、次回からまた、野外向きのお料理や色んな愉しい工夫ができそうです。
 午後は切りの良いところで、ドキドキのフクロウ巣箱の掃除!! 


巣箱掃除aFeb2020


 シデの大樹に括りつけた8.4㎏程の大きな巣箱です(HH様のお手製の見事な作り、そして美しい巣箱です)。残念ながら、フクロウの鳴き声は聞こえるものの、昨年営巣した様子は見られませんでした。ですが、今年こそ安心して利用してもらうためには、まずはお掃除をしておかなければなりません ―― でも、中に虫がうじゃうじゃいたり(!)、変なもの(?)が詰まっていたりしたら … と思うと色々想像してしまい、更には高い樹の上に梯子をかけての掃除なので、ちょっと、いえ、かなりドキドキしています。


巣箱掃除Feb2020


 巣箱を開けてみると、ゴミは無くかなりすっきりしていましたが、掃除用の右側の扉付近に蜘蛛の巣と、鳥の羽毛が! シジュウカラのようです。営巣を考え、巣穴が大きいため、断念したのでしょうか。

 それでも、入って検討してくれた、となると、胸躍ります(sanctuary 手前の森の入り口、センダンの木や東の柿の木にある巣箱に入ってくれればいいのに。とヒトは願うのですが、鳥的に見ると、設定場所の配慮と工夫とがまだまだ足りないのでしょう。)

 
 一日作業をして、その間、アオジ、四十雀、山雀、シロハラ、ツグミ等、野鳥たちも近くにものすごく沢山いて、奥の竹が積んである場所から、家付近の餌台まで往復する姿が見られました。冬の間、奥をねぐら・隠れ家にして、レストランにご飯を食べに来ている鳥たちは、結構数が多いようです。

 また、一昨日朝、天の御遣いの皆様がいらっしゃる前に、レストランの餌補給をしようと外に出たら、池から青鷺が飛び立ちました(小鳥ばかり見ていると、途轍もなく大きく感じられます。何とも優雅に大きな翼をゆっくりと羽ばたかせて去っていきました。)この青鷺が、森での作業中も上空に二度も現れ、「(・д・)チッ まだ人がいるのか」という感じで、パトロールに来て去っていきました。そして、皆様がお帰りになったら池に戻ってきました。

青 鷺は、池のザリガニを食べてくれ、ザリガニが少なくなると水生生物の種類が豊かになり、水も綺麗になるので、再来をずっと待っていました。

 大きな優雅な美しい鷺 ―― 幸先がいいです。








このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

01月 « 2020年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links