FC2ブログ

hearing the unheard voices

小鳥たちと対話し、自然と人とが調和できるバード・サンクチュアリを創立しています。http://homepage2.nifty.com/birdsanctuary/index.html

it will . . .

サイトのmy bird sanctuaryの項でふれた、「立っているところが聖地」とおっしゃった氣功のI先生 -- 氣功だけでなく様々な修練の道で、世界で指折りの偉い先生だと思っている。遠くにいらしても、そこだけ貫くような光が差しているような、地響きが聴こえてくるような威風があり、近くにいらっしゃると -- これはわたし個人の感覚であるが -- わたしには、シャンシャンと銀の鈴の音が聴こえてくる。
 その先生のお弟子さんで、これまた「馥郁たる」という形容詞そのものの雰囲気に包まれたMさんは、わたしが「氣功を続けよう!」と決心したきっかけとなられた素晴らしい方だ。
 氣功というものを知って、”小鳥や樹木の声を聴く”ために、「絶対何か関係ある!」というインスピレーションがあって氣功をはじめ、素晴らしく繊細な身体感覚や感受性に恵まれた方々と出会って、その確信は強まった。しかし、体育、勝ち負け、闘争 etc. 大嫌いだったわたしは、修練を続けるためには「強くならなきゃ」と言われても、納得がいかなかった。
 それが、Mさんと”氣の交流”をしてみて、意識変革に迫られてしまった。Mさんから受け取るもの・Mさんを通じてめぐっているものは、「とても優しく繊細なんだけど、ものすごく強い!」「強くてゆるぎないんだけど、沁みるように細やか」だった。「強さと優しさ、これって同居すると、もっとすごいんだ!」。

数日前、Mさんから素敵なお葉書をいただいた。そこには「I先生がバードサンクチュアリの土地を購入されたと話してくださいました。いろいろ困難な問題や、気持ちの落ち込む事もあったと思いますが、夢を現実にできる素晴らしい強いパワーを発揮された事に感動します ・・・」と書かれていた。

え???

わたし、土地を、購入できたの? 

(理想的な土地が見つかって、そこで清々しい深呼吸をしている自分を何度もシミュレーションしてきたので、そんな映像が頭の中を過ぎる)

今、検討している候補地は二、三あるけど、無念なことに直観もひらめかず、候補地をさらに検討するにも実行力が伴わず、でもあきらめずに、大地に足をつけて出来ることからやっていく ・・・ というところ、じゃなかったっけ?

でも、あのI先生とMさんがおっしゃっているのだから (← 何故かこういう思考に入る)今検討している候補地のどれかに、決まるということかしら? 
わたしの意識に飛び込んでいないところで、決まったっていうことかしら? 

これって、あの ・・・ 何だっけ? デジャ・ビュ? じゃないか、あれは過去のことだ、馬鹿馬鹿、ええっと、未来のことだから -- 

予知? 予知夢? いや、夢みたわけじゃないから、「予知」だ!!

今にも「サンクチュアリが決まった」という知らせが来るような気がして(?!)、わたしはとりあえず待ってみることにした。「訂正」なんかしたら、せっかくやってくる夢の実現が消えちゃうもんね。

こういう思考をするほど、I先生もMさんも、比類なく素晴らしい方々なんです。わたしにとっては、「神様に近い」ような存在です。

でも、またそれから数日後、サンクチュアリを購入したという話が沢山の方々に広まっているらしいと分かって、初めてわたしは困惑した。これまでも、サンクチュアリ創立の夢を皆に話したがために、こころある多くの人が助けてくださっているが、そうやって皆を巻き込んでいるのに、購入したという話になって、これ以上迷惑をかけてはいけない。もちろん、わたしはこの夢を命に賭けても絶対に実現する。そして、この夢の源 -- 地球の緑を増やし、人間と自然が共生・調和し、人が安らぎの中で小鳥や樹木と対話できるような空間を広げていくこと -- の希求が、沢山の人に伝わり、皆の手で実現すれば、それほど素晴らしいことはない。
 でも、まず、本当に良い場所探さなきゃいけないんだ。そして購入しないことには・・・

ごめんなさい! ごめんなさい! まだ、買うところまで至っていないんですっ!

でもね、最初に書いたように、ここまでの話もやっぱり何かの巡り合わせではないかと感じられてしまう。わたしは購入までのところは訂正したいんですけれど、今、本当に沢山の人が支えてくださって、ぐんぐん力がついていって ・・・ そういう勢いを訂正したいんじゃないんです。

その思いを理解し共感していただけそうなMさんに相談すると、こんな返信をいただいた。

「I先生にお話したところ、それ程意外な顔もされず、『ほお~ そんなに遠い話しではなないでしょう』という返事でした。 ・・・ (中略) 夢の実現をとても楽しみにしている気持ちがが良く伝わって来ました。
 Sumikoさんの直感を大事にして、急ぐ事なく素晴らしい聖地を探してください。私もとても楽しみにしています」

はい! よし、これなら ・・・ 一歩一歩、しっかりと歩んでいけばいいんだ。色々と要領悪いけど、皆と比べてあまり直観力ある器でもないけれど、できることをやる。空を見上げても、木立の緑に耳を澄ましても、小鳥たちがいて、わたしのやるべきことが、しっかりあるんだもの。

双眼鏡

(バードウォッチング用の双眼鏡です。ドイツに学会で行ったとき、早朝のフランクフルトの駅で猛ダッシュして、ディスカウントショップで買いました。隣にいるのは、昨日Tさんから戴いた小鳥の雛のマスコット)
このページのトップへ

Search

Information

sumiko

Calendar

06月 « 2019年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links